雑事

鶏口となるも牛後となるなかれ

何気なく、暇つぶしにネットを見ていたところ、「鶏口となるも牛後となるなかれ」に目が止まった。これは、英語では「Better be the head of a dog than the tail of a lion」あるいは、「Better be first in a village than second at Rome」と言うようだ。…

数字に弱い研究者

シカゴはようやく、冬に終わりを告げ、心地よい天候となった。シカゴに移り住んで5年目の春となったが、5月にこんなに雨が続いたことがなかったので、気が滅入っていた。来週には、日本の夏日に相当する25度を越える気候となるようで、暖かさと共に気持ちが…

(続)瀋陽訪問

帰国後、疲れがどっと出て、2-3日頭がほとんど機能しなかった。東京までならそれほどでもないが、その先、5-6時間足を延ばすのは、体に堪える。そのような中、昨日の昼食時には、またまた、PD-1抗体に関するセミナーがあった。内容には、ほどんど目新しいこ…

嵐を呼ぶ男

また、成田空港にいる。瀋陽からシカゴに戻る途中である。3泊の滞在であったが、かなり疲れた。夜遅く着いたので、実質的には2日間だったが、着いた翌日の天候は、台風が来たのかと錯覚するかのような暴風雨であった。20年に一度の暴風雨だったそうだが、冠…

初めての瀋陽訪問

またまた、成田空港にいる。これから中国の瀋陽に向かうところだ。中国医科大学で講演をするためだ。シカゴ大学の研究室にいる、この大学出身の研究者を介して、名誉教授授与につながったためである。日本という国が中国とどのように向き合っていくのは難し…

巧妙なフィッシング詐欺

今日、下記のメールが届いた。「今日中にアップデートしないと、24時間以内にメールを受け取れなくなる」と書かれていたので、“Click Here”を慌ててクリックした。メールが受け取れないと研究にも支障をきたして大変だ。すぐにソフトをアップデートしようと…

シカゴからニューオリンズへ

熊本では、相変わらず大きな地震が続いているようで心が痛む。全壊した家屋や崩落した阿蘇大橋などを写真で見ると、地震の衝撃の大きさが伝ってくる。できる限りの手段で、家屋の下敷きになっている方々を早く助け差し、被災者の支援に万全を期してほしいと…

オバマ大統領、シカゴ大学で講演

今日の午後3時前から、オバマ大統領の講演会がシカゴ大学で開催された。法学部主催で、招待されたものしか参加できなかったので、残念ながらウエブでその様子を眺めるしかなかった。内容は、連邦裁判所の裁判官任命問題がメインテーマであったので、よくわか…

掟破りの論文斡旋業者

私は日本癌学会の公式雑誌である「Cancer Science」誌の編集委員長を務めている。ここ数年新興国の発展に伴ってそれらの国からの投稿が増えている。また、雑誌のオンライン化が急速に進展することによって、出版業界からは雨後の筍のように新しい雑誌が生ま…

シカゴ大学赴任5年目を迎えた日に思うこと

今日からシカゴ大学での5年目に突入する。あと1年経つと、米国で10年の歳月を過ごすことになる。最初の留学時と、現在の置かれた立場は全く異なる。ユタ大学にいるときは、自分の研究に必死で周りを見るゆとりは無かったが、今から振り返ると、DNA多型マーカ…

日本語が出てこない?!

今、成田空港へ向かう列車の中にいる。いくつかの案件が飛び飛びにあり、6泊になってしまった。私にとっては結構長い日本滞在だ。おかげで、一昨日は、久しぶりに孫と食事をする時間が取れた。顔を合わせた時に、髪の毛がかなり伸びでいたので、長女に「男の…

東北大震災から5年

今朝のシカゴは、気温は6度でさわやかに晴れ上がっていた。5年前の3月11日、東京も、今日のシカゴのように、冷え込んでいたが、さわやかに晴れていた。 そして、早いもので、大震災から5年が過ぎた。当時、私は内閣官房医療イノベーション室長という立場にあ…

エリートがエリートを育てる社会

今日は、昨夜のパーティーの疲れが残って、体が少しだるい。パーティーは、アルファ・オメガ・アルファと呼ばれる組織が主催したパーティーで、アルファ・オメガ・アルファの成り立ちなどよくわからないが、簡単に言うと「エリート」の集まりだ。医学部の学…

太平の眠りから目覚めよ!

