肝臓がんと胃がんに免疫チェックポイント抗体が承認

初めてのベトナムだが、運転マナーの悪さには驚くばかりだ。多くのバイクが道路を左へ右へと走り、右折左折時には、いつ衝突するのかとビクビクするような状況だ。また、大気汚染は中国ほどでもないがかなりひどい。しかし、ベトナムの若者たちは元気だし、…

初めてのベトナム訪問 シカゴは、紅葉・黄葉がかなり進んでいるにもかかわらず、明日から1週間ほど30度を超えるとの予想で、歴史的な暑さとなりそうだ。温暖化というよりも、明らかな異常気象である。そして、私は、今、また、また、また、また、オヘア空港…

CD4細胞を利用したTCR導入T細胞療法

1ヶ月ほど前のJournal of Clinical Oncology(米国臨床腫瘍学会の雑誌)に「Treatment of Patients With Metastatic Cancer Using a Major Histocompatibility Complex Class II–Restricted T-Cell Receptor Targeting the Cancer Germline Antigen MAGE-A3…

医療事故を起こす医師は謙虚でないのか?

ネットニュースを見ていると「下手過ぎる医師の恐怖、病室の惨劇はこうして起きた」というタイトルの記事があった。群馬大学付属病院で起きた医療事故に関して、首藤淳哉さんという著者がコメントをしていた(JB Press)。最後のほうに、「医療事故によって…

膵がんのリキッドバイオプシーは難しい?

テキサスを襲った台風の傷が癒える間もなく、強烈な台風がフロリダ半島に迫っている。この台風は、カリブ海の国々に大きな傷跡を残し、米国に迫っている。日本からは遠く離れているが、是非、復旧の支援をして欲しいと願っている。そして、フロリダでは、ト…

アニーは銃を取らなかった;「男女関係はない」が「離党する」はおかしくないか?!

民進党議員が、週刊誌の不倫報道を受けて、民進党を離党することになった。記者会見で「男女関係はない」と主張していたが、それならば、何故に離党しなければならないのか、合点がいかない。何もないなら、どうして冤罪だと堂々と主張しないのだろうかと思…

世界大学ランキングに見る沈み行く日本

シカゴはすでに日本の晩秋のような気候で、昨朝の最低気温は10度まで下がった。1泊2日のサンディエゴ出張でクタクタになった重い体で、急に冷え込んだ中を歩くのは結構つらいものがある。しかし、少し、色づき始めた木々のなかを歩くのは爽やかなもので、歩…

CAR-T細胞療法475,000ドル(約5000万円)!天文学的になるがん治療費

今、サンディエゴにいる。シカゴの家を出てから、片道7時間。アメリカは広いと実感するには十分だ。某バイオベンチャーと共同研究の可能性を探るためだ。しかし、1泊2日で、往復14時間以上は高齢者には厳しいものがある。今日は夕食、明日の朝は、会社で会…

北朝鮮6回目の核実験;面子を潰された米中首脳

ついにと言うか、やっぱりと言うか、北朝鮮は核実験を行った。水素爆弾の可能性が高い。10日ほど前、トランプ大統領は「われわれは金正恩をレスペクトしているし、彼らもわれわれをリスペクトしている」とスピーチで述べた。ホンマかいなと思ったが、やっぱ…

米国FDAがペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)と他剤との併用で注意喚起

8月31日付けで、米国FDAはペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)とデキサメサゾン(ステロイド)+免疫調節薬(レナリドマミド 、ポマリドミド)との併用に対する注意喚起を行った。ペムブロリズマブとこれらの他の薬剤を利用した、多発性骨髄腫に対する2つの臨床…

米国FDAがCAR-T細胞療法を承認

8月9日のブログで予告したが、今日、米国FDAは急性リンパ性白血病に対するCAR-T細胞療法を承認した。そして、「The U.S. Food and Drug Administration issued a historic action today making the first gene therapy available in the United States, ushe…

子宮頸がんワクチン報道;科学的素養に欠けるメディアの愚

前回に続き、日本のメディアに欠ける科学的素養について、子宮頸がんワクチンをテーマに述べたい。8月26日付けの毎日新聞が「 子宮頸がんワクチン ウイルス感染に9倍の差 再開求める」との日本産科婦人科学会の声明を報道した。一方、NHKは「子宮頸がんワク…

臍帯血輸血で逮捕;日本のメディアは最低だ?

民間クリニックが他人の臍帯血を国に無届けで投与していた問題で逮捕された。面白いことに、メディアによって取り上げる角度が微妙に異なる。「再生医療安全性確保法」違反には間違いないが、無届けで行われたことが問題なのが、白血球の型(HLA)が合わない…

相対する事実(Alternative facts)時代における医学教育への課題

8月21日号の「New England Journal of Medicine」誌に「Medical Education in the Era of Alternative Facts」という論文が掲載されていた。気に入らないニュースを「フェイクニュース」と批判し、捻じ曲げた妄想を「Alternative Fact」として主張する時代が…

リキッドバイオプシーはがん医療変革につながる!

