総選挙番外編―コロナ対策に見る日本の科学力劣化を直視せよ!

科学なきコロナ対策については、多く語ってきた。今日は異なる角度でデータを紹介したい。日本の専門家たちの視野狭窄が垣間見えるデータである。自ら考えることがないメディアの劣化もよくわかる。

 

10月24日現在のコロナ感染者数感染者の上位20か国を下の表に示す。インドの感染者数は多いが、人口は約14億人であるので、人口当たりの割合にするとそれほど高くないように思える。そして、注目すべきなのは人口100万人当たりの死亡者数だ。

 

感染者数だけに目を奪われがちだが、この表から、人口100万人当たりの死亡者数の違いが歴然としている。この20か国を比較すると、インド、インドネシア、フィリピン、マレーシアの死亡者数が際立って低くなっているのがわかる。トルコも低いとは言えないが、3桁となっている。欧米・南米は軒並み4桁の数字である。

 

21位以降を見ても、ヨーロッパ諸国は2000人前後であるのに対して、日本を含むアジア・UAEは数百人であり、一桁低くなっている。医療供給体制がこれらの差となっていないことは明らかであるし、今年春以降は、世界の大半がデルタ株である状況を考えると、ウイルスの違いというよりも、国民の免疫力の差がこのような差につながっていると考えるべきだ。

 

どのような理由が考えられるのか?

  • ウイルス感染応答の違い。以前も述べたことがあるが、人の遺伝子のうち、人種間の遺伝子多型のもっと大きいのが、免疫関連遺伝子であり、その違いによってウイルス感染時の免疫反応の違いがある。これに関しては、インターフェロンに対する抗体を持っている人が重症化しやすいというデータや、自然免疫遺伝子の違いが、重症度の違いに関連しているという報告もある。
  • HLA、T細胞受容体、B細胞受容体遺伝子の多様性の違い。5%程度の人が、ワクチン接種を受けても、抗体ができないようだ。マウスより格段に高い人間の多様性を理解していれば当然だが、遺伝学・ゲノム学・ヒトの免疫学に対する知識の欠如した人たちが議論しているので、このような観点での考察ができないのだ。
  • COVID-19に類似した風邪コロナウイルスへの罹患があったために、アジア人では欧米人に比してCOVID-19に対する免疫力が高い。抗体は半年―1年で落ちていくが、T細胞免疫は比較的長く数年単位で持続する。コウモリから人へのコロナウイルス感染は持続的に起こっているようなので、COVID-19により近いゲノムを持っているコロナ18、コロナ17風邪ウイルスに感染していると一定の免疫が保持されている。

 

他の可能性もあるが、日本は、「病気の名前が浮かばないと適切な検査もできない」のと同じで、科学的発想が欠如しているので、科学的なアプローチ法さえ浮かばないのが実情だ。日本の記憶中心の教育が、日本の危機につながったと言っても過言ではない。考える力がなければ、洞察する力がなければ、日本の再興はない。

COVID Live Update: 244,195,143 Cases and 4,961,067 Deaths from the Coronavirus - Worldometer (worldometers.info) 2021.10.24

f:id:ynakamurachicago:20211024104345j:plain



 

なぜ減ったかを科学的に考えよ!そして、フレイル対策を急げ!

コロナ感染症陽性患者の急激な減少にも関わらず、専門家と称する人たちは、第6波に備えて病床確保が重要だと言う。一部の自称専門家は、感染者数の予測を大きく外してきたにもかかわらず、今も専門家と称して滔々と述べている。8月末には東京都だけでも1万人を超えるとの予測は大外れで、8月下旬から想像を超える減少となった。「学校が始まるので急速に子供の感染が拡大する」といったリスクの声もかき消すような信じがたい激減だった。

 

政府としては、ワクチン接種が進んだことを強調したいのだろうが、ワクチン接種が進んでいない国(たとえば、インドネシア、バングラデシュ、マレーシアなど)でも急速に減少している。日本の専門家は、欧米ばかり見て、アジアの動向などをちゃんと見ているのかどうか疑わしいもので。6-8月にかけての急増はデルタ株の影響が大きいが、急減した科学的な裏付けははっきりしない。今回の激減に対しての「人流の抑制効果」は疑問だ。生活様式は1年半以上の間、それほど変わっていない。第1回の緊急事態宣言時に比べれば、今回の人流抑制は甘っちょろいものだった。