先週末は15度を超えていた気温が、昨日は氷点下に戻り、外はうっすらと雪化粧している。来週の予報では20度近くまで上昇するので、5-6日ごとに春と冬が行き来している感じだ。しかし、今年の冬は穏やかだった。徒歩通勤を断念した日は7-8日しかなく、…

正々堂々たる国家ビジョンの議論を!

「相棒」をビデオで見た。竹下景子が演じる医師が不法滞在の外国人を助けるために罪を犯し、杉下右京に追及される場面で発した、「どんな法も規範も、人を救えなければ、正義でない」と言ったセリフが耳に残った。私もそう思うが、個人個人が「自分の正義」…

最悪の米国のサービス文化

ようやくシカゴに戻ってきた。ホテルを出たのが、午後7時30分(シカゴ時間の午後11時30分)、自宅到着が翌日の午後2時30分なので、15時間の長旅である。東京に行くのとほとんど同じ時間がかかる。乗り換えのない分だけ、日本へ行く方が便利だ。 しかも、ハ…

世界にひとつだけのゲノム

SMAPが、解散するとか、しないとかが、日本のメディアを沸かしているようだ。私が「膨大な患者さんの臨床情報やDNAを収集する」バイオバンク・ジャパン(オーダーメイド医療実現化)プロジェクトを始めた2003年に、「世界に一つだけの花」というSMAPの歌を耳…

(;´д`)トホホのクリスマス休暇

私は人生で初めての「クリスマス休暇」なるものを取った。カリブ海に面するリゾートで美しい海の眺めを楽しみながら、ゆっくり過ごし、気分は爽快のはずだったが、悔いと疲れが残った。 オールインクルーシブ(All inclusive)というシステムで、ホテル代に…

クレジットカード社会は破綻しないのか?

先週、日本へ帰った際にクレジットカード会社から連絡がほしいと封書が届いていた。電話を入れたところ、ネットショッピングで数十万円単位の不正使用があった可能性が指摘された。もちろん、私はネットショッピングなどしないので、どこかでスキミングされ…

機内の愚痴

今、成田に向かう飛行機の中でこれを書いている。今日は気流の関係かよく揺れるので、仕事が捗らない。成田―シカゴ便はしばらく前から、機内でインターネットが使えるようになっているが、試行期間中にネットを利用してメールを送ったところ、「絶対に連絡が…

2020年のDNAシークエンス市場は1兆円(+ブログ100万アクセス達成のお礼)

ブログアクセス回数の総計が、昨日(12月1日)で100万回に達した。ブログを書き始めたのが2014年6月21日であるので、わずか1年半足らずでの100万回達成となった。多くの方に、拝読いただいていることに感謝申し上げます。 ブログを始めたときの目標は100万ア…

シカゴ大学;テロ予告

大学からは事件の経緯についての説明はないが、その詳細がChicago Tribune紙に出ていた。愉快犯的な行動ではあるが、その根は深い。昨年の10月に、シカゴで17歳のアフリカ系米国人が、白人警察官によって、16発もの弾丸を浴びて射殺された。その射殺の様子が…

大阪府知事・市長選挙;大阪維新圧勝

今朝起きて外を見ると、銀世界に変わっていた。一晩で一変した景色を見ながら、故郷大阪の政治の景色は変わるのか気になってニュースを見た。直前の予想通り、大阪府知事・市長選挙で、橋下維新圧勝と出ていた。投票締め切り直後に、当確と出ていたようなの…

大規模データ処理で理研のスパコン「京」が1位????

読売新聞に、「スーパーコンピューター(スパコン)が大規模データを処理する性能を競う国際ランキング「グラフ500」で、理研のスパコン「京」(神戸市)が1位になった」と理化学研究所が発表したとあった。これは、複雑な解析を行う能力の指標で応用の…

びっくり仰天、論文審査詐欺

先週号の「New England Journal of Medicine」誌に「Peer-Review Fraud-Hacking the Scientific Publication Process」という記事が掲載されていた。論文の審査過程が乗っ取られ、不公平な審査が行われていることに対する問題提起の論文である。 科学的な雑…

残念、ラグビーW杯!!!

