クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞受賞(2);誰のための何のためのがん研究なのか?

受賞したあと、多くの友人・知人・元部下たちから、お祝いの電話やメールをいただいた。この賞の受賞が、いつのまにか、今年のノーベル賞候補という報道に変わってしまっているのは驚きだ。2000回以上引用される論文は全論文の0.01%程度だそうだが、私は2000回以上引用された論文が9報、1000回以上引用された論文がさらに9報ある。この観点では医学の進歩に貢献してきたという自負はある。

 

しかし、ノーベル賞というのは独創的な発想が重要視される賞であるのに対して、私の研究成果は、考えるだけでうんざりするような道を、しかし、多くの人にとって重要で必要な舗装道路を作る作業を、多くの支援に支えられてコツコツと歩き続けてきた成果である。したがって、世間が一気にノーベル賞候補と大騒ぎするような成果ではないと自分では思っているし、私自身は昨日の私と何ら変わりない。

 

10月5日のノーベル医学・生理学賞の発表時にどこにいるのか、とがん研究所に問い合わせてきているメディアもあるようだが、いつどこにいようが私の自由だろう!引用栄誉賞をいただいたことは光栄だが、これまでやってきたことが、突然変わった訳でもないのに、この騒ぎは異様に思う。「中村先生の業績を教えてくださいと」とストレートに言ってくるメディア関係者さえいる。この程度の取材力でよく報道に携わっているのかと言いたい。こんな人たちの相手に、少し、くたびれてきた。

 

私は、外科医をしていた時に体験した個々の患者さんの差を解き明かすために、遺伝子・ゲノムという道を選んで歩いてきた。1990年に国際ゲノム計画が始まるきっかけとなったのが、White-Nakamuraマーカーによる遺伝性疾患の染色体マッピングである。1999年に、ある研究者から、「ゲノムのような流行を追う学問をするな」と言われて心が折れたことがある。日本人はゲノム研究の歴史を知らない。私は流行を追いかけてきたのではなく、ゲノムという研究分野を開拓してきた一人である。特に医学分野での世界のゲノム研究をけん引してきたという誇りがある。

 

ただ、自分に対する誇りと、名誉欲とは少し違う。1990年代の私に名誉欲がなかったと言えばうそになる。しかし、母の大腸がん発見から死に至るまでの1年間で、私の気持ちは完全に変わってしまった。自分が大腸がんに罹患しながらも、大腸がん研究を続けてきた私の名誉を傷つけたのではないかと案じ、私に謝った母の言葉は衝撃的であった。

 

そして、亡くなる前々日・前日(土曜日と日曜日)に大阪を訪ねた私が、火曜日に通産省(経済産業省になる前)で開催される、2000年から開始されるミレニアムゲノムプロジェクトに先立つ会議の話をした。その翌朝、母は静かに息を引き取った。残念ながら、死ぬ瞬間には立ち会えなかった。当時の慣習では、月曜日の夜に通夜、火曜日に葬儀が行われる予定となる。しかし、母は私が日曜日に東京に戻ったあと、父に「私が死んでも、火曜日には葬式はしないで。祐輔に会議に出てほしい」と言い残していた。死に顔を見ながら、父からその話を聞かされ、号泣した。火曜日、大阪から東京に向かう新幹線から見た富士山は青空なのに霞んで見えた。母の息子への愛情の深さという一言では語れない、私の人生を変えた一言だった。

 

その瞬間から、名誉という欲が消え去ったように思う。患者さんのために何ができるのか、そんな研究をしたいという思いだけが残った。その後、いくつかの賞をいただいたが、光栄だとは思ったが、喜びはあまり湧かなかった。今回も、この遺伝子多様性という分野に光が当たったことは日本という国のためにはよかったとは思うが、賞をいただいた喜びという感情はあまり湧かない。もちろん、一部のメディアが騒いでいるような賞が欲しいという感情も全く存在しない。

 

生まれた時は裸だし、死んでしまえば骨が残るだけだ。死にゆく瞬間に、自分が世の中の役に立ったと思えれば、それでいい。

クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞受賞 (1)

本日、クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞を受賞しました。以前はトムソンロイター引用栄誉賞と呼ばれていたものです。https://www.prnewswire.com/news-releases/clarivate-reveals-2020-citation-laureates---annual-list-of-researchers-of-nobel-class-301136248.html

