読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

制御性NK細胞?!

今、シカゴ・オヘア空港にいる。私は長旅は嫌いだが、今週と来週の土曜日の講演会に加え、今回はプレシジョン医療を本格的に始動させるために、いろいろな方々とお会いする予定で忙しい。さらに、金沢への日帰りもある。土曜から土曜までの8日間で予定されている会議・夕食会の回数は20回を超える。プレシジョン医療の立ち上げは、私が考えていた予定よりも少し遅れているが、ようやくエンジンがかかってきた。

 

しかし、驚いたのは空港の荷物検査だ。靴も脱がなくていいし、パソコンも鞄から出す必要もない。トランプの影響かどうか知らないが、靴を脱がされるという屈辱的な行為をしなくていいのはいいことだ。これが彼の指示ならプラス10点だ。

 

とここまではよかったのだが、ユナイテッド航空のラウンジは最悪だった。座る場所がないというひどい状況はありえない。係員に聞いても、多くの飛行機が遅延しているからだと説明するだけで、日本のように「申し訳ありません」というわけでもない。「そこで待ってくれ」と言われたので待っていたが、後から来る人たちが勝手に奥まで入って空いた席を占拠するので、いつまでたっても席につけない。15分ほど待ったが、何も言ってこないので、「どないしているんや」(もちろん丁寧な英語でだが)と苦情を言ったら、そこにどうぞと奥にあった席を提供してくれた。この国はこのような国だ。座る席がないならもっと順序立てて案内すればいいと思うのだが、それを期待するのは無理だろう。

 

話を格調高い科学に変えよう。今日は、Nature Medicine3月号に掲載された、制御性NK細胞の話題だ。がん組織内には、がん細胞だけでなく、多くの種類の細胞が含まれていることは、このブログでも何度か紹介してきた。この中にはNK(ナチュラル・キラー)細胞が含まれている。この細胞は、細胞の表面にCD56という分子(リンパ球ではNK細胞に特異的だとされている)を発現している。CD56を持つNK細胞は、がんを殺す役割があると知られているが、がん組織内に存在するCD56細胞の中には免疫の働きを抑える役割を持つものがあるのでは?というのがこの論文の趣旨だ。

 

著者たちは、がん組織から取り出したリンパ球を培養したところ、CD56細胞が多いとCD8細胞(CD4細胞も)が増殖しにくい傾向を見つけ、それをもとにCD56細胞の中に、腫瘍組織内での免疫を抑えている可能性を示したのだ。CD4ヘルパー細胞の中に、免疫を抑える制御性T細胞が見つかったのと同じで、細胞傷害作用があってがん治療に応用されている細胞の中に、CD8細胞などの増殖を抑えている細胞があるというのだから驚きだ。これが本当ならば、NK細胞療法を根底から考え直さなければならないことになる。

 

免疫システムのバランスのとり方は、知れば知るほど複雑怪奇だ。次々と新しい機能を持ったサブグループが見つかり、免疫細胞は一筋縄ではいかないことを再認識した。おそらく、今後ももっといろいろな機能を持った新種が見つかるだろう。ひとつひとつの細胞を詳細に解析することが可能になってきているが、多くの研究者が統一性なくデータを出せば(方法などを標準化していかないと)幻のデータに振り回されかねない。必要なことをするために、必要なシステムを構築するのは、当然のことだが、これにはリーダーシップが不可欠だ。是非、将来を見据えた研究体制の構築を急いでほしい。

f:id:ynakamurachicago:20170317064012j:plain