腸内細菌;卵の値段が上がるとサルモネラ中毒が増える??

1月18日のNature誌に「How our microbiome is shaped by family, friends and even neighbours(米語ではneighbors)」というタイトルのNewsが掲載されていた。本当はmicrobiomeを腸内細菌と訳すのは正しくない。口腔内にも、皮膚にも細菌がたくさんいるので、正確には微生物叢(ゲノムと同じように・・・・omeとなると、特定の集団の総称を指す)だが、多くの研究は腸内細菌を調べているので、便宜的に腸内細菌とここでは使うことにする。論文のタイトルをそのまま訳すと「われわれの細菌叢は家族・友人・近隣の人たちによってどのように影響を受けるのか」だし、論文は口腔内細菌の結果も論評しているので、厳密には腸内細菌では不適切だが了解して欲しい。

 

健康人の腸内細菌を(腸内細菌叢が正しいのだが、叢と言っても理解を妨げるので腸内細菌と呼ぶ)、クローン病・潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患)の患者さんに移植すると、症状が劇的に改善されることが知られている。糞便移植とも呼ばれているが、さすがに言葉の響きが悪いので、腸内細菌(叢)移植と呼ばれる方が多い。テレビでも、しきりに「善玉菌」や「悪玉菌」という言葉が飛び交っているようだが、全貌がわかっているわけでもない。しかし、クローン病の腸内細菌移植結果を見る限り、健康に影響する「善玉菌」や「悪玉菌」らしきものはいるようだ。炎症性腸疾患は、絶食にすると症状が改善することは、私が医者をやっているときからわかっていたので、食事―腸内細菌―免疫環境の関連性はかなり前から理解されていた。

 

日本ではたくさんの乳酸飲料のコマーシャルが流されているが、食事の違いと腸内細菌違い、免疫環境の変化などはほとんど科学的には明らかにされていない。ゲノムの解析技術が進展し、腸内細菌叢(細菌の種類や量)が簡単に調べられるようになった。さたに、T細胞やB細胞の変化を追跡することが可能になってきた。食事内容が変化すれば、腸内細菌叢はそれに伴って変化し、当然ながら、全身の免疫環境は経時的に変化してくる。したがって、1回だけ調べればその人の恒常的な腸内細菌叢がわかるわけでもないので、経時的な追跡が必要不可欠である。

 

とはいっても、異なる地域に住んでいる多くの人の腸内細菌を比較することは基本情報として重要である。冒頭に記した論文で興味深かったのは、家族でなくとも、同居人の場合でも腸内細菌叢が似通っているということだ。また、双生児でも別々に住んでいると、腸内細菌の類似性が失われてくる。口腔内細菌叢は、腸内細菌叢ほど類似性はないが、カップル間の方が、自分の子供や親との類似性が高くなるようだ。当然だとは思うが、科学的に証明されると納得度が高い。

 

腸内には限らないが、細菌の観点で興味深いのが、米国の家庭で鶏の飼育が広がっていることだ。最近、米国内の物価上昇によって、有機の卵は12個で約1200円になったので(他の食料品も高くなっているが、物価優等生の卵はこれでは厳しい)、自宅で卵を得ようとしているからだ。メキシコからの卵の密輸も増えているようだ。本題に戻すと、人では恐ろしい食中毒を起こすサルモネラ菌だが、成鶏ではほどんど症状を出さないで、保菌状態となっていることがある。これもあって鶏肉は必ず火を通すように教育されていたし(最近、飼料に抗生物質を加えているのは、感染症対策である)、米国では生卵を食べる人はほとんどいない。卵の殻にサルモネラ菌が付着している可能性があるからだ。もちろん、家で鶏を飼育すると糞に接触する機会が増えるので、小さな子供がいる家庭で鶏を飼っていると、子供が庭で遊ぶ場合、糞などには要注意だ。

 

日本の医薬品貿易赤字4兆5千億円超;これでいいのか日本の医療は!

