日本医師会「医療危機的状況宣言」

NHKニュースで「新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、日本医師会は、一部の地域では病床が不足しつつあるとして、『医療危機的状況宣言』を独自に発表し、国民に感染を広げない対策や適切な受診行動を呼びかけました。」とあった。医療現場から届く声を受け止めてのことだろう。日本医師会は月曜日にも国の緊急事態宣言を促したが、今日も宣言はされなかった。横倉会長が、政府の方針を明確に批判しているように見えた。 

医師会が言及した適切な受診行動のひとつが、感染している可能性のある人が、持病を持って受診している患者さんたちや医療従事者との不用意な接触を回避することだ。昨日も触れたが、7080歳代の高齢者の致死率は15%を上回る。高齢者と同居している、あるいは、接触機会の多い若者たちには、この数字をしっかりと意識して欲しい。

そして、専門家会議のコメントでも、オーバーシュートしなくとも医療崩壊が起こる可能性を指摘していたが、専門家の危機意識と国の危機意識のギャップを感じた。専門家会議は、医療供給体制が切迫しているとまで言い切っているにもかかわらず、政治は緊急事態でない、ギリギリの状態が続いていると、不思議な言葉を発している。経済指標が非常に厳しいので、これ以上の悪化を招く緊急事態宣言を回避したいのだろうという気持ちはわからないでもないが、やはり、命を最優先した上で、怒るべき状況を推測して支援策を素早く打つのが順番だと思う。

この非常事態で、さらに重要なのは、政権に対する信頼度だ。しかし、私は正直なところ、かなり失望してきている。

「PCR検査については、各種の取組により、現時点で、前回会見したときよりも50パーセント多い、1日当たり6,000件を超える確かな検査を行うことが可能となっています。・・・・・・・・・・・・こうした取組を通じて、今月中には、1日当たり8,000件まで検査能力が増強できる見込みです。」

上記は安倍総理の314日の記者会見でのコメントである。しかし、318日から31日の2週間のPCR検査数は16,000人弱で、1日平均のPCR検査数は約1100人に過ぎない。総理大臣が記者会見で言及した数字に遠く及ばないのはどうしてなのか?できないのか、必要ないのか、意図的にしないのか、その理由を説明する責任はないのか?

全国の新規感染陽性者は2日続けて200人を超えたという。こんな状況でもPCR検査対象は依然として明確でない。阪神の藤浪選手は、それ以前のコロナ感染者の相談指針には当てはまらないが、どうして検査を受けることができたのか?臭覚・味覚異常が症状のひとつであることを認知させることになったのは重要なことだが、モヤモヤした気持ちはぬぐえない。

日本時間の3日には、世界の感染者数は100万人を、そして、死亡者が5万人を突破することが確実だ。他の諸国と同じことが起これば、2週間後に何が起こるのか?

そして、今日のニュースでは、ようやく東京でのクラブ、バー自粛の理由が具体的に明らかにされた。今後の混乱を回避するには、リーダーの具体的で明確なコメントが必要だ。あいまいな言葉ではこの国難は乗り切れない。

f:id:ynakamurachicago:20200401230451j:plain

 

コロナウイルス報道に見る劣化したメディア

世界でのコロナウイルス感染者は80万人を超え、死者数は4万人に迫りつつある。https://www.worldometers.info/coronavirus/ 

こんな状況で、「すぐに緊急事態宣言をすべき」と主張していたコメンテーターの発言をうなずいて聞いていた私だが、続いて「日本は重症者だけPCR検査をしてきたので、医療崩壊を防いできた」「PCR検査をすると医療崩壊になる」と自慢げに言った。これには腰が抜けそうなほど驚いた。 

「重症者だけ選択してPCR検査をしてきた」ことを評価することは、「軽症者を封じ込めないままに野放しにして、拡散を容認する」ことと同じだ。この条件では、早晩、水面下に広がった感染の影響で、重症者が顕在化して医療崩壊する。今、若者たちが無症状や軽症のまま、出歩いて拡散してさせているとの非難の声が上がっているが、これは危機感をしっかりと伝えきれなかった国やメディアの責任だ。

