どうする日本のAI医療!

今年元旦のNature誌に「International evaluation of an AI system for breast cancer screening」(乳がん検診でのAIを利用した国際的な評価)、そして、Nature Medicine誌の1月号に「Near real-time intraoperative brain tumor diagnosis using stimulated Raman histology and deep neural networks」(ほぼリアルタイムでの、Raman法と深層学習を利用した手術中の脳腫瘍診断)と人工知能(AI)の臨床応用を目指した2つの論文が掲載されていた。

おそらく、AIによる画像診断は急速に、医療の広い分野で実用化されるだろう。乳がんのAI診断については、いずれその時が来ると考えていた内容なので、あまり驚きはしなかった。米国と英国の共同研究だが、結果として擬陽性が5.7%と1.2%(それぞれ、米国と英国)減り、偽陰性が9.4%と2.7%減少したとのことだった。おそらく精度はどんどん上がっていくだろう。見落とし(偽陰性)は、次の検診までの間にがんが進行するというので大問題だが、擬陽性はバイオプシーなどの不要な検査につながるので被験者にとっても医療側にしても負担が増える結果になる。それでも現状よりは改善されそうだ。

しかし、精度が高くなっても、医療費の観点から考えると、すべての女性に毎年検査をするのは無理だろう。やはり、遺伝的なリスクや生活要因リスクなどを考慮した個別化検診システムの導入が不可欠ではないだろうか?そして、そのようなリスク診断にもAIが利用されるに違いない。

そして、少し驚いたのが、二つ目の手術時の迅速病理診断をAIが行うという論文だ。手術の際に手術室で採取された試料を用いての病理診断は日常的に行われていることだ。この論文で紹介された内容は、手術室に持ち込んだ小さな機械(といってもホテルの部屋に置かれているような小さな冷蔵庫程度のサイズだが)に手術で採取された組織を小さく切って機械に入れるだけだ。すでにその模様をYouTubeで見ることができる。

https://labblog.uofmhealth.org/health-tech/artificial-intelligence-improves-brain-tumor-diagnosis

250万の脳腫瘍のイメージ画像を機械学習して、細胞の大きさや形、核の大きさなどから、がん細胞の有無を判定するシステムで、すべて(機械に組織を入れてから診断するまで)の時間が約2.5分という優れものだ。もちろん、多くの病理診断で行われている細胞を色素で染めるような必要はない。私は人工知能と高解像度画像(4Kではなく、8Kや16Kの画像)で、これまでは見えなかったようながん細胞の特徴や他の疾患の病態が明らかになってくると信じている研究者の一人だ。日本の持つ画像技術を人工知能と組み合わせれば、まだ勝機はあると思うが、発想が小さすぎては海外に追いつけない。

20年前には一人の人間のヒトゲノム情報さえ、明らかになっていなかった。それが今や、10万円弱で一人のゲノム情報を得ることができ、われわれのがんに関する理解は100万倍くらい増えた。新しい技術が生まれれば、病気に関する理解が格段に深まる。そして、病気を克服するための道を切り開くことができる。新しい技術を生み出す原動力は、今わかっていないことを明らかにしたいという好奇心だ。残念ながら、今の若者は研究費を獲得するための口実を探すことに汲々としている。評価が歪めば、研究者の姿勢も歪んでしまう。今が踏ん張りどころだ。

f:id:ynakamurachicago:20200114220212j:plain

 

評価する人が公平・公正でない科学の世界は健全か?

昨年1220日のScience誌に「Rude reviews are pervasive and sometimes harmful, study finds」というコメンタリーが出ていた。ある発表論文が、「質の悪い論文審査が広がり、時として有害である」ことを指摘したことを受けてのコメントだ。

 確かに、投稿した論文に対する的外れで理不尽なコメントが増えてきていると実感している。論文に書かれていることを、ちゃんと読んでいないことが明らかであるコメントも少なくない。科学の世界が健全に発展していくには、健全な批判・批評が極めて重要だ。しかし、現実の世界を見ると、背景にある個人的な感情・偏見が、論文の評価に影響を与えていることは少なくないというか、増えてきた。

