6回目の米国独立記念日

先ほどまで、ドンドンと花火を打ち上げる音が響いていた。シカゴに移り住んでから6回目、現在のアパートに引っ越してから5回目の独立記念日である。我が家からは180度、外を見渡せるが、地平線に沿って少なく見積もっても200-300か所で花火が打ち上げられていた。3年前は眼前にある科学博物館の後ろで打ちあがっていたが、近くで大規模な花火が見られなくなったのが残念だ。しかし、数も規模も数年前よりは確実に増えており、米国の景気の回復を実感させられる。レストランの料金も20-30%上昇しているが、円換算にすると倍ぐらいに高くなったような感じがして、これは痛い。

 

花火を景気よく打ち上げるのはいいが、北朝鮮がとうとうICBMの発射に成功したようだ。もちろん、日本はテポドンで、すでに射程内に入っていたので、ICBMが作られてもそれほど差はない。本来すでに危機管理が必要なのだ。しかし、米国にとっては、今までのように鼻であしらうことができなくなったことを意味しており、この成功は米国の対北朝鮮政策に大きな変化をきたす可能性がある。米国が北朝鮮を攻撃すれば、韓国や日本に甚大な被害が生ずる危険が大なので、専門家は否定的だが、トランプ政権だけに何が起こるのか予測不能なのが恐ろしい。もしもの時に、かつての菅政権や鳩山政権のような内閣であれば日本はどうなるのかと考えると、背筋が寒くなる。「Trust me」と言っている間に、日本が火の海になるかもしれない。

 

森友問題や加計問題も重要だが、対北朝鮮対策や医療制度の問題などと比べれば小さな問題だ。昨日、エチオピア人研究生と話をしていたが、米国で生活する最大の不安は、病気になった時にどうするかという問題だ。日本では患者負担率が増えたといっても、公平なアクセスが担保されており、また、高額医療制度があるため、最大の負担額は月約10万円である。米国では、正に、お金で命を買う状況であり、個人破産の最大の原因が医療費の負担であることは以前に紹介した。

 

日本では医療保険制度が、空気のように存在していると安心しているような気がする。しかし、これまで維持してきた医療保険制度は、もはや限界に来ている。それにもかかわらず、国会でまともに議論されているのかどうかさえ伝わってこない状況だ。見かけのパーフォーマンスやスキャンダルを政局につなげてはブーメランのように跳ね返ってくる漫画のような政治ではなく、憲法、医療、外交など、国の抱えている重大案件を真剣に議論して欲しいものだ。

 

米国の調査では、トランプ大統領よりCNNを信頼している人の割合が多いとのことだが、私は朝日新聞より、安倍政権を信じたい。

f:id:ynakamurachicago:20170705183721j:plain

日本の政治もメディアも変だ。

帰りの飛行機で、週刊新潮を読んだ。小林麻央さんが亡くなった件で、市川海老蔵さんを批判した記事があった。正直、読んでいて胸糞が悪くなった。私は海老蔵さんの麻央さん死亡後の会見を見ていて、思わず胸が詰まり、思わずもらい泣きしそうになった。もちろん、亡くなったという事実に対して、誰でも後悔の念が残るものだ。しかし、週刊誌が、愛する妻を亡くして、それに耐えながら舞台を続けている海老蔵氏を何の権利があって非難をしているのだ。もちろん、「・・・・たら、・・・・・れば」というターニングポイントはあったであろう。しかし、攻められるのは、詐欺師のような人たちであって、彼ではないはずだ。そして、もっとも責められるべきは、それを野放しにしているメディアや国ではないのか?海老蔵さんには、こんな誹謗中傷にめげずに頑張って欲しい。

 

そして、同じ号に、あまりにも品格のない国会議員の記事が出ていた。日本滞在時にワイドショーで(私は日本を低俗化している元凶ではないかと思っているが、思わず見てしまった)録音されたテープを聞いたが、これは完全に国会議員としてだけでなく、一人の人間として終わっていると思った。自分のことを「・・・・様」と呼ぶなど論外だ。派閥のトップが、「秘書が高速道路を逆走していた・・・・」などの事情があると言い訳をしていたが、自民党の幹部として明らかに危機意識に欠ける発言だ。どんな理由があるにせよ、秘書を人間扱いしていない異常な口調は許されるものではない。

 