今週発表された財務省貿易統計の速報値で、医薬品貿易赤字額は、4兆5584億円となった。輸出額は増えて1兆1428億円と初めての1兆越えとなったが、それをはるかに上回る5兆7012億円の輸入額となり、貿易赤字は昨年度より1兆円以上の増となった。円安の影響で5兆円を超えるかも・・と思っていたが、昨年度よりも大きく悪化し、この分野の赤字は、日本の昨年度の貿易赤字の20%を占めている。円安の影響があったとはいえ、本当にこれでいいのかと思う数字だ。

下図からわかるように2010年以降の赤字急増は国家的な危機意識があってしかるべきだが、この国の打つ手は同じ失敗のくり返しだ。日本が画期的新薬の開発競争に乗り遅れた最大の要因はゲノム研究に対するリテラシーの低さだ。20世紀から21世紀に代わる頃、薬剤標的になる分子を見つけて、それをもとに薬剤を開発するといったパラダイムシフトが起こった。標的を見つけるためには、ゲノム研究が鍵となったが、そこで決定的な差がついた。ゲノム研究そのものは国際的に高いレベルの時もあったが、それと創薬が結びつかなかった。

そして、国際治験の一翼を担っていることだけで医師をもてはやす風潮が、画期的新薬を日本から発出するための逆風となった。日本発の薬剤を開発するには、日本の中で第1相・第2相臨床試験に挑むことが必要だが、この部分は依然として非常に弱い。役所などはベンチャー支援と叫んでいるが、その支援は中途半端な限りだ。コロナワクチンに関しては、気前よく研究費が配分されていたが、その審査もかなり政治的だった。

ワクチン開発をするには、ある程度感染症が広がっている時期(地域)を対象にしない限り、意味のある差が出るはずもない。リアルタイムでの情報収集が不可欠だ。コロナ感染症の経口治療薬開発は現状のままでは絶対に国内で臨床試験はできない。そもそも、タミフルやリレンザのようなインフルエンザ治療薬には発症早期に服用するようにとの注意が書かれている。臨床試験を速やかに進めるためには、リアルタイムで、どこに、どの程度の重症度の患者さんがいるのかをリアルタイムで把握する必要がある。コロナ騒動から3年間も経つのに、残念ながらリアルタイムでの情報収集システムができたという話を聞かない。この状況でどのように対象患者を見つけるのか?

永田町や霞が関、そして大手町で、感染症対策として大きなプロジェクトが動き出している。ワクチンや治療薬を開発する方向に向かっているのはいいことだが、有効性を検証する仕組みについては全くと言っていいほど検討されていない。日本が医学・医療分野で失地挽回を図り、国際競争力を取り戻すためには、すべてを俯瞰的に見て考えていく人材の発掘が必要だ。視野狭窄の研究者と現場を知らない役人が鉛筆を舐めながら国家予算を差配する。この仕組みが日本をダメにしている。

私が2000年前後にお世話になった科学技術庁の官僚には、大きなビジョンを理解できる人たちがたくさんいたが、今はほぼ皆無と言っていい。20-30年後の医療の姿をシミュレーションして、将来を見据えた戦略を立て、戦術に落としこむことができるような若手研究者と若手官僚を見つけ出すことが急務だ。今日の遅れを取り戻すために四苦八苦しているような状況では、彼我の差は拡大する一方で、日の丸の誇りは日々失われ、霞んでいく。

 

刺激を受けた都立立川高校での講演会

先週の火曜日、都立立川高校で高校1・2年生を対象にオーダーメイド医療に関する講演を行った。できる限りわかりやすい図を利用して説明したが、どこまで理解してもらったのか自信はない。私が何故メスを捨てて研究者の道を選んだのかという人間物語、遺伝子(ゲノム)を研究することで臨床医の時に抱いていた疑問を解き明かそうとしている、研究者としての動機などを40分間話をした。

 

