読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fact とAlternative Fact

雑事

トランプ大統領誕生から20日ほどが経ち、米国では「Alternative Fact(別の事実)=多くの場合には嘘」あるいは「Fake News(嘘のニュース)」という話題が盛んに取り上げられている。前者は、トランプ大統領の就任式への参加人数について、報道官が「史上最大の参加者数だった」という間違ったコメントを強弁して批判を受けたことに対して、トランプ氏側近が「Alternative Fact」と主張して擁護したため、火に油を注ぐような事態が生じ、この「別の事実」が一躍流行語のようになってしまったのだ。日本を騒がせたSTAP細胞事件も、本人が非を認めない「Alternative Fact」の実例だ。異なる側面から物を見ることと、嘘との境界がなくなってしまったかのような不思議な感じがする。

そして、自分の言ったことが真実だと頑迷に主張する姿を見て、大統領選挙に投票した人たちはどう感じているのか、是非、知りたいものだ。ただし、シカゴの危険な現状に対する批判に関しては、トランプ大統領のコメントに大賛成だ。昨日は、戦争状態にある中東よりもシカゴの方が、発砲事件が多いと批判していた。これが事実かどうかは疑問符がつくが、昨年1年間でシカゴでは4000人が射撃され、殺人は760名を超えている。1日に10人以上が発砲を受け、2名以上が殺されている。これが一部の地域に集中しているのだから、これらの地域では中東の危険地帯に匹敵するくらい危険なのかもしれない。

トランプ大統領は、“Whether a child lives in Detroit, Chicago, Baltimore or anywhere in our country, he or she has the right to grow up in safety and in peace. No one in America should be punished because of the city where he or she is born(デトロイト、シカゴ、ボルティモア、あるいはその他の地域であっても、子供は安全に平和に暮らす権利がある。アメリカに暮らす人は、生まれた場所ゆえに不幸が起こることがあってはならない)”とコメントしたようだが、その通りだ。シカゴ市がコントロールできないなら、連邦政府がコントロールしてやろうかと発言しているが、できるならやって欲しいと思う。安全に暮らすことが空気のように存在している日本では、安全にはコストがかかることはあまり理解されていないだろうが、安全の確保にはそれなりの予算が必要だ。

しかし、これらの発言の場でも、「Alternative Fact」を持ち出していることが心配だ。「この45年間で殺人事件の発生頻度は最も高い」と言ったようだが、これも正しい事実(Fact)ではない。確かに危機意識を煽り、犯罪を削減することを主張するための道具に使っているのだろうが、これでは自分の主張のために事実を捻じ曲げる朝日新聞と同じだ。根底となる事実が間違っていれば、主張そのものの論拠を失い、主張していることへの賛同が得にくくなるのではないだろうか。

 

最近は、私のもとを訪ねてくる多くの方が、シカゴは安全でしょうかと聞いてくる。答えはイエスでもあり、ノーでもある。特定の地域に行かない限り安全だが、間違って特定の地域に踏み込むと非常に危険だ。ダウンタウンから大学当たりにかけては安全だが、西部・南部の特定地域は絶対に行くべきではない。東京や大阪では、こんなことは気に留めなくていいが、ここではそうはいかない。

夜でも安心して歩ける治安の良さ、安くてアクセスが簡単な医療、便利な公共交通など、日本では意識しないことで、日本の素晴らしさを実感している。安定した経済がこれらには不可欠だが、明日からの2日間、ワシントンとマイアミでどんな会談がもたれるのか、少なからず不安でもある。