しかし、公用車で子供を送り迎えしていたと批判を受けていた議員には同情したい。保育園は、宿舎と役所の真ん中くらいにあるので、途中寄り道して何が悪いのだろうかと思う。役所の人間や秘書が、公務と関係のない乳母車を押すなどの手助けしているのがそれほど大きな問題なのか?国のために働いている国会議員に対して、ここまで目くじらを立てて怒ることでもないだろうと私は感じた。

 

米国の大統領選挙でも、一方の候補の議員の不利になる情報が選挙直前に流され、情勢が一変した。日本のメディアは、明らかに現政権の足を意図的に引っ張るように思えてならない。しかし、今回の自民党の都議選挙での惨敗は、このようなメディアの印象操作だけでなく、自民党議員の危機管理の甘さの結果ではないかと思う。しかし、今の日本の政治を誰に任せろというのか?オセロのように白黒がコロコロ変わっては、国の信用を失うだけだ。米国や日本の隣国を見れば、政治のオセロ化は大変だ。

f:id:ynakamurachicago:20170703073703j:plain

無治療ステージ4非小細胞肺がんに対するニボルマブ;抗がん剤に優位性なし

これまで独走の感のあった免疫チェックポイント抗体治療に少しブレーキがかかった。無治療のステージ4非小細胞肺がんに対するニボルマブ対プラチナ系抗がん剤の比較試験結果がNew England Journal of Medicineに報告された。

 

エントリー基準はPD-L1の発現が1%以上の前治療のない患者だが、解析はPD-L1が5%以上の患者423名に対して行われた。一般的にPD-L1発現が高い患者さんの方が効果が期待されるので、よりPD-L1の高い患者に絞って、ハッキリと差を示したかったのだろうが、結果は失敗だった。

 

無再発生存期間中央値はニボルマブ4.2ヶ月に対して、抗がん剤群は5.9ヶ月と、統計学的にはっきりとした差はないものの、ニボルマブ群の方が短かった。しかし、全生存期間中央値はニボルマブ14.4ヶ月に対して、抗がん剤群は13.2ヶ月とニボルマブ群の方が長かった。ただし、これも統計学的にはっきりとした差はない。化学療法群212名のうち128名が、がんが大きくなり始めた後にニボルマブの投与を受けたので、話は少し複雑だ。

 

論文の結論は、ニボルマブは効果に関しては、化学療法と比べて優位性はないが、毒性が低かったとしていた。PD-L1の発現をもとに、効きそうな患者群を絞って臨んだだけに、期待外れの結果だったと思う。しかし、PD-L1はあまり決め手となるバイオマーカーでないことはこれまでも言われてきたことだ。私は、この結果を見て、免疫チェックポイント抗体が有効に働くには、分子標的治療薬、抗がん剤、放射線療法などによって、ある程度の数のがん細胞を殺すことが必要だと考えた。これらによって殺されたがん細胞が、マクロファージなどの抗原提示細胞に取り込まれて、抗原提示細胞ががん特異的抗原を提示し、ある程度の免疫細胞の活性化を起こしておくのが重要だと思う。これまでの試験結果でもそうだが、免疫チェックポイント抗体が効果を示すまで、6ヶ月以上に期間が必要なことが少なくない。これはがんを攻撃するリンパ球が十分な数に増えるまでに要する期間だ。多くの医師が作用機序を十分に理解しないままに薬剤を利用している。

 

私たちは、PD-L1に加え、グランザイムなどの細胞傷害性リンパ球の活性化指標を調べることが重要ではないかと提唱してきた。免疫チェックポイント抗体そのものががん細胞を殺すのではなく、これらはがん細胞を攻撃するリンパ球を活性化することによって、間接的にがん細胞を殺すのだ。がんの組織に、これらのリンパ球が存在しなければ、これらの抗体は作用しない。

 

製薬企業は患者さんを絞り込まない方が利益は上がるが、国や研究者は、患者さんのためにも、健全な医療保険制度の維持のためにも、科学的な思考で薬剤の絞り込みにもっと注力すべきだ。意味のない薬剤費の垂れ流しを防ぐには、限られた予算とわずかの科学的な思考でいいと思うのだが、なぜ、それができないのか?不思議の国アリスだ。

f:id:ynakamurachicago:20170701100244j:plain

 

日本医療研究開発機構(AMED)に問う(2)