論文の引用回数という客観的な指標から選考が始まり、医学の進歩に貢献したことが評価される賞ですので、非常に名誉なことです。これは個人の賞というよりも、ユタ大学、がん研究所、東京大学医科学研究所、理化学研究所のチーム中村に対する賞だと思っています。そして、われわれの研究に協力していただいた多数の患者さん、医療関係者、そして、恩師の故レイ・ホワイト教授に感謝申し上げます。さらに、研究を支援し続けていただいた文部科学省(文部省・科学技術庁)と関係者各位、特にライフサイエンス課関係者には、この場を借りて心よりお礼を申し上げます。

 

そして、いつもの口調になるが、

受賞理由は「For pioneering research developing and applying genetic polymorphic markers and for contributions to genome-wide association studies, both heralding personalized approaches to cancer treatment」である。

 

私は遺伝性疾患である家族性大腸腺腫症の原因遺伝子解明を目指して、1984年にユタ大学のハワードヒューズ医学研究所に留学した。その背景となった理由については、ここでは触れないが、その時には外科医の道を捨てる気持ちは0%だった。

 

ソルトレークシティーにはモルモン教会総本山があり、教徒の医学に対する協力的な気持ちに支えられて、多くの遺伝性疾患の血液が集められていた。しかし、不勉強なことに、留学後に遺伝的多型マーカーがないことを知ることとなった。これがないと一歩たりとも前に進めない環境だった。未開の土地を測量しつつ、道路を作っていくような膨大な作業を伴う研究が待ち受けていることに気づかされたが、私の性格では、それでも前に進むしかなかったのだ。

 

しかし、そこには、いくつかの運命的な、そして幸運な偶然と出会いがあった。まずは、留学直後に、英国のAlec Jeffreys教授がNature誌にDNA指紋マーカーを報告した。このマーカーはスコットランドヤードが個人識別として犯罪捜査にすぐに採用した。しかし、複雑すぎて遺伝的連鎖解析には応用できなかった。しかし、これにヒントを得てVNTRマーカーを見つけ出し、1987年にScience誌に発表した。遺伝学研究者Yusuke Nakamuraの始まりでもあった。このブログでも紹介したが、米国FBIはVNTRマーカーを個人識別マーカーに利用することになり、私はFBIから勧誘されたが、受けていれば、今頃CSI捜査官か、マフィアに打ち殺されていたかのいずれかだろう。

 

これで遺伝的連鎖地図を作成する基盤が作られた。そこで、多くの研究者がユタ大学のRay White研究室を訪れ、ここで知己を得た。MIT Broad研究所のEric Lander博士は経済学から遺伝学に方向を変えた直後で、この分野は初心者に近かった。現在米国NIH所長のFrancis Collins博士と初めて出会ったのもこのころだ。英国の王立がん研究所のWalter Bodmer所長やケンブリッジ大学がん研究所長を務めたBruce Ponder博士にあったのもこの頃だ。Johns Hopkins大学のBert Vogelstein博士とは共同研究の関係で電話では頻回に話をしたが、初めて会ったのは1992年であった。私の弟子たちはこれらの方々の研究室に留学している。

 

話を戻すと、遺伝的多型マーカーの基盤整備はできたが、全染色体の連鎖解析地図を作るには多額の予算が必要だった。幸運だったのは、評価委員会が「連鎖地図を作るのは多数の研究者、特に遺伝性疾患の研究者に貢献できる重要なことなので、年間予算を増やすので早く成果を出す」ようにと裁定したことだ。この時の委員会には2重らせんでノーベル賞を受賞したジム・ワトソン博士もいた。ワトソン博士とはユタで2度、コールドスプリング研究所で3回、東京大学の私の教授室で1回(この時は2時間も滞在された)お会いする機会があった。

 

ユタ大学時代に世界的な研究者から学んだことは、「多くの研究者に貢献する」ことの重要性だ。日本では一つの現象や分子を長期間にわたって研究することが学問だと信じられているが、私は「広く貢献すること」の重要性をこの時に学んだ。30歳代前半の5年間はその意味では私の人生にきわめて大切な体験を与えてくれた。1990年に始まった国際ヒトゲノム解析計画はみんなに広く貢献できる重要成果をみんなの努力で成し遂げるという精神だ。それが、遺伝子多型のカタログを作る国際ハップマッププロジェクト、国際がんゲノムプロジェクトへとつながった。

 

医学研究であるにもかかわらず、患者さんにどんな貢献をするのかを、心からではなく、予算を獲得する目的だけで薄っぺらく語る研究者が増えてきたのは嘆かわしいことだ(こんなことを言っているから嫌われるのだが)。自分が生きている間にできなくとも、患者さんと共に夢を追い続けるのが、本物の医学研究者だと思う。もちろん、夢を現実のものにすることができれば、超本物の医学研究者だ。

(続く)

GoTo医療機関キャンペーンはどうか?