ラグビーワールドカップで日本は3勝1敗ながら、決勝に進めなかった。私の出身校である天王寺高校では、体育の多くをラグビーに費やしていたので、ラグビーには親近感がある。ワールドカップ史上、3勝して決勝に進めなかったのは初めてと聞くと余計に残念だ。…

日本の凋落;世界大学ランキング

英国の雑誌「Times Higher Education」が世界大学ランキングを公表した。教育や研究、論文の引用件数、知識の移転、国際性などを加味して評価した結果である。日本の各紙は、「東京大学がアジアの首位から陥落した」ことを大きく取り上げているが、問題は東…

時代錯誤の野党徹底抗戦

メディアは「与野党の攻防」とか、「野党徹底抗戦」と面白おかしく書いているが、少数派が気に入らない法案を徹底抗戦するして潰すことが、民主主義の基本理念に沿うのか疑問だ。民主主義での最終決着は、投票によって過半数を制することで成り立っている。…

大阪活性化への道

今、ヒューストン空港にいる。MDアンダーソンがんセンターを訪問した帰りだ。ヒューストンはNASA,エネルギー産業が産業基盤だったが、今や、医療都市ヒューストンの印象が強い。その象徴的なものが、MDアンダーソンがんセンターだ。このがんセンタ…

平和ボケ日本;紀州犬に13発発砲して射殺???!!

笑うと不謹慎で申し訳ないが、記事を見て思わず笑ってしまったのが、「大型の紀州犬に13発も発砲して射殺した」というニュースだ。しかも、警官が3人がかりで発砲したのには驚いた。米国で犯罪捜査番組などをよく視聴しているが、ギャングなどの相手を抑え込…

米国大学ランキング

U.S.Newsが米国の大学ランキングを公表した。第1位はプリンストン大学、第2位はハーバード大学、第3位イエール大学と続き、第4位タイにコロンビア大学、シカゴ大学、スタンフォード大学がランクされている。以下、第7位がマサチューセッツ工科大学、8位タイ…

「功名心なき暴君」から「優秀指導者」へ

シカゴ大学のMedical Education室長から「Scientific Research Prize and Mentor Award」と称するタイトルでメールがあった。非常に優秀な医学部の学生が1年間休学をして、私の研究室に研究に来ていたので、彼女の研究をさらに支援する賞の通知で喜ばしいこ…

魔女狩り的な五輪エンブレム報道

今週は30度を超える暑さが続きそうだが、先週の最高気温20度前後の影響か、科学博物館前の並木の一部がすでに黄色に色づき始めている。季節の移り変わる気配は美しいが、長い冬になりそうで憂鬱だ。 東京オリンピックに関して、新国立競技場に続いて、五輪エ…

別離の寂しさ

真夏のフロリダからシカゴに帰ると、シカゴは日本の10月下旬のような寒さだった。今朝の気温は16度しかなく、長袖の肌着とスーツを着ていても、肌寒く感じた。昨日は、オヘア空港に予定時刻より30分も早くランディングしてラッキーと思ったのも束の間…

戦後70年談話に思うこと

8月14日に安倍総理が戦後70年談話を閣議決定した上で、公表した。私は、近隣諸国に配慮した、よくできた内容だと思うが、報道されている記事を読むと、その行間を巡って、ここまで解釈が異なるのかと驚きを禁じえない。戦後70年間、日本が平和を維持してきた…

医療費を凌駕する大学授業料の増加

マリナーズの岩隈久志投手がノーヒットノーランを成し遂げた。MLBの公式ページでも、9回の場面が公開されている。成し遂げたことを知っていても、ビデオで見ると自然と緊張感が走る。ダルビッシュ投手が9回2アウトから、2回も失敗しているので、この偉業…

驚愕のビジネスホテル

今、成田空港にいる。日本滞在70時間弱という強行軍の出張である。日本から講演依頼があると、昔、お世話になった方からのものであると、義理人情に厚い身としては、すでに予定が入っていない限りお引き受けすることにしている。しかし、シカゴの生活も次…

調布小型機墜落に想う危機管理;頑張れ安倍政権

調布で3名が死亡する小型機墜落する事故が起こった。原因はまだ明らかにされてはいないが、亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、負傷された方の速やかな回復を願っている。 調布飛行場(空港と飛行場の違いはよくわからないが)に限らず、全国の空港や飛…