今日、東京医科歯科大学で「がんプレシジョン医療」のシンポジウムがあった。そこで、このブログでのAMEDに対するコメントが話題になっていると聞いた。繰り返すが、審査員の質を確保することなく、競争的資金の健全性・公平性が保てるはずがない。申請書を読んでいないことが明らかな評価員のコメントが見過ごされていいはずがない。これは審査員の科学的な能力以前の話だ。外見的に競争的資金に見せても、単に結果的に誰も責任を問われない形骸的な審査になっては、日本の将来はない。

 

前回のブログに対して「公的資金とは名ばかりで、内々に採択演題は申請時に決まっているのだと思います。」「審査員なんて、いていないようなものなのだろうと思います。」「審査員の質もそうですが、AMEDの癒着構造の体質を改善しない限りはどうしようもない。」との感想が寄せられた。文部科学省事務系の前トップが「面従腹背」を座右の銘にしていると自慢げに語っていたが、表は競争を謳い、裏で八百長で決まっているのでは、若い人の活力が失われる。

 

ただし、私はすべてを競争的な資金にすることには、必ずしも賛成ではない。「国家戦略」に基づいて、責任者が見える形で、トップダウンで推進するプロジェクトがあるべきだと思っている。当然ながら、トップには権限が与えられるが、責任をとるだけの覚悟も必要だ。今のように、責任をあいまいにするような制度設計そのものが間違っていると思う。今のAMEDには、予算配分についての細かい戦術だけがあって、十年先、数十年先の医療を見据えた展望が見えてこないと感じているのは私だけだろうか?国家戦略ではなく、不透明な予算配分技術だ。審査される側も、審査する側も疲弊している。

 

喫緊の課題としては、科学的に公平で公正な評価が行われているのかどうかの第3者機関での客観的な評価だ。大きな国家プロジェクトに関する問題点など、聞きたくはないが自然と漏れ伝わってくる。噂ではなく、科学は科学としてのしっかりとした評価が重要だ。ワイドショーで話題になるようなことだけは避けて欲しいものだ。

 

日本にいていろいろな雑音を聞いていると、段々と心が弱ってくるような気がする。私も12月には65歳になる。シカゴでのんびりと余生を過ごす方が、心の健康にはいいかもしれない。

 

PS: 他人の臍帯血を投与した行為が「再生医療安全性確保法」に違反しているため、停止命令が出たとの記事を読んだ。こんなものは医療行為であるはずがない。詐欺だ。

f:id:ynakamurachicago:20170629224053j:plain

大学の国際化

今、台北松山空港にいる。慌ただしい出張だったが、日曜日には久しぶりに中正紀念堂・故宮博物院に行ってきた。ゲートの看板が「大中至正」から「自由広場」に代わっていた。「中正紀念堂」という名称が、2007年に「台湾民主紀念館」と変えられたが、それは元に戻されたそうだ。蒋介石国際空港も桃園国際空港に代わっていたし、政治の動きで国を代表する人物の評価も微妙に変わるのだろう。

 

昨日は、台北医科大学で講演をしたのち、学生たちの研究発表を聞いて、アドバイスした。以前、理化学研究所にいた私の弟子が教授として指導している学生たちだ。私が優しく接していたので、弟子が「理化学研究所にいた時は厳しかったが、どうしたのだ」と質問してきたので、「学生たちが成功するかどうかは君の責任であり、私が彼らに厳しく接する必要はない。科学的な課題を指摘して、彼らを励ますのが、今の私の仕事だ」と返答した。1年に1度しか接しない人間が、厳しく指導しても、「変なおじさん」と思われるだけだ。この歳になって海外で、変に厳しい人間などと思われたくない。「優しいが、科学には厳しい研究者」と思われるのがいいに決まっている。私の弟子の指導する学生の数も増え、彼が忙しく動き回っているのはうれしいものだ。

 

そして、昨夜は、学長、8月からの新学長、薬学部長と食事を共にした。そこで、大学院生には外国人が多いようだが、何か特別なことをしているのかと尋ねた。学長は誇らしげに、大学院生の80人は外国人、60人が台湾人で海外の方が多いと説明した。英語で教育しているので、海外の人にはハードルが低いはずだと言っていた。インドネシア、マレーシア、タイなどからの学生が多いそうだ。私の弟子の研究室には、インドやアフリカからの留学生もいた。日本の大学が国際化を唱えても、事務手続きや講義が英語でできなければ、絶対に国際化は不可能だ。日本の大学の国際ランキングが低くなっていることに、色々な言い訳がなされているが、科学分野での英語は不可欠であり、国際化=英語圏の認識が重要だ。海外からの学生を増やすにはこれらが必要条件だ。

