読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふざけるな日経バイオ;勝手な記事を書くな!(+その後)

オンコセラピーサイエンス社を通して抗議したところ、下記の返答がきたとのことだ。

(1)辞任した場合には、辞任した側の話を聞けば十分

驚きの回答だが、これが日経の方針だそうだ。会社関係の皆様、この言葉を重く受け止めて対応する必要があります。私が医療イノベーション推進室長を辞めた時、当時の官房長官は「給料がいいからアメリカに行くのでしょ」と私にとっては腹立たしいコメントし、それが記事になった。この場合、辞めた側(私)のコメントはありません。見事な二重基準ですね。メディアに対する不信はこのようにして醸成されるのです。

しかし、会社を辞任しようとしている人、辞任するかもしれない人にとっては朗報です。あなたの言い分だけを記事にしてくれるメディアがあるのです。大いに活用しましょう。

(2)すでに私の下記ブログの批判があったので、削除するとそれが理由と思われる。すでに掲示板に出ているので、ブログでの批判は消えない。

これは、明確な問題のすり替えで、私が闘っている新聞社と同じロジックだ。一端、新聞やテレビで流されると、多くの読者は、それを真実と信じてしまう。記事が正しいかどうかの問題と記事を批判した文章が公開されているかどうかは、別問題だ。新聞社などメディアは他人の不祥事に対して、自己反省を押し付けるが、自社に不祥事があっても自社に寛容だ。しかし、上記のように辞任した側だけのコメントを掲載する編集方針とのことだから、このメディアはそのような方針ということを心しておけばいい。そして、昔と違って、SNSで反論することができるということをメディアも心して欲しい。

なんだか、トランプ大統領のメディア批判が乗り移ったような気持ちになってきた。大統領とメディアの対立は、立場上よくないと思うが、取材拒否したくなる気持ちは私にはよくわかる。メディアは知る権利があると主張するが、勝手に何でも書いていい権利はないはずだ。歌手の覚せい剤事件、俳優の暴行事件、医師の暴行事件、逮捕された時には「これでもか、これでもか」と立ち直れなくなるくらいに集中砲火を浴びせ、起訴猶予になると知らんぷり、これがメディアの本質だ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

日経バイオオンラインが、「同社(オンコセラピーサイエンス社)は20147月、創業者で特別科学顧問の中村祐輔米Chicago大学医学部教授と当時の社長との意見が合わなかったことで社長が辞任し、その後同年9月まで山本氏が社長を務めたことがある」との記事を発信した。私も、突然、トランプ大統領の心境になった。

 

いったい、何を根拠に当時の社長の辞任理由としてこんな記事を書くのか!私は何も取材されていないぞ!それとも誰かの言い分を勝手に記事にするのか。いつから、メディアは、確証もない記事を勝手に発信するようになったのだ。

 

こんな無責任な記事を書いて、読者に配信するな。