読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療の変革につながるネットワーク構築

医療(一般)

前回のブログを受けて、複数の患者団体の方から連絡をいただいた。3月・6月の帰国にあわせて会合に参加するなど、積極的に前に進めて行きたい。小さなグループからでも地道に活動を開始したい。背負う荷がますます重くなるかもしれないが、ここは踏ん張って一歩でも、半歩でも足を進めるしかない。

いろいろと考えをまとめるために、かつて作成した資料を振り返って眺めていた。そして、2007年、10年前に作成した資料が目に留まった。ある企業と、日本の医療をどのように変革すべきかを議論していた際の資料である。10年前に纏めたものとしてはよくできているではないかと、一人自慢の誉め手なしだ。下記が、キーコンセプトとして掲げたものである。

f:id:ynakamurachicago:20170117023911j:plain

次は、具体的に進めるべき課題で、下記のようにまとめていた。f:id:ynakamurachicago:20170117023953j:plain

(1)は今では、人工知能と名を代えて研究が進んでいる。(2)も、ようやく、国内での整備が進みつつある。(3)も、人工知能と呼ぶべきかどうかは別として、エラー回避のための、IT技術の導入が進みつつある。(4)は日本医師会が鍵である。「かかりつけ医」ではなく、「健康管理医」のような形で、開業医の役割が広がっていけば、ヘルスケアが一気に進む。このためには、病気になってから医療保険が働くのではなく、病気予防に対しても保険がカバーできるような制度の変革が必要だ。(5)も、結局は、病院で利用しているシステムの互換性の問題だが、画像の形で診療情報が管理できるようにすれば、あとは、患者さん、一般国民の意識次第だ。

3つ目はメディカルレコード(健康診断情報・診療情報)を患者さん自身が管理する際の利点・欠点をまとめたものだ。スマートフォンに保管する事は難しくないし、クラウドの保管して個人認証システムで医療機関でアクセスする方法もある。これだけ、ITインフラが進めば、個人情報保護さえ留意すればいくらでもできる。健康診断の見落としなどに対するチェック機構にもなるだろうし、大規模データベースを患者さん個人の参加型で進めることもできるだろう。f:id:ynakamurachicago:20170117024013j:plain

かつて、「俺の患者に手を出すな」と脅してきた、前近代的な医師の姿勢にあきれ返ったことがある。患者さんの情報は、患者さん自身に属すべきものだ。患者さんも、自分のため、同じ病気に罹るかもしれない家族に役立つなら、一緒に進めるといった気持ちではなく、われわれの子供、孫、ひ孫の世代に貢献するための気持ちを統合していくことが大切だと思っている。もちろん、「日の丸」が世界中の健康を守るシンボルとなれば、本望だ。

ynakamura@bsd.uchicago.edu

f:id:ynakamurachicago:20170117024729j:plain