 

英語力の不足や内向きの姿勢は、必ず、日本の存在感の低下につながる。それが指摘されて等しいが、中国・台湾や東南アジアにいる弟子たちを訪問するたびに、「日の丸」が霞んで見えてくる。「頑張れ、日本」と言いたいところだが、「もう無理かもしれない、日本」という気がしてくる。

f:id:ynakamurachicago:20170627170208j:plain

日本医療研究開発機構(AMED)に問う;審査員の質を評価せよ!

今、羽田空港にいる。シカゴに戻るのは1週間後で、これから台湾に行くためだ。台北医科大学の客員教授をしており、1年に一度は台北を訪問している。今週の始めに夏風邪を引いてしまい、半ばあたりは、体調が最悪だったので、少し厳しいものがあるが、今日の午後と明日は、ゆっくりと休養に充てたい。1日だけでもずらしたいのが本音だが、チケットは変更できないので、今日の出発は仕方がない。

 

今回は、複数の要件があり、日本に少し長く滞在しているが、この機会を利用して、かつて一緒に仕事をしていた仲間たちと会食を共にすることができた。十数年ぶりにお会いした方もいたし、シカゴに異動して以来、5年半ぶりにお会いした方もいた。当然ながら、時の流れの速さを実感した。そして、日本の現状を見聞きして、このままでいいはずがないと改めて感じた。

 

それと同時に、6年前、津波・地震被害者の方々に何も貢献できなかった自分への後悔・無力感が、フラッシュバックのように蘇ってきた。心の傷は、簡単には治らないものだと痛感する。シカゴに移る前の2年間は人生の中で最も波乱に富んだ期間だったが、あの当時と別の生き方・選択をしていれば、もっとがん患者や被災者の方々に寄与できていたのでは思いは残る。しかし、タイムマシンで戻っても、私の生き方は変えられないだろうし、一旦戻っても、また、同じ立ち位置の自分を見ることになるような気がする。

 

未来は、今の自分の判断・決断で決定される。残された時間は有限であり、患者さんに貢献するために、ひとつひとつ間違えることなく、最善の選択をしなければならない。しかも、時間との闘いは重要で、決断を躊躇していれば、絶対に人との競争には勝てない。悩ましげだが、覚悟を決めて人生に臨むしかない。

 

医学では基礎研究の成果を臨床に還元するにも、時間は大切だ。日本の研究成果が生かされてこないのは、評価制度に大きな問題があることは、このブログでも再三再四語ってきた。評価する側が無責任で的外れの評価をしても、日本ではそれに反論する機会は与えられない。役人や大ボスの意向が忖度されて、それが反映されることが少なからず起こる。そして、公平な審査をする能力のない研究者が、杜撰な審査をして、その対価に高給を受け取っている。これで日本がよくなるはずがない。

 

私の弟子の一人が、AMEDに研究費を応募申請した。蛋白と蛋白の相互作用を阻害する新しいタイプのペプチドを利用した、ホルモン陽性乳がんに対する新しい治療法だ。ペプチド内のアミノ酸をホチキスでつないで安定させて分解を抑える方法で新規性は高い。これに対しての評価の中は(1)「BIG3 が高発現・活性化した乳癌細胞においてのみ有効であるように思われるが、BIG3 も含めた有効性を予測できるバイオマーカーについての検討が必要である」(2)「CTL 誘導を指標とした開発アプローチについては、新規性は高くないように思われる」などがあった。

 

