読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオアンチゲンT細胞療法の歴史を学ぶ

今日、シカゴ大学で私たちが共同研究している、Hans Schreiber教授のセミナーがあった。彼は1995年にがんで起こっているミスセンス変異(遺伝子変異によってたんぱく質を構成しているアミノ酸が別のアミノ酸に変わる異常)が、リンパ球ががん細胞を攻撃する目印であることを世界に先駆けて報告した研究者だ。研究には厳しいが、彼と重ねた議論によって、私の免疫学の知識は格段に向上したと思う。彼から見れば、まだまだだろうが。

 

私も歳を重ね、1987年にサイエンス誌に報告したDNA多型マーカーVNTRが、教科書にも引用されているくらい、カビの生えた研究者となってしまったが、セミナーでの彼の研究の歴史は1975年から始まった。私が大学生時代の話で、山口百恵さんに胸をときめかしていた頃だ。私が遺伝子操作の「いろは」を学び始めたのが1981年だから、年季が違うのは当然だ。

 

研究内容は、いつも議論していることなので、私には内容は難しくなかったが、研究室の若いたちには断片的にしか理解できなかったかもしれない。1時間の話で、私にとって最も印象的だったことは、1990年代には全く受けいれられていなかった、変異抗原(ネオアンチゲン)ががん免疫にとって重要だと唱えた研究に対して、米国NIH25年間もこの研究テーマに対して研究費を提供し続けたとことだ。1995年の論文も、決して世間で非常に評価が高い雑誌に発表されているのものではない。しかし、研究内容をしっかり精査して、研究費の申請に対して、高い評価を継続的に与え続けることができたのが米国の強さだ。Schreiber博士自身が、講演の最後に言っていた。「いろいろ批判をする人がいても、最終的に公正な評価ができるのが米国なのだ(ちなみに彼はドイツ人である)」と。

 

「何かよくわからないから、研究支援はいらない」と評価するのではなく、「未知数だが、うまくいった時の可能性に賭けてみよう」という判断ができるし、進捗をちゃんとモニターして、継続の必要性を評価できるシステムが、イノベーションを生むのだ。新しい治療法の開発は、このような可能性を見出す目利き力にかかっているのだと思う。日本に欠けている課題の一つだ。

 

がん変異で生み出された抗原を標的とした新規T細胞療法が人に応用できる条件として

(1)T細胞受容体が、がん細胞特異的であること(変異したペプチドに特異的であること)

(2)がん特異的T細胞が、がん患者本人から得られたリンパ球中(血液・組織)に存在していること(ネオアンチゲンペプチドを利用して、特異的なリンパ球が活性化されること)

(3)患者さん自身のリンパ球にT細胞受容体遺伝子を導入すること

をあげていた。がんを治癒する新時代の夜明けは近いと私も信じている。

 

是非、産経新聞の正論欄もついでに読んでください。

http://www.sankei.com/column/news/170221/clm1702210006-n1.html

 

PS:昨日はシカゴ植物園で開かれた「蘭」展覧会に行ってきた。観てきたというよりも、写真を撮ってきたという表現が正しいかもしれない。今日も気温20度近く、まるで初夏だ。

 

f:id:ynakamurachicago:20170221122730j:plain

f:id:ynakamurachicago:20170221122917j:plain