先週号の「Science Translational Medicine」誌に「Direct detection of early-stage cancers using circulating tumor DNA」(早期段階のがんでも、血中を流れているがん細胞由来のDNAを利用して検出できる)というタイトルの論文が掲載された。 このブログ…

某新聞社の無神経記事

私は絶対に某新聞系の記事は読まないが、ネットニュース記事のタイトル「女子マネジャー死亡、『呼吸』誤解? AED使ってれば」に目を取られて、思わず、読んでしまった。そして、腹が立った。 新潟県のある高校の野球部の女子マネジャーがランニング直後…

効果があるのか?ないのか?

先週号のNew England Journal of Medicine誌に「Olaparib for Metastatic Breast Cancer in Patients with a Germline BRCA Mutation」という論文が掲載されていた。PRAPはDNA修復などに重要な分子であり、このPARP阻害剤、オラバリブ(Olaparib)は一部のタ…

いつから医者は大丈夫と言えなくなったのか?

「コードブルー」という番組を見た。ネットに泣かせる話と書いてあったが、子供の心臓移植を待っている医師家族の姿は、確かに胸にジーンときた。しかし、私はこの番組の中に隠された意図を感じた。単なる救急ヘリの物語ではなく、今の医療の抱えている課題…

キメラ抗体治療法(CAR-T細胞療法)の壁+北朝鮮危機

日本の防衛省が「北朝鮮はすでに核弾頭を準備している可能性がある」と言ったことが大きな話題になっている。トランプ大統領は、北朝鮮の「ワシントンに重大な教訓を知らしめてやる」という脅しに、「これ以上米国を脅すと、北朝鮮を大変な目に合わせるぞ(N…

医療機関はサイバーアッタクに備えを!

昨日は、14度まで温度が下がった。普段と同じようにスーツの上下を着て行ったのだが、北風が吹いていることもあり、アパートを出た途端、「寒ゥ~」という感じだった。もっと暖かくしてとも思ったが、面倒なので、そのまま大学に向かったが、手がかじかんで…

「ゲノム編集で遺伝病を治療する」の愚

Nature誌に「Correction of a pathogenic gene mutation in human embryos」という論文がオンラインで公表された。受精卵に存在する遺伝性疾患の遺伝子異常部分を、ゲノム編集という手法を利用して正常遺伝子に置き換えることに成功したという話だ。私は、科…

急性骨髄性白血病の新薬エナシデニブ+融合細胞を利用した免疫療法

トランプ政権は、相も変わらず、理解不能だ。10日前に任命された広報部長が辞任した(というより、解任された)。下品な言葉で他人を罵倒していたので、解任される可能性を前回のブログで指摘したが、思いの他、解任まで短かった。有事の際、米国がまともな…

もし、北朝鮮のミサイルが日本漁船に当たったら?

北朝鮮の挑発は止まらない。予想通りというか、予想を超えてと言うべきか、深夜に発射されて日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。大陸間弾道弾であることは確実で、距離的にはシカゴには届くレベルだろうと報道されている。EEZ内に落下したのは初めてで…

文民統制と民主主義;米司令官は核攻撃するのかの問いにどう答えたのか?

米国とオーストラリアの軍事演習後に、オーストラリア国立大学で開催されたカンファレンスに臨んだ米国太平洋艦隊司令官は、「トランプ大統領が中国を核攻撃せよと命令した場合、攻撃するのか?」という仮定の問いに対して「イエス」と答えた。「民主主義の…

二重特異性抗体を患者体内で作り出すがん治療法

半年ほど前に、二重特異性抗体の白血病治療への応用を紹介した。今回は、二重特異性抗体そのものを注射するのではなく、二重特異性抗体を作り出すmRNAを静脈注射して、肝臓に取り込まれたmRNAが二重特異性抗体を作り出す形にしても治療効果があった話だ。7…

綺麗ごとと現実の狭間

ある芸能人が、奄美空港で半身不随の乗客が自分でタラップを登らされたことに対して、「『手で上がって行くのを見てらんないじゃん』と再度訴え、航空会社側が『分かりました。規則ではダメだけど、上げますから。内緒にしてくださいね』というルール違反を…

早期前立腺がんに手術は必要か?

先週号のNew England Journal of Medicine誌に「Follow-up of Prostatectomy versus Observation for Early Prostate Cancer」というタイトルの論文が報告されていた。著者たちは、以前にも「早期前立腺がんは手術をしてもしなくても生存率に差はない」と報…

「エビ」が動いておられました?

慌ただしい日本出張を終え、今、羽田空港にいる。プレシジョン医療、リキッドバイオプシー、ネオアンチゲン治療などに向けて、一歩前に進んだ。あとは、現場に携わる人たちの実行力が問われる。しかし、日本での免疫療法という言葉に対するネガティブな印象…

CAR-T細胞療法承認に向けて

米国医薬品局(FDA)の 「Oncologic Drugs Advisory Committee」 はCATR-T細胞療法に 「the treatment could be approved by the FDA by the end of September, forging a new path in the immunotherapy frontier.」と推薦した。もうひとつの新しい免疫療法…

出会いと別れの繰り返し

日本は相変わらず平和だ。どう考えてもくだらない芸能人の離婚騒動が世間を賑わせている。米国も大統領選挙へのロシアの関与を巡って、親トランプメディアと反トランプメディアの戦いが繰り広げられていており、興味深い。内容は低次元だが、国益が関わって…