新国立競技場問題

報道を見ていて不思議なのが、新国立競技場問題だ。1300億円の予算が2500億円まで膨らんだのがけしからんといって白紙に戻ったようだが、これも前回の介護に関する教科書問題と同じで、どこに問題があるのかはっきりしない。工期の問題(間に合うのかどうか…

「介護は重労働で低賃金」?!教科書記述

読売オンラインに「『介護は重労働で低賃金』教科書記述の修正に賛成?反対?」と読者から意見を聞くコーナーがあった。記事には、「特別養護老人ホームの運営法人でつくる全国老人福祉施設協議会や日本介護福祉士会などが「中学社会 公民 ともに生きる」(…

人は城、人は石垣、人は堀

またまた、歯科にお世話になることとなった。先週の火曜日に、インプラントの歯がポッキリと折れてしまったのだ。すぐに予約が取れず、今日の来院となった。そして、今朝、目の前の車のテールライトがようやく見える程度の突然の激しい雨の中、歯科医を訪ね…

なでしこジャパン敗れる

シカゴ時間の午後6時、ワールドカップ決勝がスタートした。肩に力を入れて見ていたが、開始20分弱で4対0となった。最初のゴールを奪われた後、浮き足立ったのか、立て続けにゴールされ、胸が痛くなり、画面を正視するのが辛かった。その後の約70分は日本が2…

米国独立記念日に思うこと

今、外では180度見渡す限り、無数の花火が打ち上げられている。目の前の科学博物館の裏でも花火が上がり、特等席での花火見学だ。部屋を暗くしてビールを飲みながら、花火や爆竹の騒音の中で、みんなが、盛大に、そして素直に、この日を祝う米国と、日本の建…

防ぎようのない新幹線内の焼身自殺

新幹線内で男性が自殺をして、巻き添えになった女性が一人亡くなった。いかなる理由があるにせよ、このような犯罪行為を容認することはできない。しかし、どう考えても予測不能だ。しかし、日本のメディアは私の期待を裏切ることなく、対策は万全だったのか…

だらしなくなった日本人!?

日本に滞在して1週間経った。新幹線や飛行機での移動もあったし、東京駅周辺も歩いたが。クールビズが定着し、ほとんどの人がノーネクタイなので、なんとなく日本人がだらしなくなったように感じてならない。学会の懇親会でも、海外からの参加者はきっちりと…

沖縄慰霊の日

昨日は70回目の沖縄慰霊の日であった。沖縄は青い海と燦々と照りつける太陽のイメージだが、私の心の中で最も鮮明に残っている記憶は、「ひめゆりの塔」である。そこに残されていたものを手記と呼ぶべきか、日記と呼ぶべきか、わからないが、涙なくして読む…

日本のトイレがおもてなし文化?

産経新聞の「日本のトイレを海外へ」おもてなし文化を発信…内閣府有識者委が提言、の見出しを見て、恥ずかしい思いがした。確かに、温水洗浄機など気持ちはいいし、紙の節約にもつながるが、これは「おもてなし文化」とは異質だろうと思う。どうせ役人が考え…

「過去は変えられない」「夢を持って、明日を迎えよ」

今、羽田から北京に向かう飛行機の中で(昨日は1泊だけ東京に泊まった)、この原稿を書いている。どうも、最近は出張が億劫だ。空港で待つ時間が無駄に感じてならないし、移動に要する時間と出張するだけの意味があったのかどうかを秤にかけると、帰りの飛行…

残念!橋下徹政界引退

橋下徹・大阪市長の推進する「大阪都構想」の住民投票は僅差で反対票が、賛成票を上回った。これを受けて、橋下市長は政界からの引退を宣言した。正直なところ、大阪都にすることによるメリットは私にもよくわからない。しかし、「橋下徹」という政治家を失…

一縷の望み

ネパールの地震の話題に触れなかったのは、東北大震災時に「何もできなかった無力な自分」への自己嫌悪が蘇るのが怖かったからだ。あの時は、「心が折れた」表現では不十分なくらいの状態、「心が砕かれた」ような感じだった。ネパールの画像を見る度に、南…