最後には、「遺伝子差別」という言葉がいかに理不尽なものであるかを伝えた。みんな同じであるから平等であるという前提がおかしく、みんな違っていても平等であることを力説した。遺伝子がわかって差別が生まれるのではなく、すでにある差別に遺伝子を結び付けているだけである。SMAPの「世界で一つだけの花」のようにみんな違った種(ゲノム)をもっていることや自分の種を大事にすることと同時に、違っていてもお互いを尊重して、尊厳を持って接して欲しいと言って締めくくった。

 

その後10分間の質疑の際に、「コロナ感染症に利用されているmRNAワクチンはがんの治療に使えないのでしょうか」という「お主なかなかやるな」と感じた鋭い質問が出た。科学に関心のある高校生では当然なのかもしれないが、「コロナmRNAワクチンを開発したビオンテック社は、もともとはがん治療のためにmRNAワクチンの利用を目的とした会社として出発した」と回答した。もう、5年もしない内に、がん治療用のmRNAワクチンは常識になるだろう。

 

その後、高校1年生の理系クラス(約40名)に移動して、質疑応答が続いた。皆さん、優秀で予想していた以上に鋭い質問が続いた。若い人に少しでも刺激になればと思った講演と質疑応答だったが、私が大いに刺激を受けた。若い人に科学を教えることは大切だと再認識した。そして、楽しかった。日本人で、ゲノム研究の歴史を実体験として語ることができるのは私一人だけなので、この歴史として伝えていくことは、私の責任だし、いろいろな意味で重要なことだと思う。

 

そして、私が返答するのに一番考え込んだ質問が、「先生が若い時に死を看取られた若い二人の患者さんが、今おられたらどのように説明されますか?」だった。市立堺病院外科に勤務していた時に看取った20歳代・30歳代の患者さんの死が、私を遺伝性のがんの研究に導き、今日の私がある。あの時、治療法もほとんどなく、進行すれば、ただ看取るしかなかった胃がんと大腸がんだった。少し考え、「今であれば、今日頑張れば、明日光が差すかもしれない。医療は日進月歩以上の速さで進んでいるので、希望を失わずに、今日を頑張って欲しいと伝える」というニュアンスの返事をした。多くのがん患者さんは、希望のない数ヶ月から1年を過ごした後に旅立っていく。

 

患者さんにとって、生きる希望があればこそ、食事をおいしく食べることができ、面白い話題に対して心から笑うことができるのだ。医療は医学と言う科学が基盤だが、心を支える気持ちを失えば、AIロボットに置き換えられる。医療界そのものが、ロボットで十分置き換え可能な医療に向かっている。

 

アルツハイマー病治療薬;期待と懸念の中でFDAが承認

明けましておめでとうございます。

 

思いもしなかった大阪暮らしが始まって9カ月経ちました。理事長職というのは名誉職のように思われている方が少なくないのでしょうが、結構大変です。特に、光熱費の高騰は研究所の財政を直撃し、新しいことに挑戦するような余裕は吹っ飛びました。皆さん必死に頑張っておられるので何とかしたいとは思うのですが、無い袖は振れません。個人的には、がんのネオアンチゲン免疫療法を大阪発で進めたいです。もちろん、難病という大きな壁に挑戦するのが研究所のミッションですし、これを支えていく術を考えています。

 

21世紀に克服すべき大きな難病の一つが、認知症です。この代表例のアルツハイマー病については、現在、新薬に対する期待と懸念が交錯しています。12月9日号のScience誌In depth(深層)欄に「Alzheimer‘s drug stirs excitement- and concern;Antibody slows cognitive, but death, brain bleeds, and swelling mar results」というタイトルの論文が掲載されていました。エーザイ/バイオジェンが開発したアルツハイマー病に対する抗体治療薬に対する期待と懸念が書かれていました。臨床試験対象者の認知機能の低下を防ぐことができるようですが、同時にその副作用への懸念が記述されています。