確かに下に示すように若者の致死率は低いが、感染者数で見る限り、日本では年齢層の差はさほどない。ライブハウスなどのクラスターで濃厚接触者を優先的に検査してきたので、サンプリングバイアス(検査対象者が発熱・倦怠感・咳などの症状を持っている人たちを平等に検査対象にしていない)による偏りがあるが、若者は感染しないわけではない。

死亡した割合は、

       国内感染者数   死亡数/追跡調査ができた数の割合(2020.03.29 正午)

20歳代            205                              0%

30歳代            220                              0%

40歳代            289                              0%

50歳代            301                             0.4%

60歳代            270                             0.4%

70歳代            240                             9.4%

80歳代            128                             22.4%

となっている。60歳代までは低いが、70歳だと約10%、80歳だと20%超と非常に高くなっている。日本で感染拡大がおこっていない(らしい)理由として、衛生面での意識が高いことがあげられている。しかし、PCR検査数が少ない日本の数値は国際的に信じられていない。致死率が低い理由として興味深いのは、国際的な疫学的調査で、結核予防ワクチンであるBCG接種が、国別の致死率に反映されているという報告がある。致死率の高いイタリアやスペインと近いにもかかわらず、ドイツやポルトガルでの致死率が低いことからBCG接種との関連が示唆されている。

 

最初のコメンテーターの話に戻るが、産経新聞の正論欄でも述べたように、医療崩壊することを避けるために検査対象を絞るというのは科学的でない。

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200325/0001.html

上記のように、軽症の感染者をとらえきれなければ、軽症者がウイルスを拡散するのは自明の理だ。これでは、感染が静かに広がっていくので、ある日突然、一気に重症感染者が増える。ニューヨークの例で分かるように、2週間で患者数は90倍に増えるので、危機的状況にすでに達していると言って過言ではない。

昨夜、小池東京都知事は、カラオケ、ライブ、クラブやバーでの感染者が多いとして、さらなる自粛を求めた。報道を見ていても、通勤途中ではなく、クラブやバーで感染したと推測する理由が明らかでない。感染経路不明だが、クラブやバーで感染したとするのは矛盾しないのか?クラブやバーに感染者はいたのか?当然ながら、軽減したとはいえ、満員電車は三蜜状態(密閉、密集、密接)であり、感染リスクは高い条件を満たす。まだ、70歳には達していないが、四捨五入すると70歳になる持病持ちの私は、とっても不安な気持ちで通勤している。

今、スペインでは感染者の十数%が医療従事者であること、フランスでは獣医師が医療現場に投入され、英国では飛行機の客室乗務員が医療補助を行うとの報道があった。医療崩壊を防ぐためには、医療従事者の感染を回避することが重要だ。病床や呼吸器が十分でも、医療従事者が不足すれば、それが医療崩壊を引き起こす。医療従事者を守ることにもっと注力すべきだ。

f:id:ynakamurachicago:20200331215154j:plain

 

世界コロナ患者60万人、東京は63人、国立がん研究センター中央病院でも

英国ではチャールズ皇太子の感染に続いて、ジョンソン首相もコロナウイルスに感染した。世界におけるコロナ感染症患者数は、50万に達してからわずか2日後に60万人を超えた(worldometer)。月末には、80万人前後に達するだろう。とにかく、欧米各国の感染爆発が恐ろしいのだ。

欧米の感染が広がっている国の前日の患者増加数は

1日あたりの増加数 

合計

米国

18,294

103,729

イタリア

5,909

86,489

スペイン

7,933

65,719

ドイツ

6,933

50,871

フランス

3,809

32,964

英国

2,885

14,543

スイス

1,117

12,928

オランダ

1,172

8,603

オーストリア

788

7,697

ベルギー

1,049

7,284

10か国合計

49,889

390,827

 

