人工知能を賢くするにはデータというエサが必要だ?!

内閣府の「AIホスピタル」プロジェクトのディレクターに指名されて3か月が経過した。「AI=人工知能」で思い描く「人工知能」があまりにも多様で日々驚くばかりだ。私は、周辺の医師や弟子たちとの会話から、医療現場での補助機能や最先端医療・医学の教育システムとしての人工知能を重要と考えていたが、多くの人は、データベースからAIは始まると思い込んでいるようだ。大腸がんの増加を背景に、空間を認知しながら、安全に素早く大腸内視鏡を自動的に盲腸まで誘導するAIなど重要だと思うが、どうもかなり突飛な発想のようだ。

 

こんな状況下で、多くの情報を入手しようと思って、AIの講演会に参加した。その場での「AIを賢くするにはデータというエサが必要だ。日本ではデータを抱え込んでいるので、餓死して、ガラパゴス化している」という言葉が印象的だった。「データを抱え込んでいる」のは同感だが、毒を含んだエサを食べたら、中毒になるのではと思った。情報系に人には、生み出されるデータが毒を含まず、すべて栄養になると信じているようだ。私も、もっと素直にならなければと思うが、この世界に生きるとひねくれてしまうようだ。

 

医療をより良いものにしていくためには、多くの患者さんの正確な医療情報やゲノム情報を収集することが不可欠だ。米国ではネットを通して個人から膨大なデータを収集しているし、民間の医療保険企業も医療情報を収集し、それに独自でゲノム解析を上乗せしている。日本では、医療情報などを国が収集することに懐疑的な声が大きく、なかなか進まない。また、電子カルテシステムから情報を収集するのも結構大変だ。各社の利用しているシステムが異なるのでデータ収集は一筋縄でいかない。

 

ゲノムに関しては、全エキソン解析にはデータを保管する場所がなく、解析するコンピューティングが不足だなどという驚くべきレベルの議論をしている。研究者が個人レベルでする話でも、一研究機関がどうするのかという話でもない。国の中長期的なビジョンの中で議論すべきだが、各省庁に、そして、各部局、各課で確保されている予算だという固定観念や前提に基づいて議論されるので、一定の枠を超えるようなプロジェクトを組み立てることができない状況になっている。

 

セミナーでの、「2029年には人工知能が一人の人間の知能を超え、2045年には全人類の知能を合わせても人工知能に勝てなくなる」という予測を聞かされた時には衝撃だった。人工知能が暴走すると、人類の存在そのものが脅かされそうだ。Googleでは萌えキャラとの会話できるようになっているので、引きこもりが増えるのではないか?は冗談の話ではなく、リアルワールドの話だそうだ。中国では膨大な物流システムに人工知能が運用されている。農業では人工知能が自動的に間引きを行い、人工知能がドローンを使って農薬を散布する。8Kになると人間の目の解像度より高くなり、外科手術を人工知能がロボットを使ってするようになるのは、SFの世界ではなくなってきている。

 

 

人工知能を賢くするにはデータというエサが必要だ?!

内閣府の「AIホスピタル」プロジェクトのディレクターに指名されて3か月が経過した。「AI=人工知能」で思い描く「人工知能」があまりにも多様で日々驚くばかりだ。私は、周辺の医師や弟子たちとの会話から、医療現場での補助機能や最先端医療・医学の教育システムとしての人工知能を重要と考えていたが、多くの人は、データベースからAIは始まると思い込んでいるようだ。大腸がんの増加を背景に、空間を認知しながら、安全に素早く大腸内視鏡を自動的に盲腸まで誘導するAIなど重要だと思うが、どうもかなり突飛な発想のようだ。

 

こんな状況下で、多くの情報を入手しようと思って、AIの講演会に参加した。その場での「AIを賢くするにはデータというエサが必要だ。日本ではデータを抱え込んでいるので、餓死して、ガラパゴス化している」という言葉が印象的だった。「データを抱え込んでいる」のは同感だが、毒を含んだエサを食べたら、中毒になるのではと思った。情報系に人には、生み出されるデータが毒を含まず、すべて栄養になると信じているようだ。私も、もっと素直にならなければと思うが、この世界に生きるとひねくれてしまうようだ。

 

医療をより良いものにしていくためには、多くの患者さんの正確な医療情報やゲノム情報を収集することが不可欠だ。米国ではネットを通して個人から膨大なデータを収集しているし、民間の医療保険企業も医療情報を収集し、それに独自でゲノム解析を上乗せしている。日本では、医療情報などを国が収集することに懐疑的な声が大きく、なかなか進まない。また、電子カルテシステムから情報を収集するのも結構大変だ。各社の利用しているシステムが異なるのでデータ収集は一筋縄でいかない。

