読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇皇后両陛下に見る誇り高き日本人とその対極の民主党

天皇、皇后両陛下が人工防潮丘「千年希望の丘」を訪問され、冷たい雨が降る中、傘も差さずに慰霊碑の前に献花された映像を見た。本当に頭の下がる思いだ。震災後、体調の悪い中、頻回に被災地に出向いて被災民を励まされ続けた姿に、被災された方々だけでなく、われわれもどれだけ勇気づけられ、日本人としての誇りを感じたことか。

 

日本国の象徴として、あまりにも存在が大きいし、両陛下の姿を通して、日本人としての在り方を学ぶべきだと思うし、それを教育の現場でしっかりと伝えてもらいたいものだ。このブログでも再三触れているが、医療に従事する人も、両陛下の他者を思いやる姿勢から学ぶことが多いはずだ。

 

それに比して、民主党とその政権下の初代総理であった人物の姿には、目を覆い、耳を鬻ぎたくなる。元総理のクリミアをめぐる行動にはもはや言葉が見つからない。それに加え、辺野古問題での言動は許しがたいものがある。「最低でも県外」を叫び、さらに米国に対して「Trust me」と言ったのは、どこの誰だか、完全に忘れ去ったのだろうか?この混乱を招いた張本人が今さら何を言いたいのか、宇宙人だといって済まされるはずがない。また、最近の報道を見ていても、人口密集地である普天間基地周辺の危険性を排除するという、1丁目1番地の問題はどこへ行ってしまったのか、まるでわからない。

 

それに加えて驚くのが、民主党幹部が、「あの人は元自民党だ」と言ったコメントである。彼は民主党政権の初代総理大臣ではなかったのか!民主党が解党でもして存在しないならともかく、こんな無責任な発言はない。鳩山氏が単に一議員だったなら、こんな問題にはなっていなかったはずだ。元総理大臣だから、国益に大いに反するのであって、その彼を総理に選んだのは民主党である。この認識に欠けている。こんな詭弁を弄して、責任から逃げていて、国民の信任を再度得ることなど絶対にないと思う。

 

また、政治と金の問題は、大仰に自民党を批判していたと思ったら、ブーメランのように自分に跳ね返ってきた。関係者が潔く辞任していたら、世間の見る目は違っていただろうが、うやむやにするくらいなら、批判しなかった方がましだ。外国人献金問題や路上チュー問題も、ブーメランが返ってくるのが必至なので、批判できるはずもない。しかし、相変わらず、スキャンダルまがいの案件の応酬で、国の在り方をどうしたいのか、肝腎の問題は素通りだ。

 

崇高な両陛下の姿と、低次元の元総理の言動を対比するにつけ、政治家に日本人としての誇りを考えてほしいと願うばかりである。

f:id:ynakamurachicago:20150315060219j:plain