膀胱がんに対する抗がん剤治療;温故知新

日露関係が一歩進みそうだ。相手の大統領は曲者なので、油断はできないが、ベストより、ベターでいいのでは?四島一括返還が大前提と言うが、大半の日本人は「そんな事が叶うはずがない」と思っている。現状を理解していれば当然だ。言霊主義にも限度があると思うし、一歩目がなければ、二歩目はないのだから、現実的な判断ではないかと思う。しかし、これって、鈴木宗男氏が提案していたものではなかったのか?

 

もはや、戦後73年で、その間、ソ連・ロシアの実効支配が続いているし、1万人以上のロシア人が暮らしている。1956年の日ソ共同宣言からも62年を経ている。戦後に生まれた私でさえ、あと何年生きることかをできるかを考える年齢に達しているのだ。日韓の問題もあるが、いい加減に、「戦後」が終わって欲しいものだ。

 

そして、今日は、膀胱がんの術前化学療法についての話題だ。JAMA Oncology誌に「Downstaging and Survival Outcomes Associated With Neoadjuvant Chemotherapy Regimens Among Patients Treated With Cystectomy for Muscle-Invasive Bladder Cancer」というタイトルの論文が掲載されている。筋肉層まで浸潤している膀胱がんに対する3種類の術前化学療法について報告したものである。824症例の膀胱がん摘出術を受けたステージ2以上の膀胱がん患者を対象として、術前化学療法の種類別に有効性を比較した結果だ。

 

ダウンステージ(化学療法によってがんが縮小し、ステージが2期や3期からから2期や1期へ下がるような場合)、完全緩解(完全にがん細胞が消える)、全生存率を比較したデータである。15年位前に、岩手医科大学の藤岡知昭教授のグループと共同で遺伝子発現情報データをもとにMVAC療法(メソトレキセート・ビンブラスチン・アドリアマイシン・シスプラチンを併用した抗がん剤治療)の効果予測法を研究していたので、この論文が目に留まった。MVAC療法に対する予測法をまとめ上げた頃に、GC療法(ゲムシタビンとシスプラチン)、あるいは、CaG療法(カルボプラチンとゲムシタビン)が広く使わるようになって気落ちした記憶がある。

 

それでも、気を取り直してCaG療法の効果予測法を構築し、MVAC療法とCaG療法が効く患者集団がかなり異なっていることを報告した。やってみないとわからない治療法を提供するよりは、効く効かないが80-85%の確率で予測できる方がいいに決まっている。しかし、ある程度の規模の臨床試験で確認するだけの予算もなく、残念ながら、診断法としては確立できていない。

 

と、いつもの愚痴は忘れて、本論に戻そう。この論文のMVAC療法は従来のものではなく、ddMVAC療法だ。ddとはdose-denseの意味で、抗がん剤の投与期間を短くするることで、抗がん剤の濃度を高く維持して、より効果的にがん細胞を叩くことができるとの考えによるものだ。

 

824名の膀胱がん患者のうち、332名の患者が術前化学療法(ddMVAC,GC, CaG、その他)を受けた。内訳は、GC療法204名、CaG32名、ddMVACが46名、その他50名であった。私的な医療保険を持っていた患者さんでは42%が術前化学療法を受けていたのに対して、メディケア保険加入者では31%であった。これがアメリカだ。

 

摘出した膀胱にがんが見つからなかった(消えていた)患者さんの割合は、ddMVACGCCaGで、それぞれ、41%、25%、9%となっていた。ダウンステージが認められた患者さんの割合は、ddMVACGCCaGでそれぞれ、52%、41%、27%であった。かつて、MVACGCでは有効性に差はなかったと報告されていたが、集中して抗がん剤でがんを叩くddMVAC 療法は従来のものとは違うようだ。そして、生存率で見ても、ddMVAC療法がかなりよく、3年後での全生存率はddMVACGCでは約80%と60%弱の差があった。

 

MVAC療法はGC療法と比べて効果は同じだが、副作用が強いので、劣った治療法だというのがこれまでのエビデンスだ。ここで思考停止してしまい、この論文にあるような科学的な思考で、より高い治療効果を求める姿勢がなければ、この成果はない。日本に欠けているのは、がんを治癒させたいと思う信念を持つことと、科学的な思考でがんを治そうとする手法を目利きできる人材だ。もちろん、治癒させるための戦略とそれを実行するために必要な予算も必要だ。今の仲良しクラブ的な研究支援体制・研究費評価体制で、それが実現できるはずもない。

 

そして、ddMVAC療法にしても、GC療法にしても、効果を期待できる患者さんは半数前後しかいない。10年前のMVACCaG効果予測法が、ddMVAC療法に応用できるかどうかわからないが、ぜひ、岩手医科大学泌尿器科のメンバーには抗がん剤使い分け法の確立に向けて頑張ってもらいたい。

f:id:ynakamurachicago:20181116220055j:plain