花咲く日がだんだん遠ざかる日本-30;愚策中の愚策・電車の間引き運転

コロナ感染対策は、愚策・悪手の連続だが、その最たるものが先日取り上げた通勤電車の間引き運転だ。人流を減らすために、電車の本数を減らすことが有効だと考えたようだが、信じがたいような愚策だ。

電車に乗って通勤しなくとも生活できるなら、このコロナ感染下では通勤したくはない。しかし、必要があるから通勤電車に乗るのだ。今朝は混雑がひどかったので、JR東の間引き運転は今日だけで終えるとのことだ。電車を20%減らせば、混雑が増すのは当然だ。誰かが思いついたのだろうが、この非常識が実行されるのが、日本の病根となっている。

残念だが、日本には春が来そうにない。

f:id:ynakamurachicago:20210506180639j:plain

f:id:ynakamurachicago:20210506180936j:plain

f:id:ynakamurachicago:20210506181036j:plain