 

ゲノムに関しては、全エキソン解析にはデータを保管する場所がなく、解析するコンピューティングが不足だなどという驚くべきレベルの議論をしている。研究者が個人レベルでする話でも、一研究機関がどうするのかという話でもない。国の中長期的なビジョンの中で議論すべきだが、各省庁に、そして、各部局、各課で確保されている予算だという固定観念や前提に基づいて議論されるので、一定の枠を超えるようなプロジェクトを組み立てることができない状況になっている。

 

セミナーでの、「2029年には人工知能が一人の人間の知能を超え、2045年には全人類の知能を合わせても人工知能に勝てなくなる」という予測を聞かされた時には衝撃だった。人工知能が暴走すると、人類の存在そのものが脅かされそうだ。Googleでは萌えキャラとの会話できるようになっているので、引きこもりが増えるのではないか?は冗談の話ではなく、リアルワールドの話だそうだ。中国では膨大な物流システムに人工知能が運用されている。農業では人工知能が自動的に間引きを行い、人工知能がドローンを使って農薬を散布する。8Kになると人間の目の解像度より高くなり、外科手術を人工知能がロボットを使ってするようになるのは、SFの世界ではなくなってきている。

 

 

日本に戻って1か月;これでいいのか、日本のがん医療

613日に日本に戻って、1か月が過ぎた。目が回るような忙しさに加え、この蒸し暑さは大変だ。1か月間、いろいろな方にお会いしたが、期待と厳しい目が背後から突き刺さる

 

昨日は、「がんプレシジョン医療プロジェクト」の発足会を開催した(開催していただいたというのが正しいが)。予想を上回る多くの方に参集していただけた。この会を開催するために尽力いただいた方々に感謝するしかない。来賓の方々のコメントを聞いていた時には、胸の奥底から熱い思いが込み上げてきて、涙が出そうになった。6年前に日本を離れた時の複雑な思いと、昨日の応援メッセージが交錯した。私がどうして日本に戻ろうと思ったのかと頻回に聞かれるが、シカゴにいても送られてきた、患者さんからの多くのメール、それがすべてだ。無神経な医師からの言葉、希望のない日々の苦しさ、わが子の死を待てと言われた親の悶絶するような悲しみ、その暗闇に少しでも灯りを提供したい、単にそれだけだ。日本の患者さんに希望を提供したい、そして、笑顔を取り戻したいのだ。

 

いつまで体力が持つのか自信はないが、倒れるまで走り続けるしかないと改めて心に誓った。手立てがなくなると同時に、希望を絶つがん標準治療は、医療の持つ使命を失った医療だと思う。医療は人を敬愛するところから始まるものだと信じているが、今は、そうではないと感ずることが少なくない。安易に告げる残された時間、それがどれだけ、患者さんの人生の質を下げているのか、それを考えずして医療と呼べるのか?是非、多くの方が考えて欲しいと願っている。

 

この1か月、危機的だと思ったもう一つのことは、個人・企業から失われつつある情熱だ。研究費がもらえれば、社内で認められれば・・・・をしたいという声の多さに愕然とする。自らの情熱で動かそうという気持ちが表現できないのか、伝わって来ないのかわからないが、多くが消極的で、受け身なのだ。研究費や出世が人生の目標では、あまりにも、味気ないのではないのか。自分はどんな足跡を残したのか、それが誇れる人生であってほしい。講演では、市立堺病院での体験をもとに、「絶望の中で生きることの苦悩を知った」ところから私の研究生活がスタートしたことを話したが、この突き動かいしたい気持ちが、もどかしいほど伝わらないのだ。

 

もっとひどいことは、ある医師が、免疫療法を執拗に非難する一方で、米国でのセカンドオピニオンを斡旋する組織と結託していることだ。セカンドオピニオンを受けるだけで百万単位のお金がかかる。自分が臨床腫瘍医でありながら、米国でのセカンドオピニオンを勧めるのはどうしてか?私には理解不能な世界だ。日本で希望がないなら、日本で希望を提供するために尽力すべきではないのか?私の所に来れば、米国の最新医療の情報を提供しますと言うならともかく、海外での高額なセカンドオピニオンを斡旋するなど論外だ。

 

と他人のことを愚痴っていても何も変わらない。患者・医療関係者・研究者・企業が集まって、日本国内で多くの希望が提供できる、そんな明日を目指したい。

頭に来てもアホとは戦うな!