一般的には、論文を評価する際には、どのように改善すれば、投稿された雑誌に発表されるにふさわしいレベルに達するのを考えて評価する。読んでみて、箸にも棒にもかからないような内容の論文に対しては、科学的に見て決定的に致命的な問題点を簡単に書いて、この雑誌にはふさわしくないと返事するだけでいい。ただし、これを正しく行うには、投稿された雑誌にふさわしいレベルかどうかを識別する能力が必要だ。その論文内における新しい発見が、非常に斬新なのか、過去の知見に比べてわずかな進歩なのか、他の論文結果を確認しただけなのか、論文の内容をしっかりと判断することが不可欠だ。投稿する側も自分たちのデータがどのレベルなのかを判断する責任はあるのだが、過大評価のものが多い。

そして、最終的な判断を下す編集委員の質も著しく低下している。評価者の求めることをクリアするのに6ヶ月―1年の追加実験が必要であるにもかかわらず、定型的なコメント内容で2ヶ月以内に論文を再投稿せよと言ってくることも多くなった。最終的な論文の採否を決める責任者は、著者に対して大きな責任を背負っているのだが、その意識がない人も少なくない。

そして、サイエンス論文は、偏見に基づく乱暴な論文審査の悪影響を指摘している。興味深いことに、偏見と思われるようなひどいコメントを受けた経験のある研究者の割合は、白人男性研究者には少ないが、女性や有色人種の研究者には理不尽な扱いを受けた経験のある(と考えている)人が多いようだ。”I didn’t read the manuscript because I’m sure it’s full of bad English.というコメントを受けた著者もいたと述べられていた。ここでは書けないようなスラングで罵倒された著者もいたようだ。私も米国人の共同研究者と論文をまとめ、彼が丁寧に直してくれた論文の英語の質が悪いとのコメントを受けたことがある。これなど、責任著者が日本人ということによる偏見の一種だ。

出版社によっては、質の低い評価者のブラックリストを作成しているところもあるが、もちろんこのようなシステムは必要だ。そして、スラングのようなコメントを著者に送りつけるような雑誌の編集委員の質も問題だ。数年かかってまとめた論文に対して、編集委員が何のチェックもせずに罵倒するようなコメントをそのまま著者に送るのは論外だと思うが、編集委員という肩書は欲しいが、その責任を果たしていない人がいるのが現状だ。

これは、論文審査の場合だけの問題ではない。国の研究費の審査でも、公平な評価が損なわれている。内容を全く読んでないとしか考えられないコメントで低い評価をつけた人が少なくない。再三再四、指摘してきたように、日本には評価者を評価する仕組みがない。研究費の審査の質は、国の将来に影響するが、この国だけではなく、科学の世界からは公平・公正という言葉が失われつつあるような気がしてならない。

f:id:ynakamurachicago:20200110115340j:plain

 

あんたら、覚悟しいや!

明けましておめでとうございます。

Ghosn(ゴーン) has goneで幕開けの1年となりました。

2019年の最後に日にゴーン(Ghosn)がまるで映画の世界の出来事のような形でレバノンにgoneしたというニュースが飛び込んできた。年末から年始にかけてワイドショーだけでなく、普通のニュースも限られているので、ネットニュースでしか状況がわからないが、「ミッションインポッシブル」を見ているようだ。

2020年はどうなるのか?北朝鮮も、米中関係も、米国の大統領選挙も、気候変動も、世界中が流動的な情勢だ。酷暑の中での東京オリンピック、パラリンピックも心配だ。

私は、このブログでも触れたが「Deep Medicine」という英語の本を日本語に翻訳する手伝いをしていて年始も忙殺されている。人工知能の医療現場への導入が始まっている現状と課題をわかりやすく紹介した本だ。私は、外科医としてスタートし、その後、救急診療、分子遺伝学、人類遺伝学、がん研究、ゲノム研究、免疫療法研究、オーダーメイド(個別化)医療、ゲノム医療、プレシジョン医療、そして、人工知能による医療改革と、よくもこんなに幅広く取り組んできたものだと思う。各段階で、今がん医療に必要なことは何かを考えて、漂ってしまった。しかし、医療を広く知る意味で有意義な人生を送ってきたと、後悔はしていない。

最近、機内で「コードブルー」劇場版を見たが、昭和53年の自分が蘇ってきた。腫瘍外科医のときも、救急医療医の時も、小豆島で働いていた時も、記憶に残っている患者さんは、数人の患者さんを除き、ほとんどが死を看取った患者さんのことだ。映画で「亡くなった患者さんから学ぶことが大切だ」という趣旨のことを言っていたが、その通りだと思う。「これでよかったのか?」「救う方法がなかったのか?」という素朴な疑問が医療を進歩させてきたのだ。