 

急激に増加したので、みんなが注意を払うようになったというが、これも直感的で科学的ではない。季節性や周期性を指摘する人たちもいるが、このコロナウイルスは、春にも、夏にも、冬にも感染が拡大した。ウイルスがどのように季節を認識しているのか教えて欲しいものだ。そもそも1年中夏の気候のインドネシアやマレーシア、そしてタイでも同じような周期性を示している。私はアジア諸国、そして、中東諸国などでは、今回のコロナウイルスに類似しているが病原性がそれほど高くなかった風邪コロナウイルスがある程度広がっていたと考えている。SARSやMARSもコロナウイルスだが、コウモリから人へのコロナウイルス感染は日常的に起こっていたとする報告も出てきた。

 

減った理由も説明できない人たちが、第6波に備えることを説くのは、ほとんど漫画の世界だ。昨年のコロナ感染流行以降、日本のコロナ対策に科学があったのか、是非、新内閣で検証して欲しいものだ。もっともらしい説明はしているが、一般人でも推測できるような後追いの説明でしかない。感染対策の第1弾のPCR検査抑制で躓いた後は、自らの非を改めることなく、自粛・人流抑制と、理不尽なまでの飲食店叩きしかなかったように思う。

 

感染症である以上

  • ウイルスゲノムから情報を得る
  • 正しく感染拡大情報を把握するためにPCR検査を拡充する
  • 日本人集団の抗体の有無を十万人単位で調べる
  • 細胞免疫を調べるため、T細胞の免疫機能を調査する
  • そして、正確な感染拡大予測ができる体制を整える

ことは現状を把握するうえで不可欠だ。

 

社会的に大きな課題は、外出自粛によって起こった通常医療の受診控えや自粛の影響を把握することだ。特に、運動不足による運動機能の低下や認知機能の低下などのフレイル状態の実態を知り、それに対する対策は急務である。2025年には戦後の団塊世代が75歳に達する。それは、現時点で団塊世代が70歳を超えていることを意味する。私もこの世代に近い。私が中学1年生の時、1学年は20組まであり、1000人の生徒がいた。そして、3年生は1350人くらいいた。この世代の人たちがフレイルから進行して、要介護状態になると日本の医療福祉費は急増し、日本の医療経済は破綻の危機に直面する。9月1日時点で、70歳代の人口は1600万人を超えている。65-69歳も約800万人となっている。70歳代の要介護人口が5%増加すると、要介護人口は一気に80万人増えることになる。65-69歳も含めて考えると医療負荷による「日本沈没」が起こる危険性が増す。これでいいのか、日本の医療は!

f:id:ynakamurachicago:20211010204458j:plain

 

f:id:ynakamurachicago:20211010204726j:plain



 

非科学的コロナ対策番外編―笑止千万、日本の科学なき第6波に備えよ。

緊急事態宣言が解除される。テレビでは急減したことはいいことだが、第6波に備えよと言う。下がった理由もわからないが、次の波に備えよというのは、非科学的なコロナ対策の象徴だ。下図は、インドネシアとバングラデシュの感染者数を示す。インドネシアのワクチン接種率は20%弱、バングラデシュの接種率は10%強しかない。

f:id:ynakamurachicago:20210928224616j:plain

f:id:ynakamurachicago:20210928224633j:plain日本の感染者数激減を、ワクチン接種の効果だとするには科学的考察が決定的に欠如している。日本とこの2か国を比較すれば、ワクチン接種だけでは語れない大きな要因があると考えるのが普通の科学者だ。日本の専門家は、はっきり言ってアホというレベルだ。

これまでの日本のコロナ対策は我田引水で進められてきた。メディアの無知と言ってもいいほどの、政権に盲従の姿勢は理解を超えている。激減した理由を科学的に知ることが最優先だ。そのうえで、次の科学的な手を考えるのが常識だ。国家の課題に科学的姿勢の欠如をいつまで続けるのか。

デルタ株につては世界の動きを見誤って楽観的な対応をして自宅療養中の死を招いた。今回は責任逃れのために、情緒的に第6波に備えよと言う。情緒はいらない。科学的に備えよ。日本の科学力の低下は、対策を誤っても責任も取らす、のさばっている大御所たちの罪だ。

私はある程度の集団免疫はできたように思う。第6波は来ても、重症者はさほど増えないと思う。ただし、これを証明するには大きな集団での抗体検査と、できればコロナウイルスへのT細胞系の反応を調べてみることが必要だ。

f:id:ynakamurachicago:20210928224909j:plain

f:id:ynakamurachicago:20210928224947j:plain

 

自民党総裁選挙番外編;集団免疫?

