コロナ感染陽性者、全国で5000人越え;医師研究者をワクチン接種に動員せよ!

今日の全国の感染者数は簡単に5000人を超えた。緊急事態宣言は、緊急に実施すべきだが、何をしているのだろう。どんな対策をするのかを検討中というが、それは最悪を考えた危機対策を準備していなかったことを意味する。 場当たり的に思い付きで対策をしても…

コロナ感染症の持続症状

Nature Medicine誌のオンラインで「Post-acute COVID-19 syndrome」というタイトルの総説が報告されている。 タイトルにあるように、急性期を過ぎて、PCR検査が陰性になっても(陽性と判定されてから4週間以上たっても)残る症状をまとめたものだ。全身症状…

「オリンピック開催を支持」と「オリンピック開催に向けた努力を支持」

「オリンピック開催を支持」と「オリンピック開催に向けた努力を支持」、同じように聞こえるが解釈はかなり異なる。「開催を支持」するのは、文字通り、オリンピックの開催を支えるという意味だが、「努力を支持する」は頑張ってくださいね、努力されている…

アメリカに行ってファイザーと電話会議??何のこっちゃ??

アメリカに行って、ファイザー社の社長と電話会議?? 9月までに接種できる数を確保できたと言う。 何のこっちゃ??電話会議なら東京にいてもできただろうに! パーフォーマンスと呼ぶにもおそ松君だ。 ワクチンを確保できても、1億人に2回ずつ接種すると2…

「オリンピック開催中止発言」は親中と親米の綱引き?

菅総理の訪米直前になって、二階幹事長から「オリンピックをスパッと中止も」の発言が出た。「中止」という言葉は政府・与党には禁句だと思っていたのでビックリだ。 この発言の裏を勘繰ってみた。米国バイデン政権は中国に対して厳しい態度に出ており、台湾…

今のコロナ対策は、戦争中のガダルカナル戦と同じだ。

NスぺPlusに「ガダルカナルの真実、組織の論理が生んだ悲劇の指揮官」という記事がある。なぜ死に至るまでひきこもるのか 3つの数字から読み解く | NスペPlus (nhk.or.jp) 是非、読んで欲しい。 陸軍と海軍の面子が多くの兵士を死なせてしまった。太平洋戦争…

妄想的願望対策で国難を乗り切れるのか?

大阪は予想通りコロナ感染陽性者数が1000人を超えた。大阪が500人を超えたのは2週間前なので、この数字は約2週間後の東京の数字である。東京はもう少し多いかも? ステージ4が3になれば緊急事態が解除できるという言葉があまりにも非科学的で驚いたが、ステ…

松山英樹選手とキャディーの早藤さんにあっぱれ!

松山英樹選手が念願のマスターズトーナメントに勝利した。2017年のブリジストン招待選手権以来ほぼ4年ぶりの勝利だ。感動したの一言に尽きる。日本人選手が世界を相手に戦って勝利するのは本当に励ましになる。 松山選手が2016年に優勝したフェニックスオー…

五輪選手に優先接種は、不平等で理不尽か?

五輪選手にコロナワクチンに優先接種することに不平等だとの批判が集まっているという。 昨日ブログに書いたが、高齢者のワクチン接種をオリンピックまでに終えようとすると週5日の接種で1日約60万人の接種が必要だ。土曜日に接種をして1週間6日にするとして…

1日40万人高齢者、37.5度以上の発熱に医療現場は対応可能なのか?

約3600万人の高齢者へのコロナワクチン接種が始まろうとしている。これを平日5日間3か月で実施すると仮定する。1か月20日でざっくりと計算すると1日60万人の接種となる。これまでの副反応のうち2回目の接種後に37.5度以上の発熱をする頻度は約3人に一人にの…

国民は誤解などしていない。「ふざけるな」と怒っているだけだ。

国立感染症研究所で緊急事態宣言中に21人で送別会をしていたと報道があった。感染研の脇田所長が「マスクの着用など、感染防止策をとってはいたものの誤解を与える行為だった」と謝罪したそうだ。 「誤解与える行為」だったとは何という言い草だ。国民を馬…

火の勢いが衰えた時点で、消火を止めれば何が起こるのか!

まさに、危機管理の欠如であり、1年間全く改善がない。第4波に入っていても、何も目には映らないようだ。川が氾濫して被害がでた後で、ようやく氾濫注意報を出すような感じの対策を繰り返してきた。大阪・奈良・兵庫は過去最多を更新している。ステージ3にな…

50年ぶりの安土城跡

いろいろ考えることもあり、奇跡的に予定が入っていなかったので、休暇を取り、墓参りに行ってきた。米原駅からレンタカーを借り、中村家の墓へと向かった。2011年晩秋にシカゴ行を決めるときにも、墓参して亡き母親に語りかけて心を決めた。2018年に日本に…

池江選手の東京五輪を見てみたい!

5時過ぎにテレビのスイッチを入れた瞬間に池江選手の姿が映った。日本選手権のバタフライ100メートル決勝の瞬間だった。固唾をのんで見ていたところ、池江選手が勝利した。最後の25メートルは肩に力が入り、息も止めていた。 ゴール直後振り返ってボードで勝…

ここまでくると日本の恥!