今週の月曜日から、がん研究会・がんプレシジョン医療研究センター所長として勤務している。内閣府のプロジェクトもあり、自宅・内閣府・がん研究会のトライアングルの通勤はかなり体に堪える。シカゴと比較すると気温は少ししか変わらないが、この纏わりつくような湿気はかなり厳しいものがある。移動だけで、日に3時間も使い果たし、想像していたより過酷な日々だ。

 

しかし、懐かしい顔に出会うたびに、「頑張ってください」と言われ、自分の気持ちを奮い立たせるしかない。でも、少なからずの人に、「プレシジョン医療って、オーダーメイド医療とどこが違うのですか?」と聞かれると、答えに窮する。「同じような意味だけど、オバマ大統領には勝てないのです」としか、返事ができず、気持ちは凹んでくる。一市民の言葉など、米国大統領の前では無力だ。

 

20年以上前に「オーダーメイド医療」と命名した際に、築地から「オーダーメイドは英語ではないからテーラーメイド医療にすべきだ」と矢が飛んできた。一般の方にわかりやすい言葉にしたつもりだし、英語の話ではなくて日本語の問題なのだが、「嫌な奴はどんな理屈をつけてでも叩け」の精神だ。日本で2番になってはいけない。世界で10番でも日本で1番でなければならない文化が根付いている。私など、テーラーメイドで背広など作ったことはないので、「テーラーメイド医療」は金持ちの受ける医療というイメージしか残らない。そもそも、オーダーメイドは患者のオーダーによって作り上げるが、テーラーメイドは「テーラー=医師」が中心だ。こんな気持ちでいるから、標準医療=すべての患者にベストな治療だという妄想がはびこっているのだ。世界と関係なく、どうでもいい面子が優先する変な国だ。

 

メディアもこの論争が面倒になってきたのか、お上に逆らわないという本能なのか、「個別化医療」という言葉に活路を見出し、私の「オーダーメイド医療」は死語にされてしまった。患者さんが主役だと言いつつ、「テーラーメイド医療」と言うのは、自己矛盾の塊だ。「テーラーメイド医療」のどこが患者中心なのか、私には全く理解不能だ。

 

とぼやいていたら、「頭に来てもアホとは戦うな!」という表題の本が目についた。思わず購入してしまったが、このタイトルを見ただけで、気持ちが安らいだような気がした。「何がわからないのか」をわからない人と話しても消耗戦になるだけで、気の弱い私など衰弱してくるに決まっている。赤い色のサングラスをかけている人に白い紙を見せても赤色にしか見えない。メガネを無理やり外せば、パワハラだ、暴力だと言われる。心優しい私には、そんな乱暴なことができるはずもない。

 

そして、私の戦う相手は「がん」だと自分に言い聞かせていた時に、10代の患者のお父様から感謝のメールが届いた。患者さんは死に直面した崖っぷちから回復しつつある。読んでいて涙が止まらなくなった。私が生きている間に、がん患者さんや家族に希望を提供するだけでなく、笑顔を取り戻す日が来るかもしれない。

 

日本人の3人に一人ががんで亡くなっているのだ。もっとまともな政策論争ができないものなのか!やればできることを、何故、しないのか、不思議の国アリスだ。野党は安倍内閣に対する倒閣しか頭にないようで、国会のワイドショー化が止まらない。これでいいのか、日本の政治は!

緊急のお願い

71日以降も利用できるはずであったシカゴ大学のメールアドレスが、本日午後突然使えなくなりました。

 

これまでご相談を受けておりました患者さんやご家族の皆様、申し訳ありません。このような事態も恐れておりましたが、油断しておりました。何かありましたら、下記のメールにご連絡ください。

 

また、612日以降にアポイントメントを入れさせていただいた皆様も、申し訳ありませんが、再度ご連絡いただければ幸いです。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

 

他の皆様も、今後、下記メールアドレスにお送りいただきたく存じます。

 

中村祐輔

yusuke.nakamura@jfcr.or.jp

「死のロード」から垣間見た「日本の死の谷」

ようやく、死のロードが終わった。土曜日の朝6時に家を出て札幌へ、日曜日は、朝7時前にホテルを出て東京へ、月曜日は朝6時前に家を出て羽田からソウル、火曜日はシンポジウム、水曜日は朝5時にホテルを出て、東京へ。到着後、ビッグサイトへ向かい(電車で行くと結構不便だ)、午後1時から講演をして、その後、また、羽田に戻り、大阪へ向かい、会議。木曜日は朝75分発の羽田行で東京に戻り、運転免許試験場へ。ようやく、日本の免許証をゲットし、そして、内閣府で「AIホスピタル」の記者懇談会、そして、友人と会食。今朝は、1週間ぶりにわが家で朝食を食べた。飛行機の中で、スライドの準備、論文の校正と、寝る間もなく過ごしたが、意外に大丈夫な感じがする。

 