コロナ感染陽性者数が激減している。ワクチン接種が進んできたという理由だけでは説明できないレベルの現象である。ワクチン接種が進んでいるとは言えないインドネシアやバングラディシュでも日本と同様に激減しており、マレーシアやタイでも大きく減少しつつある。1年中日本の夏のような気候のインドネシアなので、季節要因でも説明できない。

8月末には東京だけでも1万人に迫ると警鐘を鳴らしていた人たちは何も言わなくなってしまった。本当は何か説明しようとしているのかもしれないが、最近は馬鹿馬鹿しくなって報道番組も見なくなったのでわからない。ネットを見る限りにおいては、科学的な説明は何もない。私はどこかの時点(東京3000人、日本全体で1万人くらい)で行動にブレーキがかかるのではと考えたが、この数字の倍くらいに増えた時点で急速に減少し始めた。しかし、今の減少のペースは行動制限やワクチン接種だけでは説明できない。

集団免疫が成立したと考えるのが合理的ではないのか?実際の感染者数(無症状感染者や民間検査で陽性でも自主隔離で済ませて報告しなかった人を含めた人)は報告されているコロナ感染陽性者数(約170万人)よりも、数倍、いや、一桁くらい多かった可能性もある。検査をしてこなかった日本の方策が、科学的な説明を妨げている(というよりも、分科会そのものが科学的発想がなかった)。ワクチン接種を済ませた数に、これまでの感染数の10倍の1700万人を上乗せすると約70%となり、集団免疫が成立する数字に近くなる。インドネシアやバングラデシュ、そしてデルタ株が発生したインドでも急減しているので、ワクチン接種だけで説明するのは非科学的なのだ。

最近の報告では、コウモリから人への感染が常時起こっていたのではとも言われており、当初の中国由来?の株には、中国と交流の多かったアジア人では、この日常的なコロナ風邪ウイルスに対する免疫が高く、大きな流行にはならなかった。しかし、持っていた免疫力を乗り越える感染力の高いデルタ株に対しては抑止力が低かったのかもしれない。一部の人には、コロナに対する細胞免疫があった可能性もある。

いずれにせよ、ウイルスゲノム、液性免疫や細胞免疫などの免疫ゲノム、ホストゲノム、データサイエンスなど科学の総力を挙げた体制構築がない限り、この国の粗末な対策では、人命も経済も失われていくだけだ。

f:id:ynakamurachicago:20210921214755j:plain

 

ポストパラリンピック番外:コロナ陽性患者急減少は謎か?

コロナ陽性患者数が急速に減少してきた。その理由として

  • ワクチン接種
  • 行動制限
  • 夏休み期間による人流減少

などが挙げられているが、これだけでは説明は難しい。

ワクチン接種は一定の効果をあげていることは確実だが、人流抑制は疑わしい。銀座や渋谷でも人がいっぱいだし、通勤電車の混雑も少しは緩和されているが、期待値には遠く及ばない。お酒を提供する店も増えてきた。

 

それではどうして急激に減少したのか?
考えられる理由の一つが、8月ごろの検査抑制による、無症状感染者の野放し状況だ。濃厚接触者の追跡もほぼ行われていなかったので、若年者には発表されている数字の数倍-十倍もの無症状感染者が存在していたのではないだろうか?無症状感染者は、気づかないうちに自然にワクチンを投与されたのと同じような意味を持つ。

 

検査の陽性率が20%を超えているというのは異常な状況であり、感染している人を十分に捕捉できていないことが明白だ。感染力が高いにもかかわらず、濃厚接触者の定義もかなり緩くなってきているようなので、相当数の無症状感染者がおり、ワクチン接種者をはるかに上回る割合で抗体を持っている人が増えてきたことで、急速に感染陽性者が減ってきたものと考えると腑に落ちる。この国では、当初から「検査と隔離」の原則を放棄し、真の感染者数を捉える検査の拡大を怠ってきた。1年6か月の間に無症状のまま見過ごされてきた人の数は全国で少なくとも数百万人はいると推測される。ひょっとするともっと多いかもしれない。そうすると、ワクチン接種を受けたことに相当する人が5%―10%は上積みされる。集団免疫が成立する数値にもっと近づいている可能性がある。