と10か国だけで約5万人増となっている。明らかに日本の状況だけが、他国とは異なっている。

そんな中、共同通信のニュースに、米紙ニューヨーク・タイムズ電子版(26日)の記事が紹介されていた。日本のコロナウイルス感染状況について「厳しい外出制限をしていないのに、イタリアやニューヨークのようなひどい状況を回避している」ことに、世界中の疫学者が「当惑している」と伝えた。医療崩壊を回避するために、意図的に検査を制限しているのではとの見方を紹介していた。私も感染が少ないのではなく、検査が少ないのではないかと思っている。米の専門家が、日本のやり方は「ばくち」であり、事態が水面下で悪化して手遅れになるまで気付かないのではと警鐘を鳴らした。

最近では、「危機を煽りすぎるな!」、「感染が広がっているという証拠はどこにもないではないか」という批判の声がある。不安を抑えることと、事実を捻じ曲げることは別だ。危機管理の大原則は最悪を想定した対策だ。特に、命に関わる感染症なのだから。イタリアの致死率は10%である。そして、潜在的な感染が広がっている証拠がないと言うが、科学的にはその主張も間違っている。感染経路が不明である感染者の割合が増えてきている事実こそ、見えない敵が静かに広がっていることを物語っている。いずれにせよ、PCR検査数が欧米に比べて桁違いに少ないので、本当に抑え込んでいるのかどうかは、時間が教えてくれるのを待つしかないだろう。

 

今日は、国立がん研究センター中央病院でも感染者が見つかった。東京では3日連続40人台だったが、60人以上と増えた。永寿総合病院での院内感染も広がっているようだ。

 

繰り返してこのブログで述べているが、感染している可能性のある人が、不用意に医療機関を受診しないことは、感染拡大を防ぐためにも、医療を守るためにも急務だ。

https://launch.sensely.com/?type=jacovid19

是非、この人工知能アバターを拡散して欲しい。

f:id:ynakamurachicago:20200328172634j:plain

 

 

コロナ感染患者50万人を超える

世界のコロナウイルス感染症は爆発的な拡大を示しており、10万人から20万人に増えるのに12日間だったのが、その後は数日間単位となり、今日は50万人を突破した。

100,000人 36

200,000人 318日 (12日間)

300.000人 321日 (3日間)

400,000人 324日 (3日間)

500,000人 326日 (2日間)

(米国時間)

https://www.worldometers.info/coronavirus/

感染者数が1万人を超えた8か国(中国を除く)の感染者数の変遷をグラフで見ると下記のようになっている。3000人前後からグラフの傾きが変わっていることがよくわかる。欧米諸国が抑え込みに失敗したが、唯一抑え込んでいるのが、最後のスライドにある韓国である。ドライブスルーで検体採取している場面は、国民にこの感染症が如何に大きな問題であるのかを知らしめるインパクトがあったと思う。

これから起こるかもしれない危機のレベルが伝わっていない。昨夜の渋谷の様子が映し出されていたが、信じがたい情景だった。欧米のメディアも花見を楽しむ姿に、危機意識の欠如を批判的に捉えていた。要請しかできないのは、法律の限界だと言うが、命を守るために行動するのが政治ではないのか!

 

f:id:ynakamurachicago:20200327104155j:plain

f:id:ynakamurachicago:20200327104212j:plain

f:id:ynakamurachicago:20200327104229j:plain

f:id:ynakamurachicago:20200327104243j:plain

f:id:ynakamurachicago:20200327104304j:plain

f:id:ynakamurachicago:20200327104315j:plain

f:id:ynakamurachicago:20200327104330j:plain

f:id:ynakamurachicago:20200327111429j:plain

f:id:ynakamurachicago:20200327111216j:plain

 

総感染者数 前日からの増加数 死亡者数
米国 83,672 15461 1209
中国 81,285   3289
イタリア 80,589 6203 8215
スペイン 57,786 8271 4365
ドイツ 43,938 6615 267
イラン 29,406 2389 2234
フランス 29,155 3922 1696
スイス 11,811 914 191
英国 11,658 2129 578
韓国 9,241 104 131
オランダ 7,431 1,019 434
オーストリア 6,909 1,321 49
ベルギー 6,235 1,298 220
カナダ 4,043 634 39
トルコ 3,629 1,196 75
ポルトガル 3,544 549 60

首都封鎖?!

