読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝日新聞社が謝罪した?!

朝日新聞がとうとう謝罪した。しかし、いわゆる従軍慰安婦問題、原発の吉田証言をめぐる報道に対して朝日新聞に対する厳しい批判が続いている。当然だろう。原発の吉田証言など、どこどのように読めば、あのような報道になるのか理解不能である。取材者に悪意があったとしか思えない。また、池上氏の問題など、「言論封殺と批判されるとは思いもよらなかった」と言えるセンスが、報道機関としての資質に疑問を投げかける。他の対象者なら、「溺れた犬に石を投げるな。それが武士の情けだ」と言いたいところだが、こんな往生際の悪い会社には、溺れるまで突き飛ばしてやれと応援のエールを送りたい。

 

他人には、「反省せよ」「謝罪せよ」「自己改革が足りないと」非難の先頭に立つくせに、この無様な姿は何なのか!「詭弁はやめろ、言い逃れはするな、論点をすり替えるな」と正義のペンを振りかざし、社会のオピニオンリーダーを自称してきた言葉が、まさにブーメランのように自分自身に跳ね返ってきているのではないのか?執拗なまでに相手を追及してきた「正義」の御旗はどうしたのだ。

 

福島原発の記事など、結論がありきで書いた記事としか思えない。でっちあげで人を恥かしめて、新聞を売ることが社是なのか。命がけで頑張っていた人たちを悪人に仕立て上げるストーリーにするために、自分に都合のいい事実だけをバランス悪く積み上げ、検証もせずに大きく報道する。記者は先入観で相手を赤色だと決めつけ、その後は赤いサングラスをかけて物事を見るような姿勢となり、白色であっても赤にしかみえずに、勝手に赤色だと確信してしまう。だから、大きな間違いを犯すのだ。これでは報道ではなくで、小説だ。取材の原点は、曇りのない目で真実を見つめるところから始まるのではないか?余りにも左斜めすぎて正面からものを見ることができないのだろう。

 

「過って改めざる、これを過ちという」という孔子の教えを思い浮かべての謝罪とも思えない。謝罪のタイミングも、明らかに、世間の常識からずれている。反響の大きさを予測もできず、批判に耐え切れなくなって、ようやく渋々姿を見せたように映る。編集の方針に問題があったというなら、そして、本当に反省するなら、これ以外にも強い抗議を受けた記事をすべて検証してみてはどうか。私の分も含めて!

(凍てつく朝日)

f:id:ynakamurachicago:20140914002423j:plain