日本に戻って1年6ヶ月、この素朴な疑問が通じない日々を送り、五里霧中の中でさまよっている。この歳になると残された時間を考えながら、人生の総仕上げを考える必要が出てくる。霧が晴れない中で、自分の直感に頼って方向を定めて歩むしかない。といっても、直球しか投げられない性格なので、前に向かって進むしかないのだが。

新年を迎えての目標は、がん治療革命の端緒に結び付けることだ。ネオアンチゲン療法、リキッドバイオプシー、人工知能のトライアングルを固めていくことだ。口で言うのは簡単だが、大きな壁にぶつかって、今年中に「Yusuke Has Gone」になるかもしれない。革命とはソフトランディングができない状況を指す。旧体制をぶち壊し、全く異なる体制を樹立するのが革命だ。やるか、やられるかの闘争の世界だ。中途半端に死んでいくより、潔く散る「同期の桜」が似つかわしいと信じている。「これでいいのか、日本のがん医療」と文句を言うだけで終わらず、「ぶっ壊せ、日本のがん医療」元年にしたい。

そういえば、救急医の時代に、山口組―松田組の抗争の余波で、ピストルで撃たれた患者さんが運ばれてきたことがあった。岩下志麻さんと同じ時に紫綬褒章を頂いたのも何かの因縁があるように思えてならない。「あんたら、覚悟しいや!」

f:id:ynakamurachicago:20200102002805j:plain

 

f:id:ynakamurachicago:20200102002934j:plain

 

エビデンスに基づく医療から、医療に基づくエビデンスへ

日本に戻り18か月が過ぎた。技術が大きく進歩する中で、人々の考え方が、技術について行っていない。「エビデンスに基づく医療」が絶対視されているが、今翻訳中のある本の中に、標題である「エビデンスに基づく医療から、医療に基づくエビデンスへ」という文言が出てきた。

現在の医療で「エビデンス」と言えば、多くの場合、集団(新薬群あるいは新規治療法群)と集団(コントロール群)を比較して得られた結果のことを指す。がんの標準療法など、大半がこのような形で医療現場に取り入れられてきた。あくまでも、大きな集団で比較すると、どちらが望ましいかというレベルの「エビデンス」だ。

この本で(出し惜しみするようだが)述べられていたことは、私の主張してきたことと同じで、臨床医に本当に必要なのは(そして、患者さんにとって最も重要なのは)、目の前の患者さんに提案しようとしている治療法が、効くかどうかである。ステージ4のXXがんは、この治療法が標準療法で、プロトコールに書かれている治療を受けると5年生存率が20%だ」と説明で十分だとの考えは時代遅れになる。

個別化医療、ゲノム医療などが重要だと言っている人たちが増えてきたことはいいことだが、真に「ゲノム医療」の目指すものを理解しているのかどうかははなはだ疑問だ。目の前の患者さんにとって、これから提供する治療法が85%の確率で有効なのか、15%なのかを予測できてこそ、ゲノム医療、個別化医療、オーダーメイド医療なのだ。 

個々の患者さんに提供した治療法から、個々の患者さんについてのエビデンスを理解する所から、今後の医療の進歩が生まれる。20世紀から21世紀に移り、すでに20年近い歳月が流れた。しかし、医療に従事する人の意識はほとんど変わっていない。集団統計学が、医療の根幹をなす時代は終わりつつある。ビッグデータから個の医療を考える時代に、何をすべきなのか、それを見つめ直すことが必要だ。

 

そして、これを成し遂げるには、若い人の活動が不可欠だ。

f:id:ynakamurachicago:20191223222846j:plain

 

何もしないことは患者を見殺しにすること!?