医療機関の経営環境が厳しくなっている。腫瘍外科の医師は、手術が減り、進行がん症例の割合が増えてきていると言う。循環器の医師は、循環器疾患が悪化している人が多いと言う。小児科の医師は、受診者が減り、大変だと言う。マスク、手洗いなどによって、手足口病などの感染症患者が激減しているそうだ。

 

健康診断やがん検診を受ける人たちが減っていることは、必然的に病気が進行してから見つかる人が多くなる。自覚症状が出現するまで放置していれば、がんは進行してしまい、糖尿病などは悪化し、合併症リスクが高くなる。自粛で家に引きこもっていると、認知機能が落ち、運動機能も低下する。

 

オンライン診療を進めれば問題が解決すると言う人が多いが、やはり、医療で最も必要なことは患者と医師の信頼関係だ。私が昭和20年代生まれで、アナログの世界で生きてきたためか、Web会議では、場の雰囲気がわからなくて戸惑うことが多い。生で顔が見えると、その場の空気が読めるのだが(読めても爆弾発言することが多いが)、Web会議だとそれがわからない。診察室で目を見ること自体が少なくなってきているが、パソコンのスクリーンに映し出された顔を見るだけの情報で十分とは思えない。

 

そもそも画面は平面(2次元)の世界であり、診察室では立体(3次元)の世界という違いがある。また、表情以外の体の動きも患者さん情報として重要だ。定期的な検査は病院・医院に出向かなければできないことも多く、がん検診やがん患者さんの定期的な検査は絶対的に必要である。

 

そこで、ブログのタイトルに戻るが、観光地や飲食業の「GoTo・・・・・」として税金を投入するなら、国民の健康維持、医療の提供の観点から、「GoTo医療機関」も始めればいいと思う。医療機関を受診しない最大の理由は、コロナの感染を恐れているからだ。外に出ること、公共機関を利用することを恐れるが故の受診控えだ。医療機関を受診する際の交通費は医療費の控除に含まれる。それならば、医療機関へ向かう際のタクシー代をGoTo医療機関として税金で負担してはどうなのか?たとえ、近距離でも受診を促す効果があるかもしれない。

 

病気の人と病気でない人で不公平になるが、東京に住んでいるという理由だけで、他府県よりも2か月以上もGoToトラベルの恩恵に与れなかった東京都民としては、この程度のことはあってもいいのではと思う。フレイル状態が悪化すると大きな医療福祉問題につながるので、しばらくクリニックや病院の顔を出していない方の健康状態チェックが必要である。

 

病気のモニタリングがしっかりとできれば、病気の悪化を防ぐことができる。病気が重症化すれば、医療費が膨らむので、国の医療福祉費を考慮すれば合理的な発想だと思うし、タクシー業界の支援にもつながる。そして、医療機関の経営環境の改善に少しは寄与するだろう。

f:id:ynakamurachicago:20200920171237j:plain

 

大坂なおみ選手あっぱれ;人種差別反対の意識が精神力を支えた?!

大坂なおみ選手が2回目のUSオープンを制した。試合ごとに、差別的な形で命を奪われた黒人の名前を黒色のマスクの真ん中に示し、人種差別反対の意思表示を行った上での勝利は素晴らしい。表彰式後のインタビューで、アナウンサーから「7試合で、7枚のマスクに、7名の名前を示したのは、どのような気持ちか?」との問いに、「あなたはそれをどのように受け止めたのか?みんながそれを見て考えてくれることが大切だ」と切り返した。一部の人が考えても差別問題は解決されない。みんなが考えてこそ、解決される問題なのだ。 

世の中には建前と本音がある。「自由と平等」の国であるはずの米国では、不平等が普通に存在している。黒人差別はもちろんのこと、アジア人差別も日常的にある。以前にも触れたことがあるが、日本からシカゴの私の研究室に来た医師の子供がシカゴのダウンタウンの小学校で差別を受けた。英語を話すことができないアジア人の子供たちに対して、教師が「後向きに座れ」と命じたのだ。民主党が圧倒的に強い、黒人がたくさん住んでいる、4-5年前のシカゴで起こったことだ。同じ教室の白人の子供が教室で起こったことを親に話して、その親が学校に通報して、この教師は追放されたそうだ。子供を教育する立場の教師でさえ、こんな差別主義者がいるのだ。

