読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんプレシジョン医療;がんの治癒を目指して(3)+シカゴ5周年

今日はシカゴに来て5年目の記念日だ。いろいろな想いがあって日本を飛び出し、矢のように時間が流れた。日本にそのままいれば、定年後の生活を考え始めていたのだろうが、米国の実情を知り、日本を遠くから眺め、日本のがん医療の将来に対する不安がますます募ってきた。しかし、正直なところ、心の中には、「人の何倍も働き続けてきたのだから、もう、若い世代に任せて静かに過ごしたら」という私と「日本の患者さんのために、倒れるまで、なすべきことをすべきだ」という私が混在している。歳を取ったためか、体調のいい日は頑張ろうと思うのだが、体調の悪い日は弱気になる。そんな時には、患者さんから頂いたメールや手紙を読み返しては自分を鼓舞している。3月18日の大阪での講演会の際に10代のがん患者さんのお父様から、患者さんの手書きの手紙を頂いた。読み進めるうちに目が潤んできた。私の研究成果を待ち望んでいる人のために、重い荷を背負って歩き続ける責任があると改めて感じた。たとえ、それが一人であっても。

話をプレシジョン医療に移す。がん医療の質の更なる向上のためにも、医療費増加抑制のためにも、がんのプレシジョン医療体制の確立が不可欠だが、全体像を俯瞰的に考えることのできる人材が日本には少ない。先週の日本滞在中に、中国のiCarbonX・韓国のTheragen・米国のThermo Fisherの幹部たちと会合を持ったが、ヘルスケアからメディカルケア、そして生命保険・医療保険まで含めて幅広い議論ができた。しかし、日本人の研究者とは話がなかなかかみ合わない。自分の研究の延長戦上の議論しかできないように思えてならない。

f:id:ynakamurachicago:20170330030941j:plain

(メディファックス ウェブ;医療の「希望」を信じてー米国からの便り(6)より)

 

医療費の増加が必然の高齢化社会を乗り切るためには、ゲノム情報などを利用したプレシジョン医療が絶対的に必要だ。がんに限らず、病気の予防(ヘルスケア)、早期発見・早期治療は医療費の削減につながるはずだ。そして、塩崎大臣が力を入れている、厚生労働省のゲノム医療会議の資料を期待を持って読んだが、あまりにも視野狭窄で愕然とするしかなかった。これでは3周くらい遅れているトラック競技で、必死で追いすがっているレベルだ。もっと世界に目を向けて、将来起こりうることを想定しないと、世界をリードすることなど夢物語だ。

特に、私はリキッドバイプシーはがんの医療体系を変えると思っているが、日本ではそうでもないらしい。リキッドバイオプシーは

(1)がんのスクリーニング

(2)がんの再発モニタリング

(3)がんの治療効果(薬物療法・免疫療法)の判定

(4)治療薬耐性の判定

などの低侵襲の診断法としてかなり威力を発揮すると考えている。もちろん、完璧ではないが、合併症リスクの低くない内臓のバイオプシーなどに比べれば、かかりつけの医療機関で簡便に採取できるという利点を持っている。日本には、海外に比してCTやMRIなどの診断機器が溢れているので、これらの検査を比較的簡単に受けることができるが、これらの検査の手間を考えれば、血液である程度診断できれば、専門医療機関へのアクセスが悪い患者さんにとってもメリットが大きいはずだ。

ゲノム医療が医療の現場で活用されるようになってきたのは、次世代シークエンサー(NGS=Next Generation Sequencer)の開発によるところが大きい。1990年に始まったヒトゲノム計画では、一人のゲノムを解読するのに、10年以上の歳月と1000億円の経費を要した。それが、今や、全エキソン解析は2週間と5万円で可能だ。1台の機器で一度に大量のサンプルの解析が可能なので、最新機器では解析に必要な時間を人数で割ると、15分間で一人のエキソン解析が可能だ。解析費用も効率的に運用すると3万円程度まで下げられると思う。正常組織とがん組織のDNA解析、がん組織での遺伝子発現解析、そしてその後の情報解析を含めても、一人20万円もあればできると推測される。1万症例の解析をしても20億円でできる計画だ。

これができれば、膨大な量の医学的に重要な情報が蓄積される。これによる無駄な医療費削減を考えると損はしないと思うのだが、悲しいことに、こんな議論が全くできなかった。しかし、自分の信じることを前に進めるしかない。稀少がんも、小児がんも、治りにくいがんも、まず、敵を徹底的に知ることから始めれば道が開けるはずなのだが?

f:id:ynakamurachicago:20170330031526j:plain