関西圏で変異株が急速に広がっている理由を厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の脇田座長が感染を抑え込み過ぎたからだと説明したそうだ。 科学的には?????だ。 ネットニュースには「その趣旨は『前回の緊急事態宣言で大阪と兵庫は感染者…

多くの国民が予測していた事態に!

大阪では驚くような速度で感染拡大が起こっている。神戸では変異株の頻度が50%を上回っている。従来の株と変異株の感染性が同じであれば、1%の頻度の変異株は時間が経過しても1%のままである。割合が増えてきていること自体が、変異株が感染性が高いこと…

不正論文製造工場;砂上の楼閣、世も末だ!

先週号のNature誌に「THE BATTLE AGAINST PAPER MILLS」(不正論文製造工場との闘い)というタイトルのコメンタリーが発表されていた。 冒頭に「Some journals have admitted to a problem with fake research papers. Now editors are trying to combat it.…

春は来たが、コロナ対策は冬のままだ

オリンピックの聖火リレーは始まったが、これだけコロナ感染者数が増えてくると歓迎ムードは盛り上がらない。今日は東京都と大阪府の2都府だけでも、800を超えている。昨日の産経新聞「正論」欄で、「『日本の科学力が高い』は幻想だ」というタイトルで寄…

緊急事態宣言解除、日本に春は来るのか?

今日で、緊急事態宣言が解除される。宮城県ではすでに急速にコロナ感染が広がっている。諮問会議では反対がなかったという。 桜の開花が進んでいるが、日本に春は来るのか?

桜は咲いたが、アナフィラキシー報道は消えた!

桜が開花して華やかさが増してきた。しかし、アナフィラキシー報道はパッタリと止まった。なんだか、気持ちの悪い国になってきた。

緊急事態宣言解除 ????

東京は409人の新規感染者が確認されたというのに、緊急事態宣言は解除されるようだ。確かに、今の緊急事態宣言は無意味だと思う。前の日曜日に用事があって銀座のデパートに出かけたが、予想をはるかに上回る人出だったので、用事を済ませてすぐに家に戻った…

小児がん:全エキソーム解析で治療法を提供

東日本大震災から10年が経った。10年前の午後9時過ぎには、国道2号線沿いの歩道をトボトボと自宅に向かって歩き続けていた。まるで休日の原宿竹下通りを歩いているような混雑だった。当時、東京大学医科学研究所と内閣官房の医療イノベーション推進室長を併…

日本から消えてしまった「風に立つライオン」

メスを捨てた後も、臨床に未練があった私は、さだまさしさんの「風に立つライオン」を聴くたびに胸に後悔が走っていた。 私は医学部卒業後1年半後、小豆島の内海病院に赴任した。夜間や休日に病院で当直をしていると、知らぬ間に緊張感が高まった。小豆島に…

「開催することが安全かどうかは科学に基づいて判断されなければならない」

「開催することが安全かどうかは科学に基づいて判断されなければならない」はバイデン大統領が東京オリンピック開催の可否について問われたときのコメントである。 日本のコロナ対策が科学的かどうかの答えは明らかであろう。人口当たりのPCR検査数は世界で1…

パピローマウイルス由来抗原を標的にしたT細胞受容体導入T細胞療法

多くの人の予想通り、1都3府県の緊急事態宣言が継続となった。それにしても、2週間とは何とも言えない中途半端な期間だ。1か月が、2月には1か月延長となり、さらに3月になって2週間。もっとも精神的に負担が大きくなる方法である。中途半端に解除すれば、リ…

緊急事態宣言下の日々;変異ウイルスは広がっていないのか?

一昨日、コロナの民間のPCR検査を受けてみた。唾液でできるもので、痛みもかゆみもなく、30秒程度で試料を取ることができる。期待していたように陰性であったが、持病のある高齢者として、コロナ感染しないようにピリピリとした日々を送っている。通勤電車の…

ヒトゲノム配列解読から20周年;ゲノムで医療は変わる

Nature誌が「ヒトゲノム配列解読」20周年記念特集をしている。20年前、日本のゲノム研究には追い風が吹いていた。その後、ゲノム研究は氷河期に突入し、ゲノム医療にも大きく後れを取っている。 ヒトゲノム解析計画がスタートしたのは、さらにさかのぼる1990…

森会長辞任;あまりにも敬意なき魔女狩り的バッシング

とうとう森会長が辞任に至った。これほどまでにバッシングが広がれば、耐えきれなくなったのも致し方ない。問題の発言をどう思うかと問われれば、時代錯誤だ、女性軽視だと返答するしかない。記者会見の様子も、火に油を注いだ感がある。スポンサーも、この…

ワクチン対策はテロ対策のひとつだ!

日本はワクチン後進国である理由として、基礎研究が弱いからだとも、製薬企業も関心が低いと言われている。ワクチンによるリスクとベネフィットの理解が不十分だとも言われている。しかし、最大の理由は国家としての危機管理意識である。この観点なくして、…

異常な森バッシング;過ぎたるは及ばざるが如し

森元総理の記者会見を見た。確かに森会長の発言は世界標準からはずれている。しかし、政治家の多くは、聴衆の受けを狙って発言する。ユーモアのつもりで発言したことが、あまりにも時代錯誤的だったために、批判的なメディアによって面白おかしく増幅された…