日韓で多くの話を聞いたが、遺伝性乳がんの遺伝子診断、乳房の予防的切除などは、日本の方が遅れている。遺伝性乳がん遺伝子診断は日本では自費だが、韓国では一定の条件を満たすと国がカバーしてくれる。そして、遺伝性乳がんで片方の乳腺にがんが見つかった場合、対側の乳腺の予防的切除も保険でカバーされる。バカ高い遺伝子パネル検査が日本でも始まっているが、分子標的治療薬が見つかった際の薬剤利用が公的保険でカバーされるのかどうか、最近になって議論を始めたそうだ。遺伝子診断の先に何が起こるのか、2歩先のことさえ、考えていないお粗末な状況だ。

 

もし、パネル検査で偶発的に遺伝的な異常(遺伝性乳がん・卵巣がん遺伝子異常など)が見つかった時に、その人が予防的切除・乳房の再建術を求めた場合、そこまで国として責任を持つ施策が必要だと思う。韓国のシンポジウムで、聖路加病院の山内先生がデータを示したおられたが、予防的切除の費用対効果は高い。

 

ビッグサイトでAMEDの話も聞いたが、研究予算をどのように配分しているのかが中心だった。5102050年先に医療がどのように変貌しているのかをシミレーションをして施策を考える必要があると思うのだが、どのような姿を描きながら、施策を決めているのかわからないままだった。

 

医学研究から医療への応用も、20年前と同じ議論が繰り返されている。大学が創薬のシーズを見つけ、企業がそれをもとに薬剤を開発するなどの絵空事は変実世界では通用しない。その間には死の谷どころではなく、大きく深い溝、いや、断裂がある。ボトムアップでなく、トップダウンの戦略が不可欠だ。

 

(今となっては、懐かしい風景)

f:id:ynakamurachicago:20180629085644j:plain

 

 

標準療法と個別化療法-2

土曜日は、午前530に家を出て札幌に行き、日曜日は午前630分にホテルを出て羽田に戻った。今朝は午前6時前に家を出て、羽田空港の国際線まで電車を乗り継ぎ、今、ソウルにいる。シカゴに行く前の生活に戻ったようだ。体はきついが、土曜日の夜は中村研究室出身の北海道在住者13名が集まってくれて同窓会をし、楽しいひと時を過ごした。大学に残って頑張っている人、地域医療に貢献している人など、それぞれの責任は異なっているが、成長してたくましくなった顔を見て頼もしく思った。彼らが患者の会と協力してがん医療を変革してくれることを願っている。

 

そして、前々回の「標準療法と個別化療法」の話題に戻る。この話題に関連する岩手医科大学の藤岡先生と木曜日の夜に食事をしながら、あの時、もう少し頑張っていればと後悔が残った。研究内容は以下の通りだ。膀胱がんの標準化学療法として4つの抗がん剤併用のMVAC療法があったが、2剤併用のCaG療法が少し効果が高く、副作用も軽度だったので、CaG療法に置き換わった。藤岡先生のグループと我々の共同研究で、15年前からMVAC療法の効果予測法を研究していた。遺伝子の発現情報を元に、効きそうな患者群を見つける方法を発表した。ちょうどその頃、CaG療法の結果が報告され、標準療法が代わっていった。

 

しかし、CaG療法についても検証し、MVAC療法に効きそうな患者さんと、CaG療法に効きそうな患者さんが、重なるのかどうか調べた。その結果、両群がなり異なる可能性が示唆された。下図は、まだ、エビデンスとは認めてもらえないが、おおよその分類だ。CaGに効果があると期待されるのが57%MAVACに効果があると期待されるのが43%で、重なり(どちらに対しても効果があると期待される)が26%である。標準療法としてCaG治療を受けると57%の患者さんは効果が期待できるが、17%の患者さんが最適の治療法を受けられなくなる可能性がある。26%の患者さんは両方に効果が期待できない。

f:id:ynakamurachicago:20180625231400j:plain

 

しかし、標準療法が絶対的に正しいと信じている信者には、このような科学的思考法が受け入れられないのが実情だ。がんゲノム医療として、分子標的治療薬を使い分けようとしているのに、旧来の抗がん剤治療は、集団で求めた結果を科学的な標準療法として、絶対服従を強要している。頭の中が、支離滅裂だ。旧来の抗がん剤治療でも、患者さんの臨床情報とゲノム情報を組み合わせれば、薬剤の使い分けができ、最適の治療法を受けるシステムの確立と意味のない無駄な治療法の回避ができるはずだが、これを理解してもらうのは、人間を火星に送り込むことより、難しいと思う。

 

韓国では、大統領や首相が定期的に懇談会を開き、医療、AI,ゲノム、ビッグデータなどについて意見を聞いているとのことだ。中国でも習主席がこの分野に注力している。これいいのか、日本という国は?坂の上の雲を目指す人はいないのか?