 

12月23日のScience誌には「Scientists tie third clinical trial death to experimental Alzheimer’s drug」というタイトルの記事があり、抗体医薬投与後に脳出血を起こした患者さんの詳細なデータが示されていました。Science誌がこの問題に大きな関心を持っていることがうかがえる内容です。すべての人に安全で、すべての人に効果がある薬は絶対にないのですが、異例の取り上げ方です。

 

話は少しそれますが、コロナワクチン接種後に抗体が増えない例は5-10%あると報告されていますが、90%の人の抗体価があがることは素晴らしいことだと思います。しかし、その副反応に関する噂が広がり、コロナワクチンのみならず、ワクチン全体に対する疑念を生んでいます。透明性のある客観的事実の報告が科学には不可欠です。

 

今回のアルツハイマー病治療薬も全員に効くはずもないし、副作用が出ないはずもありません。副作用が強く出て、効果がなければ薬としての疑問符がつくのは当然です。アルツハイマー病の場合、徐々に認知機能は落ちますが、その速さは個人差が大きいです。日によって比較的はっきりしている時も、低くなっていることもあり、認知機能は判定が難しいのが実情です。

 

こんな議論の中、米国FDAは昨日、この新しいアルツハイマー治療薬を承認しました。アルツハイマー治療薬の新しい幕開けとなるのか、期待が広がればいいのですが。



 

 

ワクチン接種率の低下

4月に医薬基盤・健康・栄養研究所の理事長に就任して、あっという間に年の瀬を迎えた。3月25日に閣議で決定され、4月1日に着任という一般常識からは考えられない慌ただしい引っ越しで大阪に戻ってきた。この研究所の世間一般での認知度は低いが、研究活動のレベルは高いと思う。個別の研究活動には触れないが、今後の日本の医学研究を支えるための基盤センターは、国内で有数のものだ。

 

細胞バンク、動物モデル、薬用植物センター、霊長類センターと日本の医薬品開発の基盤を支えるものがしっかりしている。しかし、定員削減の影響がボディブローのように効いてきている。人は減らすが、基盤はしっかり支えよと言われても無理な話だ。薬用植物センターについては先に触れたが、霊長類は医薬品の安全性やワクチンの有効性を確認するためには必須だ。日本では毎年6000頭の霊長類を輸入していたが、コロナの余波と中国からの輸出制限で危機的状況となっている。米国や韓国では自国供給を確保するために動き出しているが、この国は鈍感だ。霊長類の確保がなくて、ワクチンの有効性や安全性をどう検証するのか、呆れかえるような無策だ。霊長類の国内確保が経済安全保障対策でないと平然と語られる神経が私には理解できない。マウスのように短期間に増やすことができない点も全く理解されていない。

 

そして、ワクチンは感染症対策の切り札だが、国際的にはワクチン接種に反対する動きが収まらない。はしかなどに対する12-23カ月児のワクチン接種率は、1980年には10%台だったが、1980年代後半に50%を超え、2010年の少し前に80%を超えたが、その後は頭打ちで、コロナ感染症流行前から微減傾向にあった。コロナ感染症流行の影響はまだはっきりしないが、日本のインフルエンザの広がりを見ても不安は尽きない。たとえば、インドでは、はしかが局所的に流行しており、目標であった2023年にはしかを撲滅することは難しいとNature誌の「Massive measles outbreak threatens India’ goal to eliminate disease by 2023」と言うタイトルの論文に書かれていた。

 

一部の反ワクチン運動には非科学的な部分はあるが、政府が何かを隠しているかもしれないと疑心暗鬼はどこの国でもあるようだ。米国では、ワクチンを子供に受けさせないと考えている両親が共和党支持者に多く、民主党支持者の2倍以上だそうだ。日本でもコロナワクチン接種率は伸び悩んでいるようだが、国民の不安を解消するようなコメントが国から発出されていないのだから仕方がない。子供にはワクチン接種しない方針の国もあるのだから、科学的に明確なメッセージが政府から示させるべきだと思う。一貫して非科学的な対応をしてきた状況に多くの国民は疑惑のまなざしを向けているのだから、政府ははっきりと科学的な根拠を示すべきではないかと思う。