東京オリンピック・パラリンピックの延期が確実となった。感染者数が40万人に到達しつつある世界的な感染の拡大を見れば、延期は致し方ない。しかし、その途端に、いつ開催されるのか、オリンピック代表は再選考かという議論が巻き起こっている。同じニュースでイタリアの惨状を報道しているにも関わらずだ。欧米はそんなことを議論している余裕などないことは明らかだ。

日本では感染の拡大を辛うじて抑えていると報道されているし、何となく日本は大丈夫であるかのようなムードが漂いつつある。しかし、下記の表を見て欲しい。この表は感染者数が1万人を超えている国において、100人、1000人、10000人に達した日を示している。

患者数 イタリア 米国  スペイン ドイツ イラン フランス 中国   全世界
100 2月23日 3月2日 3月2日 3月1日 2月26日 2月29日      
1000 2月29日 3月11日 3月9日 3月8日 3月2日 3月8日 1月24日   1月24日
10000 3月10日 3月19日 3月17日 3月12日 3月12日 3月19日 1月31日   1月31日
50000 3月21日 3月24日?         2月12日   2月12日
100000                 3月6日
200000                 3月18日
300000                 3月21日
400000                 3月24日?
                   
                   
感染者数                  
2020/3/23時点 63927 46145 35212 29056 23049 19856 81171   387354

https://www.worldometers.info/coronavirus/

イタリアは他国(中国は除く)よりも1週間前後早く、100、1000、10000に達している状況がよくわかる。各国において100人が1000人に増える時間は6-9日間、1000人が10000人に達する時間は4-11日間となっている。2週間未満で10倍である。全世界で見ると、1万人が10万人に達するのに約5週間要したが、20万から30万に増加するのに要した期間はわずか3日間である。

大きなイベントの自粛や学校の一斉休校によって、日本の増加率は抑えられていると報道されているが、私もこれらの措置は有効であったと感じている。しかし、PCR検査数は他国に比べて圧倒的に少ない。理由はわからないが、総理大臣や厚生労働大臣の国会で答弁したPCR検査数には遠く及ばないし、WHOの事務局長の「Test, Test, Test」のコメントもどこ吹く風かといった感がある。死亡者数も少ないが、死亡後に検査していて陽性とわかったケースもあるので、疑いのある患者が全て検査を受けているのかどうか、海外からは疑いの目を向けられている。

色々な措置で感染拡大を抑えている(ように見える)かもしれないが、実態がつかめないのが本当のところだ。イタリアの医療崩壊の現状は、ニュースで見る通りだ。ヨーロッパや米国、カナダの様子からは、オリンピックどころではないのだ。米国も厳しい状況なのだが、ニュースで見る、春休みでマイアミに遊びに来ている若者たちにとっては、ニューヨークで起こっていることは他人事のようだった。

帰りがけに目にした夕刊紙の表紙の「首都封鎖」という言葉が衝撃的だった。しかし、3連休の東京近辺の景色はニューヨークとマイアミの混在だった。イタリアやスペイン、そして、ニューヨークの映像は封鎖だ。イタリアの致死率は約10%で、インフルエンザより少し重い感染症では済まされない。われわれの命そのものの危機に直面しているのである。私のように、高齢者で、持病持ちが感染すると致死率が高くなる。

集団感染して、国民の大多数に免疫ができるのを待っているかのような発言をしていた英国のジョンソン首相は、それでは50万人くらいの死者がでるとの予測値を聞き、一転して、家族に会うのも見合わせた方がいいと発言を修正している。「君子は豹変す」だ。経済的な打撃は起こっているが、日本の国内感染者数は1000人を超えている。どこから感染したのかわからない人の割合も増えている。

 

危機が迫りつつあるのではなく、危機は目に前にある。

f:id:ynakamurachicago:20200324223757j:plain

 

6月の米国G7サミット中止;日本はどうなの????