残念ながら、日本にも理不尽な差別がある。最近ではコロナ差別だ。コロナ感染患者を受け入れている医療機関で勤務している方々の家族に対しての差別など、論外だ。検査を受けたということだけで差別を受けた人もいたという。コロナ感染対策、経済対策などが議論されているが、この差別問題に対して、国のトップたちが積極的に発言して、それをメディアが取り上げてほしいものだ。しかし、機内でマスクを着けることを拒否したトラブルも報告されている。電車でもマスクを着用していない人が増えてきた。経済を動かすためには、一人一人の努力が大切だ。自分が感染している可能性を考慮した行動が必要だ。

テニスの話に戻るが、政治的な発言をするのが難しい国際大会で、自分の信念に基づき、7枚のマスクを着け、人種差別反対を訴えて、7試合勝ち続けた大坂選手にあっぱれを送りたい。信念があるといっても、このような大きな大会でテニス以外のことを考えるのは精神的に負担ではなかったのかと思うが、逆に、差別された人達への想いが大坂選手を支えたような気がする。

研究者の世界でも、信念を持って研究に取り組んでいる人がどれだけいるのか疑問だ。医学研究者が、単なるサラリーマンであってはならないと思う。誰のために、何のために研究するのか、それが大切だ。

f:id:ynakamurachicago:20200913180510j:plain

 

白けた与野党トップ選挙; 遅れたデジタル化を早急に!

立憲民主党と国民民主党が新党を結成して、その名称が「立憲民主党」で党首も旧立憲民主党の枝野氏と決まった。誰が考えても、国民民主党が立憲民主党に吸収されたとしか思えない。まさに、茶番劇の世界だ。そして、テレビに映る人も、「昔の名前で出ています」ような人ばかりだ。総選挙を間近に控え、自分の次の選挙に少しでも有利にという気持ちが透けて見える。日本のためにという声が、自分の選挙のためと聞こえてくる。選挙が終われば、また、分裂するだろう。

 

自民党の総裁選挙も盛り上がらない。審判がストライクとコールした後にバッターボックスに入っているようなものだ。官房長官と幹事長が並ぶと、「水戸黄門にでてくる悪代官と悪徳商人」に見えてくると、私の知人が言っていたが、日本からは水戸黄門が消えてしまったのか?そして、候補者が将来の消費税アップを口にすると、早速、新党から批判が出ていた。選挙に少しでも有利に働くなら何でもありだから、野党はダメなのだ。そもそも、消費税アップを決めたのは旧民主党政権の時ではなかったのか?天に唾して、ブーメランとなっている反省がないのだ。

 

とボヤいていても何も変わらないが、中島みゆきさんが引退するかもしれないというニュース(うわさレベルだが)は、同じ年に生まれた身としては考えさせられるものがある。私も、内閣府のプロジェクトが終わると同時に引退を考えている。沖縄の離島にこもって、美しい海を眺めながら暮らしたいものだ。台風は怖いが、台風で海水が混ざらないとサンゴが弱ってくるので、サンゴとカラフルな熱帯魚を維持するには不可欠だそうだ。時々、マンション情報を眺めているのだが、意外に高額で手が出ない。

 

しかし、あと2年半は国のために尽くしたい。人工知能やIoTを駆使した病院・医療の近代化は国の命運を握っていると言っても過言ではない。FAXでコロナ感染者情報を送っていた日本のアナログな非近代的なシステムは信じがたいものがある。

 

次期総理はデジタル化の重要性を理解されているようだが、医療分野は機微な情報を扱うので、プライバシーに関するセキュリティーと膨大な医療情報の活用という二兎を追うことが求められるのだ。多くの方は、自分には、間違いがなく、より正確な診断と、より適切な治療を受けたいと願っているが、それには、より多くの方の情報を活用する必要がある。しかし、多くの人は、自分の情報を利用してほしくないと考える傾向にある。NTTドコモの報道を聞く限り(起こったことは論外だが)、日本の情報管理は甘すぎるので、不安は尽きない。

 

そして、重要なことは、情報を使いたいと考えている立場で物事を強引に進めるのだはなく、情報を提供する側(患者さんや健診受検者)が協力することの重要性や必要性を認識できる方策をとることだ。何をどうすると、命を守る貴重な情報が得られることをわかるように示してほしい。だが、デジタル、データの議論の中に、あまり、医療という話が出てこないのが寂しい。

f:id:ynakamurachicago:20200911212846j:plain

 

コロナワクチン治験中断;多様性を科学できない専門家だけでいいのか?