 

私は、遺伝的な多様性を考えれば、すべての人に安全な薬やワクチンはできないと考える。その上で、ワクチンを受けることの社会的利益・不利益を明確に示して、不利益を受けそうな人を最小限にするような科学的アプローチが必要だと思う。不利益を隠して、ないことにしても、このワクチン接種が長期的に繰り返されると不利益を受ける人は累積して、誰の目にも見えるような時が来るはずだ。このコロナ対策で日本の非科学性が露呈したのだから、反省に立って今後の対応策を練るべきではないかと考える。




 

これでいいのか寝とぼけ日本;薬用植物の供給危機!

漢方生薬の国内自給率は10%程度に過ぎない。80%以上を中国から輸入している。

風邪に対してよく用いられる葛根湯には、葛根、大棗(タイソウ)、麻黄、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、生姜(ショウキョウ)などが含まれている。臨床現場で利用されている漢方薬も増えてきているが、漢方生薬の国内生産比率は全く増えていない。

十年以上前から、この低い自給率は問題視されているが、なぜか全く増えていない。中国での生産を増やして対応する動きもあったが、レアアース問題を考えれば、リスクの高過ぎる。11年前にこの課題を聞いた時に、「需要が減る一方のタバコの代わりに薬用植物を作れないのか」と提案したこともあるが、今でも、どうしてこれが進まないのかと不思議だ。当時は日本での生産はコストが高いのでとの理由だったが、経済の低迷と円安で、コストの差はそれほど大きくないはずだ。中国で急速にコロナ感染症が拡大する中、漢方薬供給不足が現実になる日が遠くないと憂慮している。

医薬基盤・健康・栄養研究所の理事長に就任して、この研究所には名寄・つくば、種子島の3か所に薬用植物センターがあり、4000系統の種子の保存をしていることを初めて知った。認知度を高める方策をしていなかったことも問題だが、私自身、このレベルの知識しかない人間が理事長を務めていいのかと疑問に思う。今は、この重要性を国に訴えかけることが私の仕事だと思っている。がんの話をする時に「がん種によって、特定の臓器に転移しやすいのは、種と畑の関係のように相性が影響する」と言っていたが、3か所の薬用植物センターで栽培できる植物は、寒冷地の名寄と温暖な種子島では大きく異なり、まさに畑と気候が大きく影響する。もちろん栽培方法も乾燥させるプロセスも大切で、それによって有効成分の含有量も違ってくる。

また、植物から抽出したエキスは、薬剤のスクリーニングに応用できるので、薬用植物センターの役割は大きい。国策として薬用植物生産は重要なので、経済安保の一環として、薬用植物の収集・維持・保存・栽培を取り上げて欲しいと訴えたわれわれの願いは一蹴された。安保どころか、われわれがアンポンタン扱いされるような塩対応だった。この国では多省庁にまたがることはたいていこのような扱いだ。薬物は厚生労働省、植物は農林水産省である上に、タバコの転作などと言うと税収にも大きく影響するので整理がつかない。内閣に直結する健康医療戦略室が、省益の草刈り場だから、国としての大局観がないに等しいのだ。

そして、心ある官僚、国の将来を憂う官僚が絶滅危惧種になりつつある現状は大変だ。気骨のある人は、ごますり役人にとっては目障りに過ぎず、いつの間にかムラ社会から追い出される。かつては、政治家の中に本物をかぎ分ける能力のあった人がいて、正論と気骨を見抜く力があったが、今はこれも絶滅危惧種となっている。学者の世界では国を憂う人など昔から超希少だ。私にはどうする術もないが、2・26事件を起こした将校たちの気持ちがわかるような気がする。

その昔、日本海海戦で『皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ』という名言があったが、現役官僚には、この言葉をかみしめて欲しいものだ。皆さんの奮励努力が日本には必要だ。「根性」というと「パワハラ」と訴えられる社会は、どこか間違っている。大阪で生きるには「ド根性」必要だったが、それも遠い昔の夢なのか?