「ドクターX」最終回を見た。大門未知子医師の「何もしないことは、患者を見殺しにすることよ!」、手術室の看護師の「命の前で迷っている人は医師ではない」という言葉が心に残った。もし、何もしなければ、半年後に100%確実に死がある患者さんが、1%でも可能性のある治療法に賭けてもいいと言い、家族がそれを願った時でも何もしないのが医療なのか、と私も思う。もちろん、テレビの世界のドクターXは失敗しないので、そんな気楽なことが言えるのだという人が多いだろう。しかし、心臓移植も、骨髄移植も失敗から学んで、医療として定着した。その成功に必要なのは、科学的な思考力だ。

西田敏行が演じる院長が「実験的手術をした奴は、医師の風上にもおけん」と大門医師を非難した時、院長の姿が、昔の魚市場の近くにある病院の、標準治療絶対の権威主義者と重なって見えたのは私だけだろうか?医学が急速に進化していることにも気づかず、10年前の米国の医療を追いかけているだけで日本が救えるのか?

しかし、新しい医療に挑戦する課題は、医療関係者だけの問題ではない。日本には何も考えない馬鹿メディアという大きな壁がある。数年前、何もしなければ確実な死が待っている患者に対して、その患者さんたちを救おうと挑んだ医師がいた。確実な死が待っていた患者の半数が救われたにもかかわらず、馬鹿メディアが「半数が亡くなった」と非難して、日本の財産を潰してしまった。宇和島の病腎移植をした医師を、私がたたえた時も、まるで医師を犯罪者扱いしたメディアと真っ向から対立した。今や、病腎移植は先進医療として認められている。しかし、メディアの反省の声は聞こえてこない。

さらに、彼らは、風疹ワクチンも、副反応のようなものが起これば役所を非難し、風疹が流行すれば、また、何をしているのだと役所を非難する。子宮頸がんワクチンも、ストップさせ、ワクチンを行っている国では子宮頸がんが減ってきているにも関わらず、日本だけ、その頻度が高止まりしている。何もしないだけでなく、明らかに日本の公衆衛生行政を歪めているが、自己責任の欠片もない。治療法のない重篤な病気だ。

日本ではCAR-T細胞療法を受けることができない小児がん患者が、中国で治療を受けているという話を耳にした。これまでは先端的医療を求めて米国に向かっていたが、CAR-T細胞療法は、その治療を受けるだけで5000万円の経費が必要で、その他の経費を含めると1億円くらいかかってしまう。特許があいまいな盲点をついて、中国では数百万円でできるのだそうだ(価格については、伝聞であるので確証はないが、患者さんが中国で治療を受けているのは事実だ)。目の前に救える命があるのに救えない。がん遺伝子パネル検査を保険で受けても、見つかった薬が保険で利用できない。「桜」で大騒ぎする時間があれば、「命を救う」ことに時間を費やせないのかと思う。

「がん医療は、画像処理などを含めた人工知能、ゲノム情報を利用した免疫療法・リキッドバイオプシーなどの活用によって激変する」と予測している。オーダーメイド医療を提唱したのが1996年で、それが根付くまでに20年以上かかったが、今回は5年で変化が起こると考えている。もっと、議員たちは「命」をどうするのかに時間をかけて議論をして欲しいものだ。「コンクリートから人へ」はどこへ行ったのか。「人の命より桜なのか」?

f:id:ynakamurachicago:20191219225815j:plain

 

新竹・台北訪問:若者のけがれない笑顔に救われる

今、台北にいる。水曜日夕方に台北と台中の中間に位置する新竹にある行き、木曜日の昼にNational Chiao Tung University(国立交通大学)で講演をした。終了後、すぐに台北に向かい、4時からAcademia Sinicaで講演をした。いずれも200人くらいの会場だったが、かなりの立ち見が出る盛況だった。前者は「内閣府のAIポスピタル」の紹介、後者は「免疫ゲノム学と免疫療法」も話をした。そして、今日の午後は台湾のFDA(医薬食品局)でFDAの職員に「がんプレシジョン医療と免疫療法」の話をした。

 

1時間以上の講演を2日間で、少しの重複はあるものの、半分以上が異なっている3回もするのは少し厳しかったが、木曜日はシカゴに来ていた学生の招待、今日は理化学研究所に滞在していた学生の招きなので気力を振り絞って講演した(昔は平気だったが、さすがに最近はこの日程は体に堪える)。国立交通大学の弟子は、昨年助教授として採用された人で、台湾FDAでの講演を依頼してきたのは、台北医科大学の教授だ。かつての部下と会うのも懐かしいし、彼らを励ますことができるのは楽しいことだ。そして、多くの質問があり、一つ一つに丁寧に回答したので、講演会の総時間は90分程度になってしまった。

 