(1)に関しては、内容をしっかりと読んでいないに違いない。BIG3は乳がんの80-90で高いレベルで発現しているし、BIG3そのものがバイオマーカーだ。すべての乳がんに有効な薬などあるはずがないし、あまりにも見識に欠けるコメントだ。このレベルの研究者が審査していることが、日本の問題だ。さらにひどいのは2番目の審査員だ。この人は、タイトルとキーワードしか読んでいないと断言できる、あまりにも無責任で救い難い内容のコメントだ。この審査員の評価は、ゼロ以下、マイナス100だ。審査する資格はない。申請内容のどこをどう読めばCTL 誘導を指標とした開発アプローチ」が関係することになるのだ。蛋白―蛋白相互作用の阻害のどこにCTLが出てくるのだ。いい加減さもここまでくると救いようがない。申請に時間をかけた研究者を愚弄する内容だ。ペプチドという言葉から短絡的に、ペプチドワクチン、そして、CTLと勝手に「妄想」したひどいもので科学のかけらもない!こんな内容も読まず、無責任極まりない審査をしていても、何の責任を負わない能天気な状況だから、日本は変わらないのだ。どこが、日本医療研究開発機構だ。このままでは、日本を沈没に導く日本沈没誘導機構だ。猛省を求めたい。

 

読者の皆さんの中に、理不尽なコメントに憤っている人がおられたら、申請内容と理不尽な評価内容を私に送ってください。このブログで、日本の審査体制のずさんさを順次公開させていただきたいと思います。日本を変えるには、しっかりとした評価体制を構築するしかありません。

f:id:ynakamurachicago:20170624092634j:plain

座右の銘が「面従腹背」;これで教育行政は大丈夫か!

昨日の国会中継を少しだけ見た。メモがあるのかどうか、チマチマとした質問が続いていたので、馬鹿馬鹿しくなってシャットダウンした。役所は重要な会議のメモを残すことなど常識だ。かつて在職していた医療イノベーション推進室での会議でさえ、メモが作成され、各省庁に配布されていた。短期間とはいえ、政権を担っていたのだから、メモが作成されていたのかどうかは知っているはずだ。ましてや、審議官に再三再四同じような質問をした議員は、内閣官房にいたではないのか?役所がどうなっているのか、自分の経験に基づけば、もっと内容のある質問ができたはずだ。

 

あの質疑を聞いていると、追及をしているポーズだけの茶番劇に思えてならない。民主主義と言えば響きは美しいが、美しい声を揃えても、岩盤規制・利権擁護の壁を壊すのは絶対無理だと思う。規制改革は民主党政権の旗印ではなかったのか、与党時と野党になった今とを比べて、180度言っていることが違うブーメランを連発するから支持率が一桁になっている現実を直視すべきではないのか?また、左翼系メディアは、メモの存在が明らかになったことで大はしゃぎしているが、役所内部の情報がダダ漏れになっている状況は、国として大きな問題ではないのか?

 

そもそも文部行政のトップだった人が、私の座右の銘は「面従腹背」ですと、堂々とテレビで宣言するなど、呆れかえって言葉が出てこない。教育行政を担う人が、「面従腹背」を誇って、子供たちにどんな教育ができるのだ。大人が言ったことが面白くなければ、「とりあえず、ハイと答え、心の中でアカンベーと舌を出しておけ」というのか。国のシステムを歪めたと非難しているが、この座右の銘に沿って、教育を歪めていないのか検証してほしい。

 

役所のシステムは破綻しているし、そんな尻馬に乗って、国会の時間を浪費している議員に給料を払うなど税金の無駄だ。テレビを見ていても、自分たちの思想に則って、一方的な考えを中心に番組を制作しているのが見え見えだ。医療保険制度が破たん寸前まで来ているし、がん対策、高齢化対策、受動喫煙問題など、国として大きな課題が山積しているなかで、この小学生のような国会の議論は悲劇だ。受動喫煙などの問題も、選挙の際の投票指標として、自分たちの主張をテレビの前でぶつけ合って欲しいものだ。

 

話は突然変わるが、「Business of Oncology」という雑誌に、「Financial Impact of Cancer Drug Wastage and Potential Cost Savings From Mitigation Strategies」という論文が発表されていた。これは、抗がん剤は1バイアルごとに一定の量の薬剤が入っているが、一人の患者さんに、そのバイアル全部を使い切るわけではない。この際、残った分は廃棄される。この廃棄される分は、全くの無駄となる。それが薬剤費全体の15%強になると試算されていた。これを効率よく利用する方式に変えれば、大幅な薬剤費の節約となる。ゴミ袋に廃棄されていた、大量の処方薬を目にしたこともある。税金が原資となる医療保険制度が維持可能かどうかの瀬戸際だ。みんなが少しずつ努力するだけで、総量として大きな無駄の回避ができるはずだ。各政党には、医療保険制度の維持のための施策を議論して欲しいと願っている。

f:id:ynakamurachicago:20170617102412j:plain