フランスのマクロン大統領、イギリスのジョンソン首相、ドイツのメルケル首相は、「ウイルスとの戦争」と言った言葉を使って、危機的状況に対する対策への理解を求めた。トランプ大統領でさえ、戦時中の大統領のようだと現在の状況をたとえた。そして、G7サミットの6月米国開催を中止すると発表した。「オーバーシューティング」という新しい言葉で、イタリア、フランス、ドイツの状況が紹介されているが、本当にあっという間に感染が拡大されている。

イタリアでは医療崩壊状況で、どの患者に人工呼吸器をつけるべきかといった命の選択に迫られている状況が報じられている。「もうこの患者さんは救えそうにないので、呼吸器をはずし、救命できそうな他の患者さんに利用することに迫られている」のだ。米国でも朝鮮戦時中にできた法令で、人工呼吸器の生産を進めていると報じされていた。

今週号のNature誌のEditorialとして「Coronavirus: three things all governments and their science advisers must do now」というタイトルで、コロナウイルス感染に対して、すべての政府が今なすべき3つのことが紹介されていた。この論評は「六十数年前、チャールズ・スノーは、第2次世界大戦時に採用された科学的なアドバイスには、エビデンスが欠けていたと指摘した」という文章が冒頭に来る。そして、世界的な課題となっているコロナウイルス感染に対して、政権幹部にアドバイスしている人たちは、エビデンスに基づいているのかと疑問を呈している。

エビデンスを明確に示さないままに、自粛要請し、レストランは営業禁止となり、国境は閉じられている。これらの決定は秘密裏に決められ、突然、国民に戦争時のような状況を強いている。そして、米国や英国がWHOの示した3つの原則「(1)検査をして、(2)陽性者が見つかれば、濃厚接触者を追跡し、(3)隔離する」を実施していないことに苦言を呈している。

日本は(2)と(3)に関しては非常によくできていると思うが、孤発例が多くなってきている今でも、(1)の検査をすることについては、疑わしきものに枠を広げて検査することには消極的だ。日々に発表されるPCR検査数は大きく振れ、調べた件数に対する陽性者率は、2桁くらい違っているありさまだ。これでは、日本の疫学統計が信頼されなくて当然である。そして、昨夜の専門者会議の会見は、ヨーロッパの首脳たちの切迫感のあるコメントと比べると、どうすべきなのかがわかりにくいファジーなものだった。結局、「各地域の判断に任せる?」では地域は戸惑うだけだ。集会をして何もなければOK、感染の拡大に火をつければ袋叩きにされるのが、目に見えている。経済的な影響を責められて委縮しているのだろうが、感染の抑え込みに責任を持つのは国の役割だと思う。

会見は、後日、感染が爆発的に広がっても責任を追及さないような布石を打ちつつ、怖れを抱かさないような形で終わってしまった。欧米に比べると指示が明確でない、如何にも日本らしいオブラートに包まれたものだった。その一方で、大阪・兵庫の往来を3連休にはできる限り止めて欲しいと要請している。これも、誰が要請したのか、あいまいなままだ。本当に不思議な国だ。大阪府知事は、専門家会議のメンバーから、43日までに2府県で感染者数が3000人を超える可能性を指摘されたと述べていた。おそらく最悪のケースだろうが、この根拠もいまひとつ、よくわからない。

何もしなければ、オーバーシューティングで患者数はどのように増えるのか、どんな対策をすればどこまで感染拡大が抑えられると期待できるのか、だから、ここまで制限する方が望ましいと、仮定の話でも数字を挙げて説明できないものなのか。感染制御は科学的に行われるべきであり、必ず数字が伴うべきだと思う。未知の感染症なので、予測幅は大きく振れる可能性はある。そして、日本のリテラシーの低いマスメディアは、数字が異なると鬼の首をとったかのように攻撃するので、あいまいなままがいいと政府は考えているのだろう。

しかし、症状の軽い患者、無症状の感染者がどれくらいいたのかは、日本の統計から欠落していることは確実だ。このまま終息に向かうことを願うだけである。