アストラゼネカ社が進めていたコロナワクチンの治験が日本を含め、全世界で中断となった。このワクチンはチンパンジーのアデノウイルス(風邪のウイルスの一種)にコロナウイルスのスパイクタンパク遺伝子を組み込んで作るようにし、人の体内で免疫反応を起こす仕組みだと公表されている。

 

常識的には、有効性を判断できる段階にはないので、中断は重篤な副作用が起こったためと考えられる。注射部の痛みや軽い発熱は感染症ワクチンではよく見られるので、それではなく、かなり重い症状が出たものと推測される。

 

アデノウイルスは遺伝子治療にも用いられたもので、アデノウイルス自体が重篤なアレルギー反応を起こすことが知られている。その可能性とコロナウイルスのスパイクタンパクに対する免疫反応が起こり、それが何らかの形で被験者に重篤な反応を起こした可能性が考えられる。現時点では何とでも言える。

 

以前に、コロナウイルス風邪と川崎病の関連性がある可能性をこのブログでも紹介した。また、欧米では、血管炎や脳梗塞が合併したと報告されている。抗コロナ抗体、あるいは、抗コロナTリンパ球が、われわれの体(血管)を敵だと誤認識して攻撃したのかもしれない。

 

アデノウイルスによって引き起こされたアレルギーなら、他の製薬企業の開発しているワクチンで同様の反応が起こる可能性は低いが、もし、コロナに対する免疫反応が誤認識で起こす副作用ならば、今後のワクチン開発に大きな影響を与える。

 

そして、ABO血液型がコロナ感染の重症化に関連する可能性に関しても触れたことがあるが、ABOの違いは糖鎖をつける酵素の働きの違いで起こっているので、ウイルスのスパイクタンパクの糖鎖修飾の違いが、ウイルスがわれわれの細胞に入りこむ強さの違いに関わることも可能性として残る。したがって、この副作用が糖鎖修飾とHLAの組み合わせに関連している可能性もある。

 

ウイルスそのものはかなりわかってきたものの、人の免疫系の個人差による重症化や感染しやすさなどはまだまだブラックボックスの中だ。ウイルスや人の多様性などちゃんと分かっていない専門家会議でいいのかと改めて思う。

 

PS: テレビで中断は脊髄炎が原因ではないかと言っていた。中断に至った患者数が問題だ。一人であれば、免疫反応が上がった偶発的なものかもしれないが、複数だとかなり厳しい。

f:id:ynakamurachicago:20200909195821j:plain



 

春よ来い、日本;BCGは感染症予防効果がある?!

Cellのオンライン版に「ACTIVATE: RANDOMIZED CLINICAL TRIAL OF BCG VACCINATION AGAINST INFECTION IN THE ELDERLY」というタイトルの論文が公表された。

 

ギリシア、オランダ、ドイツの3か国共同研究の結果である。65歳以上の高齢者に対してBCG接種をすると感染症を抑える効果があることを、小規模(198人)ではあるがランダム化試験を行った。入院患者の退院時にBCG接種を受けた群と受けていない群を比較したところ、中間解析時で、新たに感染症にかかった割合が、コントロール群では42.3%に対して、BCG接種群では25.0%であったとのことだ(p値は0.013)。退院後、初めて感染症に罹患するまでの期間(中央値)が、コントロール群11週であるのに対して、BCG群では16週間であった。

 

対象患者数が少ないのでもっと多数で確認する必要はあるし、コロナ感染症関連の論文の質が高くないことが指摘されているが、一考に値する論文である。われわれの解析結果でも、致死率の高い国はBCG接種がされていない国であったし、接種するBCGの種類も影響する可能性もある。

 

コロナ特異的なワクチンが開発できるかどうかわからない現状では、高齢者にBCGを接種するのも一つの方法だと思う。BCG接種とコロナ感染症致死率の関連性は当初から指摘されていたが、日本には科学がない。BCG接種は何十年にわたって行われていたので、副作用(副反応)についての情報も蓄積されている。できるかどうかわからないことはやらない日本の発想を変えよう。