医療革命を起こそう!

昨日、日本医師会館で「内閣府AIホスピタル」プロジェクトのシンポジウムがあった。この5年プロジェクトは来年の3月末で終わりを迎える。参画するグループが決まったのは2018年秋なので、実質的には4年強だが、12研究機関の発表を聞いていて感慨深いものがあった。私だけではなく、誰もが期待していた以上の成果があがっていると誇らしかった。とは言うものの、今日に至るまでの道のりは平坦なものではなかった。

 

まずは、私がプログラムディレクターに選ばれた事件??だ。毎日新聞の一面に取り上げられたので覚えておられる方がいるかもしれないが、プログラムディレクター12名のうち11名は“いわゆる”予定候補者で決まった。私だけが予定調和を壊すディレクターだった。選考過程で、東京で実施されたインタビューには旅費は出なかった。当時、シカゴに住んでいたのだが、シカゴからインタビューを受けるために東京に行った。多くのプロジェクトのリーダーが、形式公募、実は役所(やその背後にいる人たち)の意向で決められていることがこの国の抱える課題だ。無事?(多くの人にとっては無事ではない)に決まった後も大変だった。

 

無事に決まったあとに、友人たちの協力を得て、私は研究計画書は書き上げたのだが、担当参事官から研究参加機関の選考にはディレクターは参加できない規定だと言われた。規定であれば仕方がないと思ったが、これはこの参事官の出まかせ(はっきりと言えば、大噓)だった。他のプログラムは、プログラムディレクターが選考委員に入っていた。常識的には計画案を作成した人間が選考の過程に関与しない選考委員会などあるのかと思っていたが(実際は選考委員長の見識の高さに救われた)、こんな幼稚な嫌がらせをされた。すぐばれる嘘を平然とつく、この官僚の精神的幼稚さに呆れるばかりだ。しかし、こんな人に限って、出向元の役所で出世するようだ。日本の闇は深い。

 

この他にもいろいろあったし、今でもあるが、せっかくの成果にカビが生えるので、愚痴はここまでにして、シンポジウムの最後に行った言葉で締めくくりたい。

 

「企業が医療現場を知らないままに開発を進めても絶対にうまくいかない。医療現場には、優秀な方は多いが技術的には企業、特に情報系の企業との連携は不可欠だ。そして、いろいろなAI技術を国内で広げるためには、日本医師会という大きな力の協力を得て進めるべきだ。」私が接した日本医師会の方々は、多くの方々が描いているイメージとは全く異なる。役所よりも、大学の世間を知らない頭でっかちの教授たちよりも、しっかりと、日本の医療の将来を、現場の体験に根差して考えている。特に高齢者医療への問題意識は御用学者よりも、はるかに、はるかに高いのだ。コロナのゴタゴタを見ていても、御用学者の存在が問題となっているのがわかるだろう。

 

そして、会場では言わなかったが、これに患者グループが参画すれば、日本の医療に革命が起こる。何かを変えて欲しいと永田町や霞が関に訴えても多くの無駄な時間を割くことになると思う。こんな医療にして欲しいと懇願するのではなく、自分が受けたい医療体制を作り上げるために皆で力を合わせることが重要だ。

 

AIホスピタルプロジェクトの発表を聞いていて、大きな岩が動きつつあると感じた。12チームで動き始めたのだから、100チームが集まれば確実に動く「患者さんにも、医療従事者にもやさしい医療」が!

 

しかし、情けないことに、今週東京に2回出張しただけで、私の体が悲鳴を上げている。この大きな動きを引っ張っていくリーダーの出現を心から願っている。