この歳になると、自分の研究よりも、かつての弟子や若手研究者を励ますことも重要な役割だ。学生だった人の学生である若者数人が日本に来て勉強をしたいと言ってきた。これは私の弟子が、私の研究室での経験をポジティブに学生たちに伝えているからであり、少し誇らしげな気持ちになった。研究室が狭いので、すぐに受け入れるのは難しいが、何とかしたいものだ。台湾に来ると気候が穏やかで、人々はフレンドリーで、食事もおいしいので、いつ来ても、心が温まる。今度来るときは、交通大学の学生たちとミーティングをして、研究指導することを約束した。そういった時に嬉しそうにしてくれた学生たちの笑顔に心が洗われた。

 

日本では週刊誌で内閣府の首相補佐官と厚労省の審議官とのスキャンダルが話題になっているようだが、日本の政治家も官僚もメディアの人にも、ここにきてこの国の学生たちの前向きで真摯な態度に接して、心を清らかにして、前向きな議論に取り組んで欲しいものだ。

f:id:ynakamurachicago:20191214004030j:plain

 

真珠湾攻撃から78年目;無謀な攻撃から何を学んだのか?

今日、真珠湾攻撃から78年目の記念日を迎えた。そして、私は歳を一つ重ねることになった。私の生まれた年に、サンフランシスコ平和条約が発効し、日本は再び独立国としての道を歩み始めた。しかし、今でも横田基地の上空を含む空域は、米国の管制下に置かれている。飛行機が羽田を飛び立ち、真っすぐに西へ向かえないのも、西から羽田に向かうと、房総半島から回り込まなければならない理由もこれにある。自分の国を単独で守ることができない現状では仕方がないのかもしれないが、自分の国を自分で守るための議論さえできないのが日本という国なのか?国会がワイドニュース化していて、劣化が著しいと思うのは私だけなのか?

 

がん治療も、多くの患者さんや家族は、自分の命を守るために自分のがんの状況を詳細に知ることもなく、標準療法という名の治療を受けている。私は、現在の標準療法は、20世紀の遺物に近いものであると思っている。遺伝子パネル検査を受けて、分子標的治療薬を見つけ出すことが21世紀の医療であると信じるならば、それぞれの患者さんのがんの個性を知り、その患者さんに合った治療を提供することが科学的であると理解できるはずだ。標準療法が目の前の患者さんに最適だと信じている人たちの科学リテラシーはどうなっているのだろうか。

 

個々のがんの個性を知るにはどうするのか?今や、個々の患者さんのがんの個性を垣間見るには、ゲノム解析、発現解析、プロテオーム解析等多くの情報を統合すれば、完全ではなくても、ある程度のグループ化はできるはずだ。人工知能を応用したCT画像の診断、病理画像の診断ができる時代になりつつある。この流れで、がんの最適治療薬を見つけるために人工知能が応用できるはずだ。人工知能に入力するゲノム・遺伝子情報には、教師付き情報(あらかじめ正解=治療法による効果がわかっている情報)の場合や、まったく何の臨床情報も与えずにゲノム・遺伝子情報に基づいてがんを分類する教師なし情報を利用する場合などが想定されるが、やってみる価値があると信じている。

 

また、がんの個性を規定している情報は、AGCTという遺伝暗号の変化だけではなく、いろいろな遺伝子の働きを制御している要因の解析が不可欠である。それで、全ゲノム解析が必要だと言っている研究者は多いのだが、全エキソーム解析+遺伝子発現情報解析(トランスクリプトーム解析)をすれば、全ゲノム解析情報で知りたい情報などすべてカバーされるはずだ。そして、これだけ世界中でゲノム解析が進んでいる状況で、日本で行われようとしている全ゲノム解析で新たな創薬対象がみつかるとは思えない。10年先の新薬よりも、今の抗がん剤治療や免疫チェックポイント抗体薬の使い分けなどが喫緊の課題だと思うが、そんな声は届かないようだ。

 

78年前、敵の力を考慮することもなく、無謀な戦争に突入して、日本は焦土と化した。米国の広大な領土とその豊かさの一片でも知っていれば、数百万人単位で亡くなる悲劇は起こらなかったはずだ。戦略・戦術のないがんゲノム解析で日本は欧米に追い付けるのか?78年前の無知と無謀が招いた悲劇を反省して生かすことができないものなのか?

f:id:ynakamurachicago:20191208213246j:plain