 

この謎とも思われる現象を説明するにも科学が必要だ。コロナ感染症と確定されていない人たちの間にどの程度、抗体を持っている人がいるのか調べればいい。

 

われわれの研究では、一般風邪のコロナウイルスに感染したために、細胞免疫が活性化され、今回のCOVID-19感染を逃れた人(交差免疫がある人)がいる可能性が示唆されている。この人たちは、COVID-19に感染しても、ウイルス感染細胞(ウイルス自身も)を殺すことができ、また、それによって細胞免疫能にブースターをかけているものと推測される。これも科学力さえあれば、簡単に答えが求められる。従来の風邪コロナに対する細胞免疫を持っている人が多いことは、昨年度の感染者が少なかった要因の一つとしてあげられるのではないか?

 

自民党総裁候補者の話を聞いても、コロナ対策の科学的根拠の脆弱さを指摘する声はない。科学なき、ウイルス対策は終わりにして欲しいものだ。

f:id:ynakamurachicago:20210912090817j:plain

 

オリンピック・パラリンピック番外編;異物ワクチン接種問題のお粗末さ

今朝も、異物混入ワクチンの接種を受けた40代男性が2回目の接種翌日に死亡したことが報告されていた。どこから異物が混入したのかわからなければ、その製造工場で作られたワクチンは、常識的には全面不使用にすべきである。同じロットのワクチン接種を受けた30代が接種3日後に2名亡くなっている。混入物があるような製造工場では、いつどこでどんな不純物が混じるのかわからないのではないのか?原因が特定させていないにもかかわらず、他のロットは大丈夫だと言える根拠がどこにある。厚生労働省の問題か、ワクチン担当大臣の問題かよくわからないが、科学的思考の欠如が続いている。

 

この状況でワクチン接種担当大臣は総裁選挙に出るという。国民の安全安心はどこに行った。総理が総裁選に出ない表向きの理由はコロナ対策に専念することである。ワクチンの異物混入とワクチン接種直後の複数人の死亡が報告されているにもかかわらず、ワクチン担当大臣は大臣職に専念しなくても、自分の責務が果たせるという。その責務と責任は、それほど軽いものだったと自分で告白しているようなものだ。40-50歳代の3名がワクチン接種後に急死している状況で、何をしているのだろうと思う。本来なら、その原因の追究と解明、そして、これ以上の不幸な死をなくすように努めるべきではないのか?

 

結局、自民党議員は、自分の選挙に有利に働く顔を探しているだけなのか?政治家の責任とは何かを忘れ、自分の利権追求に専念しているだけにしか映らない。理念も、信念も、正義もない総裁選挙でいいのだろうか?しかし、総選挙は与党が勝つだろう。反対するだけで、対案も出さない。民主党政権の悪夢を払拭できるには程遠い現状なのだ。こんな情けない野党よりは、今の与党の方がまともに見えるのだ。BetterとBestの選択ではなく、WorseとWorstの選択の総選挙でいいのか?政治の劣化を止める人物が出てきて欲しい。

f:id:ynakamurachicago:20210907090042j:plain

 

パラリンピック開会式:日本の新規感染者数は世界4位!誰が対策を決めているのか?

世界の1日新規コロナ感染症ランキング

1. 米国

2. イラン

3. イギリス

4. 日本

5. ロシア

6. トルコ

7. フィリピン

8. マレーシア

9. タイ

10. ブラジル

11. インド

12. ベトナム

13. イスラエル

14. インドネシア

15. キューバ

COVID Live Update: 213,567,694 Cases and 4,458,419 Deaths from the Coronavirus - Worldometer (worldometers.info)

と続く。デルタ株はアジア人に感染しやすい。

ワクチンの一本足打法では国は亡ぶのは明らかだ。

科学なき日本のコロナ対策を変換するには、内閣を代えるしかない。

科学の理解できる人を国のトップに。